ストレッチ 方法

ストレッチの方法について。ストレッチの方法としては、無理をせず、ゆっくりと徐々に伸ばしていくことが大切です。ストレッチの際、呼吸を止めず、深呼吸をしながら行うと良いでしょう。簡単なストレッチならば器具を使わず行えますが、それでは伸ばせない部位などはストレッチポールやストレッチボードなどの器具を使っても良いでしょう。初めは体が堅くて思うように伸ばせないかもしれませんが、毎日少しずつ行うことで伸ばせる可動域を広げていくことができます。毎日見るテレビの時間にストレッチを行うなど、日々の生活に取り込んでいければ欠かさず行うことが出来ます。日々の疲労回復やストレス解消、関節痛、肩こりなどストレッチは大変効果があると言われています。正しいストレッチ方法を身につけて健康な体を維持しましょう。

ストレッチは体を健康に保つためには重要です。ストレッチと言えばスポーツ選手が運動の前後にするものと思っている人がいるかもしれませんが、何も運動をする際だけではなく、リハビリや健康な体を維持するためにも重要な要素です。また、精神的にも安定させる作用がありますので、心身ともに健康を維持する為にストレッチを是非とも行いましょう。ストレッチは様々な目的で行われますが、どのストレッチ方法も共通する点として、体の各部位をゆっくりと伸ばすということです。人間の体は加齢とともに堅くなっていきますし、寒いときも神経や筋が硬くなってしまい、体の可動域が狭まり怪我の原因となります。従って、ストレッチを行う際は体が温まっているときに行うのが良いでしょう。

ストレッチ