インナーマッスル

チューブトレーニング 方法/メニュー

チューブトレーニングについて紹介しましょう。筋トレの方法はいろいろですが、チューブトレーニングは比較的ポピュラーなものです。
器具を使う方法ですが、場所を取ることもありませんし、いろいろなボーズで利用できます。

チューブは昔からトレーニングの道具でした。
現代のように筋トレの理論が考えられるまでは、多くのスポーツマンが活用していたと言われています。
現代でもプロ野球選手などがチューブを使っているようです。
チューブはスポーツ用品店で販売されています。
価格は安くて2,000円程度です。
チューブを利用したトレーニングはたくさんありますし、自分でメニューを考え出してもいいのです。

トレーニングメニューの例を上げてみましょう。
腕立て伏せにチューブを使う方法があります。
背中にチューブを回して、腕立て伏せをするだけです。
自分の体重とチューブの負荷がかかることになります。
腕立て伏せだけでは物足りなく感じている人向けです。

それから、アームカールもよくやります。
チューブの片方を足で押さえておいて、腕の曲げ伸ばしをするのです。
ダンベルがあれば同じことができますが、チューブでも十分筋トレになると言うことです。
また、かかる負荷はチューブの長さや強度によって調節することができます。
チューブトレーニングの方法もインターネットのブログや書籍で紹介されています。

Permalink

インナーマッスル 野球

インナーマッスルと野球について。野球選手などのプロのスポーツ選手は、みなさん、ほとんどがインナーマッスルを鍛えていることと思います。
見た感じは、それほど筋肉が多そうではないのに、すごく力があったり、足が速かったりしますよね。
インナーマッスルがある方は、体の動かし方がしなやかで、上手だと言えます。
その筋肉は外から見えるものではありませんから、見ただけでは、インナーマッスルを鍛えている人なのか、どうなのかわかりませんよね。
ですが、その人が動いたり走ったりすると、そのしなかやさから、分かるわけです。

例えば、メジャーリーグで活躍している野球選手、イチローもそうですよね。
背は高いようですが、それほどがっしりしているようには見えません。
ですが、あのしなやかな動き、そして、あのスイング、これらは、インナーマッスルがなければ出来ないことでしょうね。
ダンスのバレエなどでも、インナーマッスルがなければ、美しく舞うことも出来ないでしょう。

また、プロ野球選手やダンサーなどの場合、せっかく強化したインナーマッスルも、それを役立てなければ何もなりません。
まあ、一般人にとっては、成人病の予防にもなりますし、ダイエットにもなり、プロポーションが良くなりますから、インナーマッスルを鍛えることは、良い事なのです。
インナーマッスルを鍛え、それを上手く使ってこそ、プロなのでしょうね。
プロの方々がしなやかに動けるようになるまでの、その努力は並大抵のことではないですよね。
何事も努力ですから、何もしないでインナーマッスルが手に入るわけではありません。


Permalink

チューブトレーニング インナーマッスル

チューブトレーニングによるインナーマッスル強化について。なぜ、インナーマッスルを鍛えようとしたら、チューブを使ったトレーニングをするほうが良いのか。実は、何も使用しないで、エクササイズをする場合と、チューブを使ってエクササイズする場合と、鍛えられ方が違ってくるのです。
チューブを使ったほうが、より細かく内側まで筋肉を使うことが出来ると言われています。

エクササイズ用のチューブは、特に凝った作りではなく、単純にチューブです。
ですから、単純な作りのほうが、返って様々なパターンのエクササイズに使うことが出来るのです。
このエクササイズ用に使うチューブは、様々な種類があり、メーカーによっても違います。
初心者用はゆるかったり、上級はきつかったりと、種類もありますから、自分に合ったものを選びましょう。
ネットショップやスポーツ店、またはホームセンターで買うことが出来ます。

チューブを使うエクササイズは、方法を覚えてしまえば、簡単に続けられますが、正しい方法をきちんと覚えることも大事です。
今、どの筋肉を鍛えているのか、意識して動かすことが重要です。
ビリーズブートキャンプの中でもビリー隊長は「筋肉を意識しろ!」といつも言っています。
いま、どこの筋肉を使って体を動かしているか、イメージも大切なのです。

正しい姿勢と、鍛えている筋肉の意識、これに注意してやってみて下さい。
チューブトレーニングでは、より効率良くインナーマッスルの強化が出来ますから、お勧めですよ。
DVDや本を見ながら自宅でやってみてはいかがでしょう。


Permalink

インナーマッスル 鍛え方

インナーマッスルの鍛え方について。インナーマッスルは、私たちのようは普通の人でも、鍛えたほうが良いのでしょうか。それは、もちろん鍛えたほうが良いでしょう。

インナーマッスルは、プロスポーツ選手など、専門にやっている方だけが持っているものではありません。
実は、私たち一般人にも元々、持っている筋肉なのです。
ですが、普段、鍛えられていないため、発達していません。
もちろん、すでにインナーマッスルに注目してエクササイズを始めている方は、鍛えられているでしょう。
ですが、普段、何もしていない人は、日常生活で鍛えられることはないので、鍛え方がわからず、発達していないことになります。

インナーマッスルは、誰にでもあり、普段の暮らしでは、自分の体を支えている筋肉です。
日常では、インナーマッスルが活躍するのは、これらの働きだけなのです。
ですが、ダイエット方法としてインナーマッスルが注目されえいることも事実です。

インナーマッスルは人に見せられませんが、外側の筋肉は、人に見せる機会がありますよね。
ですから、男性は腕立てをやったり、ダンベルを持ち上げたりして、鍛えている人も多いでしょう。
夏場など、腕を出した時、マッチョでカッコイイですものね。
筋肉が付いてきたことも日に日にわかりますし、結果が見えるものはがんばりたくなります。
その気持ちもわかりますし、確かに、外側の筋肉を鍛えることも大切です。
ですが、健康をキープすること、スリムな体になることを考えたら、外側よりインナーマッスルを鍛えたほうが良いのです。

関節回りの筋肉のことを、数年前からインナーマッスルと呼び、それを鍛えるエクササイズ、鍛え方もいろいろとあるようです。
もちろん、その名前の通り内側にある筋肉のことです。
インナーマッスルを鍛えると、スリムになると言うダイエット効果が、女性の間では話題となっています。

体が引き締まることは当たり前ですが、更に脂肪を燃焼できる体質になり、しかも健康的に痩せられると、評判です。
そのほかにも、腰痛を予防したり、関節痛を予防したり、健康を維持出来たりと、良い効果ばかりなのです。
プロスポーツ選手から一般人まで、インナーマッスルの強化に励んでいる方が多いようです。

ですが、今まで何も運動していない初心者が、いきなりインナーマッスルを鍛えても大丈夫なのでしょうか?
実は初心者向けのトレーニングとして、チューブを使ったトレーニングがあります。
これは、インナーマッスルの一般的なトレーニング方法として、チューブトレーニングは有名です。
初心者はそのレベルに合わせて鍛えることが出来ます。
また、初心者だけでなく、プロのスポーツ選手も、筋トレと平行してチューブトレーニングをしているそうです。

私が筋トレの一環として未だやっている、「ビリーズブートキャンプ」にもチューブが登場します。
もちろん、ビリー隊長はインナーマッスルを鍛えるエクササイズも教えてくれましたよ。
このように、あちこちでチューブを使ったトレーニングは紹介されているようですね。

Permalink

インナーマッスル

インナーマッスルについて。インナーマッスルと言う言葉は、昔はあまり聞かれない言葉でした。
最近、まだまだ続いている健康ブームの中で知られるようになった言葉だと思います。
ただ、スポーツをやっている人にとっては、おなじみの言葉かもしれません。
インナーマッスルと反対に、アウターマッスルと言う言葉もあり、これは外側の筋肉と言う意味になります。
見ることが出来ない内側の筋肉を鍛えることが、とても大切だと言われています。
昔は腕や背中や腹筋など、見える筋肉を自慢していましたが、健康のため、美容のために鍛えたいのは内側なのです。
インナーマッスルが、内側の筋肉と言うことはわかりましたが、では、具体的に体のどの部分の筋肉のことなのでしょうか。

体の中の筋肉で「深層筋」と呼ばれる部分があり、インナーマッスルはこの部分のことで知られているようです。
そもそも、筋肉は深層筋だけでなく、基本的に浅層筋、中層筋、深層筋、これら三つの層で出来ています。
では、浅層筋とは、どの部分を言うのでしょうか?
これは、体の表面にあり、見える筋肉のことです。

この筋肉には瞬発力があり、力もあります。
反面、細かい作業などを正確にすることが出来ません。
大まかな力仕事をするような筋肉で、持久力はありません。
皮膚に最も近い筋肉なので、浅層筋を鍛えることで、その部分の皮膚が硬くなることで知られています。

では、中層筋はどの部分の筋肉なのでしょうか?
浅層筋と深層筋の中間にある筋肉のことを中層筋と呼びます。
別名、安定筋と呼ばれ、生命維持や日常生活を最低限、営むように動く筋肉です。
例えば、心臓の鼓動を行ったり、血液を循環させたり、呼吸をさせたりと、体内で最も重要な筋肉でしょう。

では、インナーマッスルと呼ばれる深層筋は、どのような役割をしているでしょうか?
これは関節の近くに存在する筋肉です。
関節と関節を結んでいる靭帯がありますが、これをさらに保護する役割を持っています。
姿勢を維持する時に主に使われる筋肉ですから、ヨガなどで普段しないポーズを支えている筋肉と言えるでしょう。
ヨガがインナーマッスルを強くするために有効だと言うことが納得できますよね。
深層筋は持久力がありますが、瞬発力はありません。



Permalink