不妊 原因

不妊の原因について。不妊原因は、男性にある場合、女性にある場合、相性が悪いなど男女共にある場合、原因不明の場合とあります。不妊が原因で夫婦関係が悪化し、離婚してしまったり、不妊治療のストレスから夫婦仲や人間関係がこじれてしまったり、不妊治療にかかる費用が負担になってしまうこともあります。

男性にとっても自分が原因で不妊だとわかるのはつらいことですが、女性にとっては癌の告知並みにショックなことだといわれています。不妊が原因でうつ病を患ってしまう人も少なくありません。双方の両親や親戚、周囲の人の何気ない「子供はまだ?」という一言が、不妊の女性の心を深く傷つけてしまうのです。不妊が増えている昨今では、結婚前に、「ブライダルチェック」と呼ばれる生殖能力検査を受けることもあります。

そう考えると、できちゃった結婚というのも、案外、合理的なのかもしれません。赤ちゃんができたら結婚するというくらいの気軽な気持ちでいた方が、結婚してしばらく経ったからそろそろ子供を作ろうと身構えた時よりも妊娠しやすいでしょうし、昔ほど白い目でみられることもないようです。ただあまり若いうちにできちゃった結婚してしまうと、後悔したり、離婚したりという確率が高くなってしまいますから、計画性が大切だと思います。不妊治療はつらいというイメージがありますが、あくまでも本人達の意思を尊重して行われるので、お互いに不妊を疑っているようなら一度不妊検査を受けてみるといいでしょう。

不妊治療