iPod miniの後継機種のようです
iPod_nano












おおかたの予測の通り、iPod miniの後継機種が発売されました。iPod nanoと申すようです。ということでminiは終売となってしまったようです。短い販売期間でした。

miniからの大きな変更点は、記憶媒体がHDDからフラッシュメモリに変更になったコト。それにカラー液晶が搭載だというコトに2点ですね。とにかく記憶媒体がフラッシュメモリになったおかげで、本体サイズがかなり小さく薄くなったようです。相当軽量いなり、iPod shuffleに近づいたようです。もしかして競合してしまうのでしょうか。

しかしHDDからフラッシュメモリに替わったということは、コストが高くはなっていないだろうか。噂によると今回iPod nanoに内蔵されるメモリは、韓国サムスン製なのだそうです。サムスンは300mmウエハの製造装置の導入を進めているわけで、コストを下げることは可能でしょう。もしかして当初は赤字覚悟で出荷し、量産効果を狙っているのかもしれません。

週末までには近所の家電量販店にも並ぶのでしょうかね。是非手にとってその軽さと薄さを実感してみたいと思います。楽しみ。

ところでソニーも若干焦ったのか、伝統のウォークマンマンブランドで「Aシリーズ」の発売をプレス発表しました。しかしこちらは11月19日の発売だそうで、あと2ヶ月先です。iPod nanoはプレス発表の直後に発売されたわけで、その時間の差がソニーの慌てぶりを晒してしまったような気がします。

年末までの携帯音楽プレーヤーの戦いは、既にiPodに軍配が上がりそうな気配がしますが。

ipodnanou_180-150.gif