便秘

便秘 肌荒れ

便秘と肌荒れについて。便秘に悩んでいる女性は多いと言われています。
しかし、便秘は単に苦しいだけではすみません。
実は肌荒れの原因になることもあるのです。
その理由を紹介しましょう。
もちろん、すでに知っている人も多いかもしれません。

便秘によって、腸の中に腐敗物が溜まります。
そのことで、体内に毒素が発生するのです。
腸で発生した毒素は血液に入ります。
血液中に有害物質が増えるために血液の流れが悪くなるのです。
これによって肌荒れが発生します。
血液は体に酸素と栄養素を送る重要な役割を担っています。
それが阻害されるのですから、肌が荒れてしまうのです。
肌に充分な栄養が行き渡らないと言うことです。

もちろん、肌荒れだけではありません。
健康にもよくありませんね。
つまり、便秘を長く続けることは、健康を維持していくために決して良いことではないのです。
自然な排便がどれほど重要なことなのかを理解してください。
便秘薬を安易に使用するのではなく、できるだけ自然な排便を促す努力をしてください。
肌荒れで化粧品ばかりに目を向けてはいけません。
体の中からきれいにならなければ、面もきれいにならないのです。

美しい体は中も外も美しいのです。
便秘で悩んでいる女性は、化粧についても悩んでいるかも知れません。
まずは便秘を解消することから始めてください。
便秘の中でも旅行などで環境が変わった時だけに起こる場合はそれほど心配しなくてよいでしょう。
環境が元に戻れば、排便も元に戻るからです。
便秘は不健康な体の表れです。

Permalink

腰痛 便秘

腰痛と便秘について。便秘になるとおなかが張ってきます。
それと同時に腹痛の症状になる人もいます。
便秘の原因はいろいろとありますが、腹痛を伴うかどうかで原因は変わってきます。
腹痛が起こるのは、腸内にガスが溜まって内臓を圧迫するからです。
ガスが便によって出口をふさがれた状態となってしまっているのです。
腹痛を伴う場合はほかの病気と言うケースもありますから、病院などで調べてもらうことも考えた方がいいでしょう。
痛みがあると言うことは何らかの異常状態であると認識してください。

便秘を自覚しているのであれば、まずは便秘の解消を考えてみましょう。
マッサージなどをすることによって腹痛を和らげることも可能です。
おへその周りを丸くさするマッサージです。
腸の動きを促す効果があります。
便秘になると腸が正常に動きません。
通常であれば蠕動運動によって便が直腸の方へと押し出されていくのです。
その蠕動運動が十分でないと便秘になってしまうのです。
また、便秘に効果があるツボの話も聞いたことがありませんか。
何でも試してみていいでしょう。

しかし、便秘薬だけはお勧めできませんね。
一時的な解消にしか過ぎないからです。
体の調子を整えることが大事ですが、薬なしでその状態を維持していかなければならないのです。
症状が軽い便秘ならば、腹痛と言っても心配することはありません。
激しい痛みならばすぐにでも病院に行きましょう。
腸閉塞などは自宅で我慢していても改善することはありません。
病院で別の病気が見つかることもあるようです。

Permalink

便秘解消マッサージ

便秘解消すマッサージを紹介しましょう。腸の動きを活発にするためのマッサージですから、便秘で悩んでいる人はぜひともやってみてください。

まずは排便の仕組みを知っておきましょう。
排便は腸が蠕動運動をすることによって、便意が発生します。
それとともに便が直腸の方へと移動するのです。
健康な人ならば、便を排出するための蠕動運動が活発です。
便秘になりがちだと思うのならば、おなか体操をするといいのです。
外から蠕動運動を引き起こしてやるのです。

便秘解消マッサージのやり方は難しくありません。
座ったままで構いません。
息を吐きながら、おなかをへこませます。
そして、今度は息を吸いながらおなかを膨らませるのです。
これだけのことです。

もちろん、へこます時と膨らませる時は十分に力を入れなければなりません。
立った状態でも寝た状態でもできる体操です。
何回やればいいと言うことではありませんが、これだけでも腸の動きが変わってくるはずです。
便秘の原因として運動不足が挙げられますが、このような体操であれば、いつでもどこでもできますね。

それから腸のマッサージです。
おなかの腸の部分に円を描くようにさするマッサージです。
おへその周りに円を描く感じです。
バリエーションとして、ちょっと指で押さえる感じを取り入れてもいいでしょう。
お医者さんが触診をする時のイメージですね。
円を50回描きながら押さえます。
それを2回程度やってみてください。
便秘に効果ありです。

効果があるかどうかは自覚できるはずです。
便意を催したならば早めにトイレに行きましょう。

Permalink

便秘 漢方薬

便秘と漢方薬について。西洋医学に対抗した形で東洋医学があります。そして漢方薬があるのです。
便秘のために薬を使うことはよくないと考えられていますが、漢方薬は別と思っている人も多いようです。
それは漢方薬の働き方が西洋医学の薬とは異なっているからです。

漢方便秘薬について紹介しましょう。
いくつか種類があります。
大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は便秘薬としてはポピュラーなものです。
体力がある人向けと言われています。

それから、大柴胡湯(だいさいことう)は胃炎の症状を持っている人に使われます。
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は血圧が高い人やのぼせやすい人に使われます。

紹介した漢方薬は体力がある人向けです。
しかし、便秘の人は食欲がない体力が落ちているケースが多いようです。

そのような体力がない人やおなかが張っている人には大建中湯(だいけんちゅうとう)がいいでしょう。

それから高齢者などには麻子仁丸(ましにんがん)が使われます。

子供や薬を飲むとおなかが痛くなる人には小建中湯(ちょうけんちゅうとう)ですね。

また、痔から便秘になっている人には乙字湯(おつじとう)がいいそうです。

漢方薬はいろいろとありますが、どれを飲めばいいのかはよくわからないでしょう。
できれば病院で処方してもらうことをお勧めします。
どうしても病院に行けないのであれば薬局で相談してみる方がいいでしょう。
漢方薬がいいと言っても間違った用法は絶対に避けなければなりません。
たまに副作用もあります。
薬なのですから、安易な使用は避けましょう。

Permalink

プルーン 便秘

プルーンと便秘について。便秘解消法として、食物繊維を摂ることや、ヨーグルトを食べることがお勧めですね。
それから、プルーンも注目されているようです。
プラムの一種なのですが、日本でプルーンと呼ばれているのはプラムを干したものです。
栄養が豊富で、外国ではミラクルフルーツと呼ばれているそうです。
便秘だからと言うわけではなく、日常的にプルーンを食べる習慣をつけたいものですね。

プルーンが便秘によいわけを紹介しましょう。
一つ目は食物繊維が豊富に含まれていると言うことです。
一口に食物繊維と言っても水溶性と不溶性の2種類に分けられます。
水に溶けるタイプと溶けないタイプです。
プルーンには両方の食物繊維があるのです。
便秘の種類にかかわらず効果が期待できます。

それからソルビトールという成分がプルーンには含まれており、便通をよくしてくれます。
食べ方としてはそのまま食べてもおいしいです。
食事やデザートに摂ることもいいですね。

プルーンが苦手の人もいるでしょう。
ヨーグルトに混ぜたり、シリアルと一緒に食べたりすると食べやすくなるかもしれません。
それから、うれしいことにプルーンには抗酸化作用があります。
これは便秘とは関係ありませんが、健康に良いとされているものです。
また、ポリフェノールも含まれています。
貧血気味の妊婦さんにはぜひ摂ってもらいたい食材と言えます。
最近はいろいろなサプリメントが販売されています。
しかし、プルーンは自然からできているものですから、そのままでも十分な栄養と効果が得られるのです。

Permalink