果たして同情されるのは、本人であるべきなのか
ゲンダイネットでは、あびるに対する同情論が出るのも無理ないと記事になっている。

あびる優の所属事務所であるホリプロは「担当マネジャーの重大な判断ミス」と認めており、日テレ側も「放送人としてのモラル及び緊張感が欠如していた事実は否めない」「就業規則等に照らし、番組関係者には厳正に対処する」としている。ゲンダイネットは「マネジャーをはじめ、プロデューサー、ディレクターなどの具体的な処分は不明で、結局、謹慎させられたあびる優一人が責任を押し付けられた格好だ」としている。関係者はそれぞれの会社の就業規則に乗っ取り処分されているコトと想像されます。処分内容とその結果は知る由がアリマセン。

しかし担当マネジャーや、番組プロデューサー、ディレクターがしてしまったコト(就業規則違反)と、あびる優がしていた犯罪(窃盗)はコトのレベルが違います。本人が日本の法律に則り、相応の処分を受けるのは当然だと思います。責任を押し付けられたというのは、少し方向性が違うんではないでしょうか。

日テレが番組プロデューサー、ディレクターに対してどういう処分を行ったかは、報道のモラルを確認する意味で注目しようと思います。


過去エントリ
あびる優の窃盗行為
アッコにおまかせで、あびる優には触れず
警視庁、あびる優に対し事情聴取