発達障害

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群について。アスペルガー症候群は、アスペルガー障害とも呼ばれ、自閉症の一種だと捉えられています。軽度の自閉症、知的障害がない自閉症などといわれることもありますが、自閉症よりも困難の程度が軽いというわけではありません。

アスペルガー症候群は、日本では最近になってようやく知られてきた病気なので、周囲の理解を得にくいこともあるようです。両親はもちろん、本人でさえ、自分がアスペルガー症候群だと気付いていないこともあります。100人から200人に1人の割合(男性の方が多い)で発症する発達障害で、生涯治ることはないのです。

アスペルガー症候群は、個人差が大きく、人によって現れる症状やその程度が違います。アスペルガー症候群は、外見からでは障害を持っていることがわかりません。コミュニケーション能力が不足していたり、人の気持ちがわからないというのが、一般的なイメージですが、普通に話ができたり、人並み以上に学校の成績がいい人もいるので、ケースバイケースです。

漢字が書けないなど学習障害があることもありますが、大抵の場合は、人より苦手なことがある分、人よりも何かが際立って得意だったりします。アスペルガー症候群の特有の症状にもかかわらず、その態度や反応が、だらしない、反抗的などと誤解されてしまうことも少なくないため、学校に適応しづらい子も多いでしょう。いじめの対象になってしまうこともあります。運動が苦手だったり、音や光に過敏な反応をしたり、味覚や嗅覚が鋭敏なことが多いようです。

Permalink

発達障害 診断

発達障害の診断について。発達障害の診断については、今のところ、基準がひどくあいまいです。診断する医師や診断した時期によって、違う診断名をつけることもよくあるようです。身近にいる親が、他の子供との違いや育てにくさを感じて診断を受けても、はっきりとした診断名がつかないこともあります。発達障害だということがはっきりして、具体的な診断名がわかれば、学校や周囲の人に伝えることもできますが、発達障害かどうかもわからない状況では、ただの問題児と思われてしまいがちです。

発達障害の専門医なら、より正確な診断ができることもありますが、混み合っていて診断が受けづらいこともあります。はっきりとした診断名がわからなくても、療育のための施設に通うことはできるはずなので、最寄の施設に相談してみてください。

発達障害の療育のための施設には、病院の付属施設、民間の施設、地域の通所施設、NPO法人が運営している療育施設などがあり、その療育施設によって、療育の内容にも違いがあるでしょう。自分の子供が発達障害だと診断された場合、大抵の親はショックを受け、絶望的な気持ちになります。中には、診断名がはっきりしたことで、自分の育て方のせいではないと安心したり、今後への対策が立てやすくなったと感じる人もいますが、だからといって、すぐに全てを受け入れられるわけではありません。つい他の子と比べて落ち込んでしまったり、自分の子の将来を悲観してしまうこともあるでしょう。一人で悩まずに、同じ発達障害の子供を持つ親が書いた本やブログを読んでみてください。発達障害の子供を持つ親の会などに入るのもいいと思います。

Permalink

ADHD 症状

ADHDの症状について。ADHDとは、Attention Deficit/Hyperactivity Disorderの略で、注意欠陥多動性障害と呼ばれる発達障害の一種です。

ADHDの症状には個人差があり、成長していくに従って治まっていくこともありますが、30%くらいは大人になってもADHDの症状が残ってしまうことがあります。大人になってから、ADHDだと診断されることもあるようです。根気よく心理社会的治療を行っていくことで、ADHDの症状をコントロールできるようになるといわれています。薬物療法でADHDの症状を抑えながら、社会生活への適応努力をするというのが現在の主な治療法です。

アメリカ精神医学会の定めた「精神障害の診断と統計の手引き」では、行動障害に分類されています。ADHDの子供は、年齢相応の落ち着きがなく、注意を集中していることができません。何かを思いついたら衝動的に行動してしまうので、おとなしくしていなければならない状況で、急に立ち上がってうろうろしたりしてしまいます。

ADHDの原因は、脳の中枢神経系の機能不全と考えられているものの、まだわかっていないことも多い病気です。遺伝的な要因も指摘されており、親のしつけや育て方は関係ありません。6歳〜15歳の子供の3〜7%がADHDといわれていますから、それほど珍しい病気ではないのです。

ADHDの子供は上手く社会に適応できれば、人並み以上の知性や芸術性、創造性などを発揮することもあります。しかし、周囲の理解と適切なサポートが得られなければ、引きこもりになったり、他の精神疾患を併発する可能性もあるのです。

Permalink

発達障害 症状、特徴

発達障害の症状や特徴について。発達障害の症状・特徴については、人によって個人差が大きいですが、代表的なものとして、

・言葉が遅い
・首がいつまでもすわらない
・極端な偏食や服装などへの執着に近いこだわり
・集中力が続かない
・何かに集中すると声をかけても気がつかないほど没頭する
・一人遊びが好きで、他の人とのコミュニケーションがとれない
・常に体を動かしていて、じっとしていられない
・ごっこ遊びができない
・順番が守れない
・他の人の邪魔をしてしまう
・すぐにキレて、暴力をふるう
・読み書き、計算、推論などができない
・オウム返しが多い
・会話が成立しない
・人が話し終わるのを待ちきれず、さえぎって話し始める
・不器用で運動が苦手
・人の表情が読み取れず、思ったことをそのまま口に出してしまう

などがあります。医師の診断を受けて具体的な診断名をつけられたけど、自分には(もしくは、自分の子供には)その診断名に特徴的な症状はあまりないように思うという場合は、他の医師の診断を受けてみるのも一つの方法です。

個人差がとても大きい発達障害は、診断名を特定することが難しく、そもそも、発達障害なのかの判断も専門医でないと難しいでしょう。診察を受けた時期に一番特徴的だった症状に当てはめて、診断名がつけられることもあるようです。発達障害による症状が出ていても、その程度が軽い場合、周囲には、「ちょっと変わった子」、「付き合いにくい子」と思われて、本人の生きにくさや孤立感、苦悩などは理解されないまま、大人になってしまうこともあるでしょう。周囲の無理解によって傷つけられて、うつなどの二次症状が起こり、その二次症状で診断されてしまうこともあるようです。

Permalink

発達障害

発達障害について。発達障害とは、平成17年4月1日に施行された発達障害者支援法の定義によると、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」です。発達障害は、先天的要因がほとんどで、後天的な場合も疾患や外傷の後遺症が要因のため、両親の育て方や愛情不足が要因になることはありえません。
米国精神医学会の「精神障害の診断と統計の手引き」によると、発達障害とは、

・精神発達遅滞(知的障害、知能障害ともいう)
・学習障害(LD)→読字障害、算数障害、書字表出障害、特定不能の学習障害
・運動能カ障害→発達性協応運動障害
・コミュニケーション障害→表出性言語障害、受容一表出混合性言語障害、音韻障害、吃音症、特定不能のコミュニケーション障害
・広汎性発達障害→自閉性障害、レット障害、小児期崩壊性障害、アスペルガー症候群
・注意欠陥多動性障害→混合型(不注意型と多動衝動型の混合)、不注意優勢型、多動性一衝動性優勢型、特定不能の注意欠陥多動性障害

となります。

発達障害を持つ子供は、成長するにつれて、他の精神疾患や身体的合併症を併発することもあります。発達障害を「障害」ではなく、「子供の個性」と捉えて、発達障害を持った子供の社会的自立を支援している団体も存在しますが、社会に上手く適応できない子供も少なくありません。

Permalink