不妊

不妊について。不妊症とは、避妊せず定期的に性生活を営んでいるのに、2年経っても妊娠しないことをいいます。健康な男女が子供がほしいと望んで性生活を営んでいれば、一年以内に八割が妊娠に到るようです。二年以内では九割の夫婦に子供が授かるので、それ以上経っても妊娠しない場合はやはり不妊症を疑ってみた方がよいでしょう。

近年では、できちゃった結婚も増えていますが、不妊症に悩む夫婦も10組に1組の割合でいますから、決して珍しいことではありません(この割合は、さらに増加傾向にあります)。不妊症の原因が男女のどちらにもなかったとしても、排卵日に性交をして妊娠する確率は20%といわれています。意識して排卵日に性交するように心がけるのも一つの方法です。

不妊症ではないかという不安がある場合、一度、病院で不妊症の検査をしてみましょう。以前は不妊というと、女性に原因があるように思われることが多かったのですが、現在では、不妊の原因が男性にある割合と女性にある割合は半々だとわかってきました。15%くらいの割合で、男女共に不妊の原因があるというケースもあり、場合によっては、適合性が悪いために妊娠できないこともあるのです。

いずれにしても、不妊は夫婦の問題ですから、夫婦一緒に検査を受け、今後どうしたいのかを話し合った方がいいでしょう。もし、女性側に婦人病の疑いがあったり、三十五歳を過ぎていたら、不妊症を疑っていなくても、なるべく早く病院に行きましょう。

不妊治療