更年期 食事

更年期の食事について。更年期の食事は、栄養バランスを考え、規則正しくしっかりと三食摂ることが大切です。

更年期には、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少に伴い、動脈硬化症や骨粗鬆症、脳溢血などの病気が起こりやすくなります。それらの深刻な病気を予防するためにも、更年期の食事は重要なのです。

食品の中には、女性ホルモンに似た働きをしてくれるものがあります。大豆イソフラボンを含む大豆製品(豆腐、豆乳、おから、納豆など)、柘榴のジュース、ごま、かぼちゃ、アボガド、アーモンドなどなど、更年期に効果的な食品はたくさんあるので、工夫すれば飽きずに食生活に取り入れられるでしょう。ただし、大豆イソフラボンは過剰摂取するとよくないといわれているため、ほどほどにしておいてください。

更年期の食事として、ビタミンEを多く含むニラやほうれん草、うなぎや紅花油などもおすすめです。カルシウムを摂るために、乳製品や小魚も積極的に摂りましょう。カルシウムと一緒にたんぱく質を摂るようにすると、吸収率が上がります。卵や魚、肉、乳製品、豆腐などを上手に組み合わせたメニュー、レシピを考えると効率的に栄養素を摂ることができるはずです。牡蠣やレバー、牛肉、ナッツなどに含まれている亜鉛には、ホルモンバランスを整える作用があるといわれています。

更年期の食事は、塩分、脂肪分、糖質を控えめにして、カロリーの摂りすぎに注意する必要があります。和食が中心の食物繊維豊富な献立にすれば、生活習慣病の予防にもなります。

更年期