男性不妊

男性不妊について。男性不妊の検査は、女性に比べて簡単だといわれています。男性不妊の代表的な要因としては、精液の中に精子がいない無精子症や精子がいても数が少なかったり、精子の運動率が低い、精子の奇形率が高いなどです。

男性不妊を大きく分けると、正常な精子が作れない、精子を運ぶ経路に何らかの障害がある、性交や射精ができないとなり、それぞれ原因に合わせた治療が必要になります。薬物療法や手術、カウンセリングなどで症状が改善されて妊娠に至るケースもありますが、「不妊の原因が自分にあることを認めたくない」、「仕事が忙しい」などの理由から不妊検査や不妊治療に積極的になれない男性も多いでしょう。

特に、近年では、環境ホルモンなどの影響で精子の数が減少しているという研究結果も報告されており、男性不妊はますます増加傾向にあります。さらに、仕事のストレスや精神的な要因でパートナーとの性交渉が困難になる男性も増えていますから、「不妊の原因は女性にある」というイメージは、今や逆転しているのです。

女性が原因の不妊の場合は、つらくても女性自身が通院すればまだ改善の余地はありますが、男性が原因の不妊、もしくは、お互いに原因がある不妊の場合は、不妊検査や不妊治療に積極的でない男性を説得することから始めなければならず、ともすれば、夫婦仲をこじらせてしまいかねません。不妊検査には協力的でも、自分に原因があることがはっきりすると、急に不妊治療には消極的になってしまったり、男性としてのプライドから医師の問診にウソをついたりする可能性もあるので、注意しましょう。

不妊治療