不妊検査

不妊検査について。不妊検査をする前に基礎体温をつけておくと、不妊検査に役立ちます。初診では、生理の状態(生理周期や月経量、生理痛の程度など)、中絶や流産の経験はあるかといったことを問診されます。正直に答えることが正確な不妊検査に繋がるので、隠さずに答えてください。

尿検査でホルモンの状態、排卵の有無、妊娠の可能性などを確認します。不妊検査にもいろいろな種類がありますが、膣内に指を入れて子宮や卵巣の形状を調べる触診やクスコ膣鏡で膣内を観察し、おりものなどがないか調べる膣鏡診、性病感染を調べるクラミジア抗原抗体検査、膣内に超音波断層装置を挿入して子宮や卵巣、卵管などを観察する経膣超音波検査、血液中のホルモンの有無や量などを調べる血液検査、膣からカテーテルで子宮に造影剤を注入して子宮の形や卵管のつまりなどを確認するレントゲン写真を撮る子宮卵管造影などが、基本的な不妊検査だと思います(その病院によって行う検査も違います)。

男性も不妊検査をするのなら、問診、精液の量や濃度、精子の運動率や奇形率、白血球数などを調べる精液検査を行うはずです。基礎的な不妊検査で何か問題があれば、さらに精密な不妊検査を受けたり、不妊治療を受けることになるでしょう。不妊検査には、羞恥心や痛みを伴うものも少なくありません。ですが、妊娠しづらい原因をはっきりさせなければ有効な治療もできないのです。また、女性に比べると何の痛みもない精液検査ですが、男性の中には様々な理由から拒絶反応を示す人もいるでしょう。

不妊治療