眼精疲労

眼精疲労 めまい

眼精疲労とめまいについて。めまいも眼精疲労で引き起こされる症状の1つだって知っていたでしょうか。眼精疲労の原因にはパソコンの画面の見すぎによるものもありますが、以前は画面と言うとTV画面を見る程度でしかなかったのですが、近年は仕事にもパソコンが普及し、ゲームもかなり高性能になったため、画面を見る機会が昔と比べて格段に増えました。これによる目への影響はかなり大きく、緊張状態になってしまうのです。

しかも見る姿勢も違いますよね。TVはリラックスした状態で何となく見ていることが多いですが、仕事やパソコン、ゲームとなると話は別です。色んな事を考えながら一生懸命画面に向かっている事が多いので、瞬きの回数も減ってしまう位緊張している状態を作り出しているのです。こうした緊張状態が長期間にわたってしまうと、目の周り、目そのもの、肩や首にある筋肉が緊張してしまいます。筋肉が緊張すると血行が悪くなる、そうなると筋肉は酸欠状態に陥る、こうした事が重なって「めまい」が起きているようなのです。

眼精疲労から来るめまいを治す為には色々と行う必要が有ると思います。サプリメントも1つです。目の周りを緊張させない様にする、緊張しても解きほぐす様なサプリメントを摂取する事でめまいの症状も緩和させる事が出来るかもしれません。但し、めまいが眼精疲労が原因で有る事と言うのが条件です。めまいは楽観視してはいけません。脳腫瘍やメニエール病等、怖い病気がたくさん含まれている可能性もあるのです。ですから症状を感じておかしいと思ったら直ぐに病院に言って検査してもらう様にしましょう。

Permalink

眼精疲労 頭痛

眼精疲労と頭痛について。頭痛が起こる原因として眼精疲労が挙げられます。長時間同じ姿勢でいることによって首から肩に対しての筋肉が緊張状態になり、血行不良を引き起こし結果的に頭痛を引き起こすことになります。ですからなんだか頭が痛いなと思ったら、作業を一度止めて目を休めるようにして、目を温かいタオル等で温めてあげて下さい。目の周りの筋肉の緊張が解れ、頭痛も治まってきます。

また眼精疲労と頭痛にはサプリメントを利用するのも良いでしょう。頭痛に効果があるサプリ、眼精疲労に効果があるサプリがありますので、是非試してみてください。

更に目の周りのマッサージも眼精疲労の緩和にとても役立ちますね。目の周りだけじゃなくて頭の周り、顔周りも一緒に行う事でより効果的に解す事が出来ます。マッサージをする時には指の腹を使い、ギュッギュッと押すのではなく、ギューギューと言う様に優しくゆっくり押す様に揉んでみてください。マッサージをしたら目の周り全体を温めたり、冷たくしたり交互に行うと結構もよくなります。但しマッサージは逆に頭痛を悪化させる事も有ります。緊張が解れる事で脈打つ様な感じで頭が痛くなる人もいるのです。自分がマッサージして大丈夫かどうか見極めて使う様にして下さい。

また眼精疲労で片頭痛を引き起こした場合はこうした事はあまり意味が有りません。逆に寝ないと治らないとか、身体を動かすと気持ち悪い位痛いとかなってしまいます。これは有る程度時間が経たないと治りませんので、症状が酷くなる前に薬を飲むと良いでしょう。こうした頭痛薬も市販された物より一度お医者様に見せて処方してもらうと良いでしょう。

Permalink

眼精疲労 治療

眼精疲労の治療について。眼科で眼精疲労を治療する際ですが、その病院によって治療方法が異なると言われています。ここでは一般的な治療方法をご紹介してみたいと思います。

まずは目に溜まっている汚れを落としてキレイにします。そして緊張している目の周りの筋肉を解すためにアイパック等をして温めていきます。こうする事で目の周りの筋肉の緊張が解れ、リラックスした状態にしてくれます。温めたら今度は筋肉を引き締めるために目の周りを冷やします。こうする事で血行を良くして目の周りの循環を良くしてくれます。最後に点眼薬が処方されますが、ビタミンが入った点眼薬が眼精疲労に効果があるようです。病院によっては内服薬じゃなくてサプリメントをオススメするところもあります。サプリメントと同様に漢方をオススメするところもあります。更にアロマを勧めるところもあるようです。

こうしたことを考えてみても眼精疲労を治すのには薬や治療と言うのではなくて、リラックスさせて緊張を解して行こうと言う考えの方が主流の様です。そう考えると眼精疲労の初期段階で有れば自宅にいても自分でマッサージをしたりアロマを使ったり、サプリメントを摂取したりする等、自分で対処をする事も可能だと言う事になりますね。ただし眼精疲労だけじゃなくて頭痛や肩凝りと言った別の症状も引き起こしているのであれば、きちんと専門医に診せて判断を仰ぐ必要があります。病院も上手に利用して、眼精疲労になりにくい身体作りが出来る様にして行くことが必要なのです。

Permalink

眼精疲労 ツボ

眼精疲労のツボについて。意外とツボ押しをして眼精疲労を緩和させるというのも効果的です。サプリメント等を摂取して身体の内側から緩和させて行くのもいいのですが、サプリメント以外でも色々やってみると相乗効果でより効果がアップすると思います。特に簡単に思い付いた時に出来るのがツボ押しなどで、思い立った時に実践してみてはいかがでしょうか。

オススメは顔面に有るツボです。「太陽」と呼ばれるツボがあります。眉のお尻部分、目尻の部分と正三角形を結ぶ様な感じで髪の生え際の方に三角形を作ってみます。そこの部分がちょっと凹んでいるので分かりやすいと思いますが、ここを押してみると眼精疲労に効果があります。

次は目の真ん中から2センチ位下に有るツボ「四白」です。骨が有るので分かりやすいと思います。更に目頭の「清明」も有ります。こうしたツボを指の腹の部分でゆっくり押してゆっくり離すを繰り返してみて刺激を与えて下さい。即効性はなくても徐々に効果が出てきますよ。

顔面以外では「風池」と言うこめかみの後ろの部分、首の後ろの髪の生え際の真ん中から両横に有る「天柱」と言うツボが効果的だそうです。こうした所を普段から押したり解したりしてあげることで眼精疲労が緩和されてくる様です。あくまでも優しく押すことが大切です。強く押したり揉んだりすると揉み返しが来てしまいますので注意してくださいね。ツボ押しは簡単に何処でも出来ますので是非実践してみてください。

Permalink

眼精疲労 症状

眼精疲労の症状について。色んな症状を眼精疲労は引き起こします。症状の中にはその原因が眼精疲労のせいだとは思われないものもあります。眼精疲労が原因だと自分では分からないために、長い間辛い症状で悩むこともあるそうです。

典型的な眼精疲労の症状と言えば「目の疲れ」「かすみ」「ぼやける」「ショボショボする」といったことだと思います。こうしたことは放っておきがちですが早めの治療をすることで改善も早くすることが出来ます。しかし眼精疲労の症状が出た時にサプリメントを飲んだり目薬を挿したりで終わらせている人が多いのです。こうした眼精疲労の症状を放っておくともちろん治りませんから症状は悪化することになります。また「充血」「目の腫れ」「目が思い」「涙が出る」といった症状もあります。

ここまでは目に出てきている症状ですので眼精疲労が原因なのではないかと分かりやすいと思うのですが、更に進むと「肩こり」「頭痛」「吐き気」「めまい」「倦怠感」といったような症状が出てきます。こうした症状になった場合は目と直接関連がないように見えますのでまさか眼精疲労が原因だとは思わずに、違った対策をしてしまうことが多いのです。こうした目以外の所に症状が出ると言う事は眼精疲労がかなりの重度化されていることになりますので、危険なのです。

また精神的なことも原因とされることがあるそうで、ストレス等もその1つになります。大抵はストレスが眼精疲労が引き起こしていることだとは認識されないために治療をすることはないと思うのですが、こうした症状は全て関連性があるものとして認識しておく必要があります。症状に対して原因を突き止め、サプリメントを摂取する等、適した対処をする必要があるのです。

Permalink