女性 不妊

女性不妊について。女性不妊は、大きく分けると、排卵に障害がある、卵管に障害がある、子宮に障害がある、子宮頸管に障害があるといった原因があります。最も多い原因は、排卵に何らかの障害があるケースで、女性不妊の要因の三割から四割を占めているのです。

排卵障害は、ストレスや極端なダイエットなどが原因でも起こりえますし、月経がきているのに無排卵だということもあります。次に多いのが、卵管に障害があるケースです。自分でも気づかないうちに、クラミジアなどの性病にかかっていて、それが要因となったり、虫垂炎といった手術が要因になることもあります。

自律神経の異常によっても卵管に障害が発生する可能性があり、女性なら誰にでも起こりうる要因だといえるでしょう。子宮に障害があるケースは、具体的にいうと、子宮の形や位置、機能などに問題があり、受精卵を着床させられないのです。

子宮筋腫や子宮内膜症なども、子宮に障害があるケースになります。子宮頸管に障害があるというのは、子宮の入り口が小さすぎて精子を中に通すことができなかったり、子宮頸管から分泌される粘液に抗精子抗体があって、精子の運動を止めてしまうケースなどです。

女性不妊の要因は、不妊の検査を受けるまで気づかないことも多く、検査自体にも時間がかかってしまいます。また、人によっては検査で痛みを感じる人もいますから、なかなか検査を受けようという決心ができないかもしれません。生理不順などの自覚症状がないなら、二、三ヶ月くらい基礎体温をつけながら、不妊にいいといわれる民間療法を試すのも一つの方法だと思います。

不妊治療