産後 骨盤矯正

産後の骨盤矯正は、産後のケアの中でとても大切です。赤ちゃんを産んだ後は、骨盤は緩んだ状態になっています。そこで、産後の骨盤矯正が必要となります。

産後の骨盤は、ホルモンのバランスによって、出産後2ヶ月を過ぎると固まってしまうので、その時期までに骨盤矯正が行われなければなりません。たいていは、病院の産後のケアプログラムで、産後の骨盤矯正が行われますが、中にはあまり産後にまで重点を置いたケアプログラムを組んでいない病院もあります。

病院の中には、産後の骨盤矯正のために、チューブで骨盤を固定して、体をコロコロ転がす、「骨盤ゴロゴロ」や、「足首・足指回し」などを行っているところもあります。産後の骨盤は、赤ちゃんが生まれるときを境にして、最高に緩みますから、産後しばらくは緩んだままになり、骨盤がゆがんで固まる場合もあります。

もし、産後の骨盤矯正を行わず、ゆがんで固まった場合には、頭痛や腰痛の原因になったりします。そこで、赤ちゃんを出産してから約2ヶ月のうちに、産後の骨盤矯正が必要となるのです。退院時に、骨盤ストレッチ体操のビデオを渡す病院もあります。今では、産後すぐに骨盤ベルトを締めて、骨盤矯正を行う病院がほとんどです。骨盤の位置が正しく固定されているか、退院後も骨盤矯正のために来院を勧める病院もあります。これらは、その産婦人科が、産後のケアに重きを置いているかどうかにかかっています。産婦人科を選ぶ場合には、産後ケアにも重点を置いたところを選びたいものです。

産後