産み分け

産み分け カレンダー

産み分けカレンダーについて。男女の産み分け法に用いられるカレンダーには、中国式とブラジル式があります。どちらも母親の数え年の年齢と、受胎月をもとにしたカレンダーから男女を産み分けます。この場合の数え年の出し方は、満年齢にその年の誕生日の前ならば2歳、誕生日を迎えた後は1歳を加えます。

産み分け法に用いるのが中国式であっても、ブラジル式であっても、カレンダーに表されている男女の別に大きな差はないのですが、照らし合わせていくと若干の違いもあるようです。中国式産み分けカレンダーの場合は99%、ブラジル式産み分けカレンダーですと85%の確立で、産み分け法は的中する、とも言われていますが、実際に男女別の出産の統計を取って見ると、そこまでの正確さはなく、やはり産み分け法自体を、絶対的なものだとは考えずに、占い感覚で試してみるくらいの気持ちでゆったりと構えているのがいいのでしょう。

産み分け法を用いなかった場合、男女別の誕生比率は、男105に対して、女は100で、確率はおよそ2分の1だと言う数字が出ています。 産み分けカレンダーは、その2分の1の確率に統計の数字が乗っているだけだ、と考えるのが自然である、とも言えるでしょう。産み分け法や、産み分けカレンダーが完璧なものだとしたら、同じ年齢の女性が同じ月に受胎した場合、全て同じ性の赤ちゃんが産まれてくるはずですが、現実には決してそんなことはありません。しかし産み分け法自体は、荒唐無稽なものとは言い切れない面もありますので、妄信的にのめりこまず余裕を持って産み分けに臨みましょう。


Permalink

中国式 産み分け

中国式産み分け法と言う産み分け法があります。中国式産み分け法は13世紀に中国の科学者が、中国王朝の宮中での男女別の、出生数の統計を取って製作したカレンダーをもとに産み分けるもので、特に科学的な根拠はありません。しかしよく知られているように、人口増加が国家としての深刻な問題となっている中国では、一人っ子政策が進められる他、子供を出産していいのは1人のみ、とされていることもあって、どうしても跡取りの男の子を希望する人も少なくありません。そのため中国式産み分け法のカレンダーは広く活用されています。

中国式産み分け法の方法は、まず、受胎の月と、母親の年齢をカレンダーから割り出します。母親の年齢は数え年で計算します。 産み分け法に使用するカレンダーは、インターネットなどで検索すると、簡単にダウンロードすることができます。そのカレンダーに母親の年齢と、希望する性別を照合して、該当する月に受胎をすれば良い訳です。科学的根拠はありませんし、この中国式の産み分け法は必ず当たるというものではありませんので、占い感覚で用いるのが無難だと思われます。

この方法を主に活用している国は、中国であることは言うまでもないのですが、中国では99%、アジア地域では90%、アメリカでも85%の的中率を誇っていると言われていますが、何故地域や国によってその数字が違っているのか、この産み分け法は中国国内や、アジア地区のみで特に高い的中率を誇るのか、詳しいことはよく分かっていません。中国4000年の歴史と神秘、とでも言うものなのかもしれません。

Permalink

男女産み分け

男女産み分けについて。男女の産み分け法にチャレンジする際には、まず身体的や家庭的な条件で、産み分けが可能なのかどうかよく考えてみなければなりません。具体的にはまず、生理がある程度規則正しい周期で来ているのかどうか、ということですが、生理が不順だと、男女の産み分け法の基本である排卵日の予測が難しくなってしまいます。しかし仮に生理が正しい周期で来ていても、実際には排卵をしていない、無排卵性の月経かもしれませんので、産み分け法には基礎体温表をつけることが基本です。次は夫の協力と理解です。夫の協力と理解があって初めて産み分け法に取り組めるのです。最後は産み分け法に挑戦した結果として、最終的に男女どちらが産まれてもいいと割り切っていることです。

男女の産み分け法にはこの3点が不可欠です。つまり排卵の周期と、精子の性質をよく把握した上で、産み分け法にチャレンジし、失敗しても大きな愛情で受け入れることが大切なのです。

赤ちゃんの性別は受精した瞬間には既に決まっています。赤ちゃんの性別は男性の精子によって決定されます。 男性の精子には、22個の常染色体と1個のX染色体を持つものと、22個の常染色体と1個のY染色体を持つものがあります。しかし女性の卵子は22個の常染色体と1個のX染色体を持つものだけです。受精した時に卵子に到達した精子が、もしもXの染色体を持っていた場合には、女の子が産まれ、Yの染色体を持っていれば、赤ちゃんは男の子になります。精子の性質としてX精子は酸性に強く、その寿命も2〜3日と長いのに対し、 Y精子はアルカリ性に強く寿命が24時間、と短い代わりに数は、X精子の約2倍もあり、運度量もかなり多くなっています。


Permalink

無痛分娩 リスク

無痛分娩のリスクについて。昔は出産はある意味で命がけでした。出産時や産後の肥立ちが悪くて実際に命を落とす母子も少なくありませんでした。医学の進歩で出産時のリスクは減りましたが、痛みを感じずに出産できる無痛分娩にもリスクはついてきます。

日本では自然分娩、もしくは帝王切開が一般的であるため、無痛分娩のリスクはあまりよく知られてはいません。無痛分娩のリスクについてみていくには、まず無痛分娩のシステムを知ることが必要です。

無痛で出産する為に麻酔を使用するのですが、その麻酔そのものがリスクになっています。具体的に言うと、麻酔を注入する際に誤って硬膜内に麻酔液やカテーテルが入ってしまう危険性があります。その場合、ショック症状を引き起こしたり、最悪のケースだと呼吸停止に陥ってしまいます。その他、麻酔を打ったことによって血圧が変動(低下)してしまったり、嘔吐したりすることもあります。

また無痛分娩のリスクとして、麻酔の種類や使用する量によっては、子宮の収縮力や腹圧まで弱まってしまうことがあります。腹圧が弱くなると、いきむ際に力が入らなくなってしまって、陣痛促進剤を使う割合も高くなってきます。その他にも、十分に消毒が施してありますので、あまり例は見られませんが、麻酔チューブを体内に挿入する際に、挿入部から感染してしまう可能性もありますし、挿入部に血腫ができてしまった場合には、その血腫が神経を刺激してしびれてしまうこともあります。この場合は血腫が消えるとしびれも治ります。

このように無痛分娩は決して楽な出産方法ではなく、リスクも伴うことを理解しておかなければなりません。無痛分娩を希望する妊婦さんは、主治医としっかりと相談する必要があります。

Permalink

無痛分娩

無痛分娩とは、出産する際の痛みを取り除く出産方法で、具体的には麻酔を使って痛みをなくし、出産をスムーズに進めます。無痛分娩は、日本ではあまり普及していませんが、欧米では、主流の出産方法となっています。日本ではなぜ欧米ほど無痛分娩が奨励されないのか、それは日本人独特の美学や精神論によるところが大きい、と言えるでしょう。

日本では無痛分娩を行っていない産婦人科も多数存在するように、自然分娩が一般的です。これは日本が昔から、「出産時の痛みを乗り越えてこそ一人前の女性である」だとか「出産の痛みを経験した女性が真に母として強くなる」という精神論が根強く残っているからです。しかし出産の際に母体に痛みによる過度のストレスがかかりすぎると、赤ちゃんにも大きなストレスがかかり、最悪の場合、生命の危機にかかわってしまうのです。と言うのは、出産時に母体に痛みによるストレスがかかりすぎると、パニックになり、過呼吸を誘発することもあります。過呼吸になってしまうと、赤ちゃんに十分な酸素が行き渡らなくなり、結果として低酸素血症や、場合によっては仮死状態で生まれてくることも考えられ、障害が残ってしまうこともあります。

無痛分娩では麻酔を使用するわけですが、日本でも欧米でも、現在最も多く使われている麻酔方法は硬膜外麻酔法と呼ばれています。これは背中からチューブを入れて硬膜外腔という箇所に麻酔を打ちやりかたで、意識がはっきりしているため、産んでいるという感覚はあります。勘違いされやすいのですが、無痛分娩は、全く痛みがない出産ではなく、麻酔で痛みは軽減されますが、出産の感覚はあります。つまり、出産時に「いきむ」こともできるのです。ただし麻酔医の協力が不可欠な為、無痛分娩は日中に計画出産として行われることが多くなっています。


Permalink