子育て

赤ちゃん お風呂

赤ちゃんのお風呂の入れ方について。子育て初心者のママにとって、赤ちゃんをお風呂に入れてあげることは大変なお仕事ですよね。2人目、3人目のママにとっても、お風呂ってやっぱり大変です。

赤ちゃんのお風呂は通常ベビーバスで行いますね。
ママは産後1ヶ月間シャワーのみである場合が多いですし、赤ちゃんの衛生面からもベビーバスが良いとされています。
私の知り合いには、洗面台をベビーバス代わりに使っている人がいました。
ある程度の大きさで、清潔にしてある洗面台ならば、それもOKですね。

1ヶ月をすぎた後はお風呂でもベビーバスでも、自分のやりやすい方で良いです。
お風呂にする場合は、衛生面から考えて、できるだけ一番風呂に入れてあげてくださいね。お風呂の方が、赤ちゃんを体で支えられるのでやりやすいって人が多いです。

が、お風呂の場合、湯上りが大変ですね。もう1人、協力者がいてくれれば良いですが、自分も裸で赤ちゃんのお世話をするのは大変です。

協力者がいない場合、バスローブを使うと良いです。
私の行っていた方法ですが、洗面所にクーハンを置いて中にタオルをしいておきます。洗面所が広ければ、ベビーラックなどでも良いですね。逆にせまければ、バスタオル1枚しいておくだけでも良いです。
赤ちゃんの着替えは、肌着、洋服とすぐに着せられるように重ねておき、新しいおむつも忘れずに用意しておきます。
お風呂が終わったら、赤ちゃんにとりあえずバスタオルをくるませ、自分はバスローブをさっとはおります。
バスローブをはおれば、自分の体で赤ちゃんが濡れてしまうこともないし、冬場など、自分が冷えてしまうこともありません。

バスローブには子供用もあります。
2人目、3人目の赤ちゃんの時は、上の子供が湯上りに濡れているのも気になりますよね。そんな時、上の子にもバスローブを着せてやれば、ゆっくり赤ちゃんのお世話をすることができます。私の子供は、バスローブをとても気に入っていました。大人になったような気分になるのかな。

パパが忙しくて、なかなか赤ちゃんお風呂までやってもらえないって方、多いですよね。
毎日の事なので大変ですが、湯冷めしないように頑張ってくださいね。

Permalink

赤ちゃん 睡眠

赤ちゃんの睡眠について。子育てに奮闘しているママにとって、赤ちゃんの寝顔を見ている時って至福の時ですよね。
でも赤ちゃんの寝顔をゆっくり見ていられる時ってほんの一瞬。
特に新生児の赤ちゃんの眠りは小刻みで、1回の睡眠時間は長くて2、3時間です。

眠りには浅い眠り「レム睡眠」と、深い眠り「ノンレム睡眠」があります。
赤ちゃんはレム睡眠が長いので、長時間眠ることができないのですね。

ある教授のお話によると、赤ちゃんは1歳くらいまで、「眠い」という状態がわからないのだそうです。
眠くなってきて、くらくらしたり、すーっと眠りに落ちていくような感覚を不快に思ってしまい、泣き出したり、ぐずぐずしてしまうそうです。

そう思うと、「もうっ、可愛いなあ」なんて、思えますよね。

とはいえ、眠りにつく前の毎回のぐずり、忙しいママにとっては大変です。

でも、赤ちゃんはママの気持ちにとっても敏感。
イライラしながら寝かしつけをしていても、逆効果です。

寝なくてもまあいいか、という気持ちでママがリラックスすると、赤ちゃんは安心して眠れるようになります。簡単そうでなかなか難しいことですが・・・。

人間の眠気を強くするホルモン、メラトニンは暗い場所で多く分泌され、明るい場所では分泌が抑えられる働きを持っています。

ですから夜の寝かしつけでは、寝室を暗くして、テレビなどを消し、眠りやすい環境を作ってあげましょう。

またメラトニンは昼間にたくさん太陽の光を浴びることによって大量に分泌されます。
天気の良い日には外でお散歩したり、外気浴をしてあげたりすると良いですね。

Permalink

赤ちゃん 夜泣き

赤ちゃんの夜泣きについて。子育てに奮闘しているお母さんにとって、子供の夜泣きって本当に辛いですよね。

私の経験上、夜泣きには、お腹が減っていたり、おむつが汚れていたりと何か理由があって泣き出してしまう夜泣きと、何で泣いているのか分からなくて、こっちが泣きたいよ〜と、叫びたくなるような夜泣きと、2種類あるように思います。

前者の夜泣きは、まだ産まれて間もない赤ちゃんに多いです。
産後の、まだこちらの体調が本来の調子に戻っていない時期の夜泣きは本当に辛いものです。夜中に授乳したり、オムツを替えたりするのは大変ですが、この時期だけと思って、頑張って乗り切りましょう。

おっぱいだけで頑張っているママは、夜中に授乳をしている時期が長いようです。
子供が2歳近くになるまで、夜中の授乳が続いているママもいます。
断乳しなければ夜中の授乳が続く場合もあるようですが、この時の赤ちゃんの夜泣きはおっぱいをあげればすぐに泣き止むようです。(お母さんも慣れてきて、寝ながら授乳できるようになるとか・・・)

やっかいなのは、理由の分からない夜泣きですよね。
私は子供が3人いますが、私の場合は平均して赤ちゃんの10ヶ月頃が一番この夜泣きがひどく、1歳を過ぎると落ち着いてきたように思います。でも、やはり個人差があるようで、こちらも2歳近くまで夜泣きがひどかった、というケースもあり、色々ですね。

この理由の分からない夜泣き、医学的にもやっぱり解明されてないようです。
対処法も、これが効くっていうものも残念ながらないみたいですね。
抱っこしたり、何か飲ませてみたり、車に乗せてみたりと、皆色んなことをして対処しているようですが・・・。
私も色々やってみました。漢方薬を飲ませてみたり、虫封じに神社に行ったり。
だけどやっぱり、今だけ!と思って、気楽に考えてみるしかないようです。
子供が大きくなってから、良い思い出として笑い話になるはずです。

とは言え、やっぱり辛い赤ちゃんの夜泣き。夜暗い中で眠い目をこすりながら赤ちゃんを抱っこしていると、本当にこちらまで泣きたくなってしまいます。
そんな時、思い出してください。夜泣きで頑張っているのはあなただけではないよってこと!
夜中に1人、孤独に思えるような時でも、きっとどこかで同じように頑張っているママがいます。

赤ちゃんの夜泣きはずっと続くものではありません。
一時だけの事と思って頑張って乗り切りましょう。

Permalink

赤ちゃん 湿疹

赤ちゃんの湿疹について。生後2週間から半年くらいまでの赤ちゃんに起こる湿疹の多くが「乳児脂漏性湿疹」です。乳児湿疹と呼んでいる方が多いです。

多くの赤ちゃんが経験する湿疹ですが、体質や皮膚の丈夫さなどにより、症状が出やすい子とそうでない子がいます。
皮脂の分泌が多い頭や顔を中心に、赤いポツポツができて、カサカサしたり、かさぶたのような物ができたりします。
初めての赤ちゃんの時は、びっくりするかもしれませんが、大丈夫です。
ひどくても、1年くらいで治ってしまう病気です。

お手入れ方法は、清潔にしてあげることが一番です。
お風呂では石鹸で丁寧に洗ってやり、しっかりすすいだ後、病院で処方された塗り薬を塗ります。かさぶたのような物は取ってしまいたくなりますが、取ってやれば早く治る、というわけではありません。自然に取れるまで待ちましょう。
どうしても気になってしまう、というのであれば、ベビーオイルを付けた後、蒸しタオルなどをして湿疹を柔らかくしてから、シャワーなどで洗い流してやります。

ひどくなってくると、ジュクジュクして膿んでくる場合があります。
この場合はすぐに病院を受診してください。
抗生剤入りの薬を使って治します。
抗生剤と聞いて抵抗を感じるかもしれませんが、大量に使ったり、長期間使ったりする事を避ければ問題のない薬です。

赤ちゃんの湿疹は見た目にも目立つので、周囲から色々言われたりする事もあり、子育て中のママとしてはやっぱり気になってしまいますよね。でもそれも一時のこと。
きちんとしたケアをして赤ちゃんを優しく見守ってやりましょう。

Permalink

子供 風呂

子供とお風呂について。お風呂が好きという子供は多いことでしょう。
お風呂の中は、聞こえる音も普段と違いますし、水面をバシャバシャと叩いたり思いっきり水遊びが出来るので子供も大喜びです。
しかし、親からすればお風呂は危険も一杯だし、子育ても一苦労だと思います。
頭を洗ってあげるとき、ほとんどの子供は嫌がってなかなか洗うことが出来ませんよね。
子供によって、安心できる体制などもありますので、色々試してみることをお勧めします。
頭を洗ってシャワーで流すときに、いきなりシャワーを頭からかけて流すことは良くありません。
子供がビックリして怖がってしまい、お風呂を嫌いになってしまいます。
シャンプーハットなどを被せてあげて流すなど工夫しながらやってみましょう。
シャンプーハットをしていても、流すときは一言「流すよ〜」などと言ってから流してあげてください。
また、歌を歌ってあげたりオモチャを持たせて気を紛らわせてシャワーで流すなどしてみましょう。

お風呂あがりの着替えは、1歳くらいになってくるとジットしてないので大変ですよね。
夏場は暑いので、あまり焦らず着替えさせることが出来ますが、冬場は寒いので素早く着替えさせたいものです。
お風呂に入れる前にオムツやパジャマ、肌着など全てタオルと一緒に置いておくのが良いでしょう。
タオルで拭いたり着替えさせるときに、いないいないばぁをやってあげると喜ぶ子供も多いようです。
子育て中は、子供の気持ちを楽しくさせてあげなければなりません。

お風呂から出て着替え終わったら、まず水分をあげましょう。
水分をある程度飲ませないと脱水症状起こす子供もいますので、湯冷ましや麦茶・ミルクなどあげましょう。
そしてお風呂に入ったら毎回、赤ちゃん用の綿棒で鼻の入り口と耳の中を掃除してあげてください。
あまり奥まで綿棒でやってしまうと、傷つけてしまい、耳は中耳炎になったりしてしまいます。

子供の体を洗う時の石鹸は、ベビー用の石鹸にしましょう。
大人用の石鹸やシャンプーなどを使うのは、子供の肌には刺激が強すぎます。
せめて、2〜3歳くらいまではベビー石鹸やベビー全身ソープを使うようにしましょう。

Permalink