WWDCで正式発表されました
Apple ComputerのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏は、Worldwide Developer's Conference(WWDC)基調講演において、2007年末までにすべてのMacintosh製品のプロセッサをIntelベースに切り替えると発表したとのコト。移行は2006年からスタートするそうです。

正式発表されるまで半信半疑だったのですが、ジョブス氏が発表したわけですから疑う余地は有りません。ジョブズ氏は「われわれの目標は、世界最高のパーソナルコンピュータを顧客に提供するというもので、将来を展望すると、Intelが最強のプロセッサロードマップを持っていることが分かった。PowerPCへの移行から10年が経過した。Intelの技術の助けを得て、次の10年間、最高のパーソナルコンピュータを作っていくことができると考えている」とコメントしています。この言葉を読み解くと、IBMのCPUでは世界最高のPCを市場に供給できませんということなのでしょうか。

PowerPC以前からのMac Userには経験があるはずですが、CPUが変更になるととっても大変だったと記憶しています。当時68000系からPowerPCに変わっただけでも大変だったのですが、これがIntel製に変わるとなるとUserは大変です。ソフトメーカーはもっと大変になるでしょうね。なにせIntelCPUに乗ったMacOS様のソフトを作り直す訳ですから。

さて我々Mac Userはどうしたら良いのでしょうか。パソコン自体の価格が下がり、スピードが上がるのは歓迎しますが。しかしほんの少し昔のソフトは使えなくなるでしょう。

あぁ悩ましく彷徨えるMac Userは何処へ...。ガッカリすべきか、喜ぶべきか。

pr_300-150.gif