aamall

2007年12月18日

ブログ 変えます!!

3年ほど、livedoorブログのお世話になってましたが、この度ブログを変えます。

ミエワンブログというものです。

新しいアドレスは
http://inouee.mie1.net/
です。

よろしくお願いします。

liquor33 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年12月10日

頑張れ 映画館

先日、テレビを見ていたら愛知県西尾市にある「西尾劇場」の事をやっていた。

昔ながらの、昭和30年、40年代くらいやったら何処の町にもあったような映画館が今も営業しているという。

お客がゼロの日もあるというけど、映画の灯を消してはいけないと頑張って営業している。

昨今は昭和へのノスタルジーがメディアでもよく見かける。情報化社会で世の中のスピードがどんどん早くなり、去年の事がものスゴク昔の事に思えるようにすらなり、世間も無駄を廃して機能的になり、人間の曖昧な部分が希薄になっていった事への反動かもしれない。

金はなかったけど、心は豊かだった・・・この意味がわかるような気がする。

これからは格差が進んで金もないけど、心も荒んでいる・・・時代にはなって欲しくない。

liquor33 at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年12月01日

時間の止まった町

五条1十数年程前だろうか、奈良県五条市の町並に魅せられて、何度か足を運んだ事がある。

そんな五条にひさしぶりに訪れてみた。

子供の頃に見たような懐かしい風景、または何処かで見たようなというデジャヴにも似た現象。

日頃の日常から逃れて、こういった町を歩いていると癒されていくような気がするのは年を取ったせいか。

う〜ん、得もいわれぬ懐かしさがこみあげてる。




五条2そして、路地裏がやたら多い。

そこに点在する古い家。

十数年前に訪れた時、そこには確実に生活の匂いがあったが、今では主を失った家が多く、。

懐かしさに浸っていると、冬の冷たい空気に運ばれてくるかのように物悲しさが不意にやってくる。





liquor33 at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!街角散策 

2007年11月28日

麹造り体験

元坂 蒸米朝早くから大台町 元坂酒造へお邪魔して、麹造りを体験させていただきました。

蔵に到着すると既に蒸しあがった米が運ばれててきました。






元坂 麹
この日は結構寒い日でしたが、麹室の中は別。
汗ダクになって麹を造りました。

また、蒸し米が熱い!!

指先を軽くヤケドしてしまい、一日ヒリヒリしていましたよ!!

liquor33 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!蔵元訪問 

2007年11月26日

またも猪木酒場

猪木酒場またも池袋のアントニオ猪木酒場へ。

日曜の夜という飲食店にとってはヒマな時間にもかかわらず大盛況。猪木酒場ジョッキビールはドイツの銘柄ながら日本でのライセンス生産のレーベンブロイ。麦芽100%のビールなので、この店で飲むビールといえば、これかイギリスのバスペールエール(残念ながら樽ではなく、瓶)。 やはり、ビール飲むならベルギービールの副原料やスパイスビールは別格として、麦芽100%で飲みたいよな!!





熱海の坂帰りに熱海で寄り道。坂の多い町ですなあ。松阪のような平坦な地形の町に暮らしていると、坂の多い町というのが羨ましい。実際、大変だと思うけど。
熱海駅前から坂を下って行くと、熱海の商店街。そこから海の方へ出て、駅へ戻ろうとすると写真のような急な階段を登っていくけど、実際登ってみたらヘトヘト。運動不足をイヤでも実感。

2007年11月24日

純吟会 2007.11.22

純吟会 2007.11

2007.11.22 純吟会の出品酒は

●酒一筋 かたつむり 純米吟醸 (岡山県/利守る酒造)
●酔鯨 吟寿 純米吟醸うすにごり (高知県/酔鯨酒造)
●鉄砲隊 純米吟醸 (和歌山県/吉村秀雄商店)

今回は全てレベルが高いとの評価をいただきました。



この会は毎回、話題の酒、期待の酒、未知なる酒等を飲む会で、私も酒販売業者としての立場を忘れ一人の愛飲家として楽しく参加させていただいております。
年令層は30代〜50代とバラバラですが、皆さん世代を越えて和気あいあいとしております。

毎月 第4木曜日開催

場所 居酒屋 大将  三重県松阪市久保町251-1

電話 0598-23-9039

会費 4000円

純吟会にご興味のある方は
井上までご連絡を


liquor33 at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!酒の会 

2007年11月23日

究極のプレミアム焼酎 登場

無何有
世間ではプレミアム焼酎数ありますが、その中でもチャンピオンクラスといえるのが、この「無何有(むかう)」じゃないでしょうか?

1.8L瓶で10500円!!

これはプレミアム価格でも何でもなく正規価格なんですよ!!

無何有とは作為がなく自然な事を意味します。 
屋久島の名水を使って仕込まれ、仕込みの際には明治の時代から伝わるカメで仕込まれた焼酎は確かに作為がなく自然な焼酎であります。



製法覚書

●原料米   国産コシヒカリ  
●原料芋   南薩摩産「黄金千貫」 屋久島産「白豊」
●麹     白麹菌
●酵母    本坊SE酵母
●仕込方法  手造り香カメ壷仕込み
●蒸留    本坊式常圧蒸留機
●貯蔵    屋久島 太忠岳随道カメ壷貯蔵 
●アルコール 37%

商品のご購入はこちらからどうぞ!!
数が少ないので、お早めに!!





liquor33 at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!入荷情報 

2007年11月15日

あさちゃんのどぶろく

どぶろく

岐阜県の渡辺酒造さんより、「あさちゃんのどぶろく」が入荷しました。
あさちゃんとは蔵元の娘さんで杜氏でもある渡辺愛佐子さんの事です。最近は女性杜氏の活躍がめざましいですね。

さてさて、「どぶろく」はにごり酒のようなものと思っておられる方も多いようですが、米の粒がまだ残った独特の酒です。アルコールも日本酒より低く、12度です。

昔は当たり前のように飲まれていた「どぶろく」ですが、現在では密造酒となるため、ごく一部しか製造が認められておらず、「どぶろく」という言葉は知っていても実際に飲む機会は非常に少ないと思います。

一度、この機会に試してみて下さい。


500ml/ 1080円


 

この商品は生酒のため、クール料金150円が必要となります。
このカートでご注文されますと、ブログのサーバーの関係上、商品名をローマ字で設定してありますので、どうかご了承下さい。

ただいま、ブログでのショッピングカートを試験的に導入しております。
尚、ショッピングの詳細はこちらをご参照下さい。

liquor33 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!入荷情報 

2007年11月07日

浜千代館ジャズライブ

みはるさん
三重県二見の老舗旅館の浜千代館の女将のみはるさんのジャズライブにお邪魔してきました。
スタンダードナンバーが次々と繰り出され、アットホームな空間でした。

この日は風邪をひいて体調もすぐれなかったとの事ですが、見事に1時間弱のステージを角屋麦酒のブラウンエールを飲みながら歌とMCで満足させてくれました。

打ち上げに私も同行し、なんとカラオケ大会。
やはり、ジャズシンガーはカラオケ歌っても上手い!!

毎月、このコンサートが催されているので、時間の許す限り足を運びたいなあ。

2007年10月29日

理想の世界の追求は困難なのか?

先週発売の週刊プロレスを読んで思った事。

西村修という癌を克服したレスラーで藤波辰己が掲げる基本的なレスリングを展開させ、所謂本物指向の「無我」という団体であり、一種の思想を守ったレスラーであった。

その西村がこの度全日本プロレスに移籍する事となった。その事についてのインタビューが掲載されていた。

プロレスの神様といわれたカール・ゴッチを慕ってアメリカ フロリダ州タンパに住み、また東京に住み、千葉にも住みはじめたというニュースも週刊プロレスで知った。僕は試合数も少ないのによくお金があるなあ・・と思っていたら、案の定これを維持させていくための移籍だったとか。

西村の「無我」の思想をこよなく愛し、本物が認められなくなりつつあり、軽薄な現代社会そのものに警鐘を鳴らしている姿勢がとても共感出来たが、その現代社会の構図に取り込まれてこういった結果になったのも時代がそうなのだとは単に割り切れないような寂しい気がする。


liquor33 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年10月22日

赤福餅に思う・・朔日餅 (ついたちもち)もなくなるんだなあ 

三重県ではニュースでも御存知の方も多いと思いますが、伊勢の名物「赤福餅」が大変な事になっています。地元では伊勢神宮の前に江戸、明治期の伊勢路の町並みを再現した「おかげ横丁」というスポットに出資したりと貢献していた企業でもありました。私も子供の頃から「赤福餅」に慣れ親しんでおり、ニュースを聞いた時には驚きました。
最近、伊勢志摩方面へ出かける機会があったのですが、伊勢の赤福茶屋はもちろん、鳥羽市の茶屋も閉鎖され、駅の売店からも姿を消しており、現実を直視しました。
毎月1日のみに販売される限定の「朔日餅 (ついたちもち)」を毎月プレゼントしてくださるお客様がいらっしゃるのですが、「もうあの餅もなくなるんやね」と悲しそうでした。私もあの餅を毎月楽しみにしており、非常に残念です・・。

最近は食品業界のそういった不祥事をよく耳にしますが、酒業界からそういった事が出てこない事を祈るばかりです。


liquor33 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年10月17日

酒類管理師研修

管理師講習酒類管理師研修の講師を努めました。
酒類管理師というのは平成15年に設けられた制度で、酒の販売業者はこの講習を受講した酒類管理師と呼ばれる人を必ず売場に配置しなけらばばりません。ガソリンスタンドでいう危険物取扱責任者みたいなものだと思っていただければいいと思います。
但し、この研修ですが各地区で選ばれた方がコア講師という講師になるための研修を受講し、講師をやっているワケなのです。ですから、私のような一介の酒販業者が講師なんて大それた事をやってるんです。講師もかれこれ10回ほどやっているでしょうか? もともと喋りが達者ではないので、何度やっても慣れないものですねえ。本当に受講された皆さんに伝わったかどうか心配です。

liquor33 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年10月16日

インターナショナル ビアサミット

ビアサミット2毎年恒例の大阪 インターナショナルビアサミットに行ってきましたでええ。
写真は会場となった梅田スカイビルの空中庭園を真下から眺めたショット。

毎年毎年ブースが少なくなってきて、少々寂しい気がしないでもないけど、今年も結構飲んだなあ。

やはり、ベルギーのケイトというビール、コイツは旨い!!

そして、生まれて初めて飲むケグに入ったトラピストビール。シメイ・ホワイトですわ。

コイツも旨い!!

食べ物のブースが少ないと感じたけど、種類が少ないなりにガツガツ食べて、この日一日の摂取カロリーは相当なものだったでしょう・・・。

2007年10月11日

四日市市民ミュージカル ロスタイム

ミュージカル
知人が出演しているとの事で、四日市の市民ミュージカルの「ロスタイム」を観劇してきました。

一緒に観に行った方は途中でホロリと泣けてしまったそうですよ。泣き笑いてんこもりのミュージカルなんですよ。

写真が出演者の堀田佳世子さんで役柄は使徒2で、一瞬なんだあ、端役かよ!! と思ったら、これがどうして結構目立ついい役なんですよねえ。

彼女はバレエの素養もあるため、それを生かしたダンスがまた素晴らしい。


実は今、趣味で撮影している映像作品に出演していただいてるのですが、また彼女を撮ってみたいですねえ。


liquor33 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年10月04日

秋の吟醸酒を楽しむ会

吟醸酒会 看板今年も例によって秋の吟醸酒を楽しむ会に行ってきました。


吟醸酒会 雰囲気




吟醸酒会1 燗お目当ての燗酒コーナー。 田酒の青森県のみで販売されている純米大吟醸「古城の錦」の燗は抜群ですなあ。


吟醸酒会 記念写真
例年に比べて参加蔵が減ってきて、気のせいかお客さんも減っているような・・。

でも、来年も行くぞ!!

2007年09月28日

純吟会 2007.9.27









この会は毎回、話題の酒、期待の酒、未知なる酒等を飲む会で、私も酒販売業者としての立場を忘れ一人の愛飲家として楽しく参加させていただいております。
年令層は30代〜50代とバラバラですが、皆さん世代を越えて和気あいあいとしております。

毎月 第4木曜日開催

場所 居酒屋 大将  三重県松阪市久保町251-1

電話 0598-23-9039

会費 4000円

純吟会にご興味のある方は
井上までご連絡を





純吟会 2007.9

今回のお酒ですが、

●正雪 純米吟醸 (静岡県/神沢川酒造)
●喜正 純米吟醸 (東京都/野崎酒造)
●不老泉 純米吟醸 中汲み (滋賀県/上原酒造)

です。

この日は暑〜い日にも拘わらず、日本酒の減るペースが早く、美味しいと感じていただけたんでしょうね。

前半は別料金でビールを飲まれる方もチラホラ、コラコラ日本酒を楽しむ会やないか!!
・・・でも、暑いからしょうがないか。


liquor33 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!酒の会 

2007年09月26日

IT研修 なんとホームページビルダー11

 今日は酒の組合の関係のIT研修。
 ホームページビルダーの研修。
 「あんた、もうホームページをバリバリ作れるんやさかい、そんなん受けんかてええんやないの」という声もありますが、何事も初心が大事!! 
 実は僕はMacユーザーのため、ホームページビルダーを使った事がないんですわ。 
 講議を聞いているとホームページビルダーで結構色んな事が簡単に出来るみたいですね。
 初心に戻っての楽しい講議でした。
 

liquor33 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年09月18日

島の名前

島の名前「島の名前 日本編」という写真集が最近のお気に入りです。
殆どが島を上空からとらえた航空写真で、島名の由来等のエピソードが記されていて、なかなか飽きさせないですよ。
島のデータベースの「シマダス」と併せて見るとより一層面白い。もちろん、データベース的なものではないので、全ての島が網羅されているワケではありませんが、ごくごく小さな島というより岩のような無人島までもが紹介されているので興味深いです。

こんな本を見てると昔は色々と離島へ旅行をした事があったっけ? と思い起こされますなあ。

liquor33 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文 

2007年09月13日

青空の下の蔵のある街

碧南愛知県碧南市です。
青空の広がる下での醤油蔵のある風景です。


liquor33 at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!街角散策 

2007年08月17日

40.9度!!!

私は大の暑がりで夏という季節は好きでない。私は体脂肪率が高いせいか、汗もよくかくが、これがいただけない。
盆が終わってから急激に暑くなって、とうとう岐阜県と群馬県で40.9度という驚異的な温度を観測。
40.9度とはどういった温度なんだろうか? 熱めの風呂で38度くらいだというが、そんな温度だったら屋外にいるだけでノボせてしまうのは間違いないでしょう。

まあ、あまり暑いと日本酒の需要が落ち込む!! これが痛いんですよ!!

liquor33 at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑文