February 16, 2006

オバサンカッ!

By liriodendron
07:51
Permalink
Comments(26)

リリィ種
リリィはお笑い好きである。

昨晩も、ワサビのカタマリを口に入れて大騒ぎする、
『レギュラーの西川君』をテレビで見つけるや否や、
「キャーーー♪あるあるタンケンタイだ!!!」
と、黄色い奇声を発していた。

そして、最近よく真似するのが、

おっさんかっ

「○○かっ!」の高速連続反復ツッコミでお馴染みの
『タカアンドトシ』である。

笑いを通り越し、会話にならなくて、
ムッとする。

そして、それは、突如始まる...。


リリィ、

帰ってきたら、手を洗ってね。

「おっさんかっ!」

それから、うがいもしてね。

「おっさんかっ!」

今日は、何して遊んだのかな?

「おっさんかっ!」

先生の言うこと、ちゃんと聞けたかな?

「おっさんかっ!」

お友達と、仲良くできたかな?

「おっさんかっ!」

(怒)


...ひとしきり、
ツッコミにならないツッコミを堪能したあと、

思いついたように、ボソッと、

「あ、ママは、“おばさんかっ!”、だ...」

と、わざわざ訂正するリリィ。

その余計な訂正ツッコミ、

リアルに心にズキンと響くんですけど。

(涙)

**********************

☆シンデレラ☆
〜リリィ画伯〜
シンデレラ?

「クリオネかっ!」

クリネオかっ

〜ゆりのたね〜




February 15, 2006

シロのチョコ?

By liriodendron
10:14
Permalink
Comments(15)

笑い種
バレンタインはいかがでしたか?

Naruさんにチョコレートをあげましたが、
ほとんど、私とリリィのお腹の中です。

中学時代、バスケットボール部に所属していた、私。
クラス・学年でも目立つ存在の、
モテオ・モテコが集まる、華やかな部。
練習もキツかったが、東京都大会に出場するほど実力のある、
青春スポ根中学生軍団。

恋に恋していたあの頃、手作りチョコに初チャレンジした。
一年生バスケ部女子全員から、
憧れの三年生“キャプテン”へ。

皆でワイワイ騒ぎながら、乙女心全開で、
大きなハート型中央に、“キャプテン”の背番号を記した、
ベタなチョコレートを作り上げた。

ベタなチョコレートを、
皆でベタベタ触りながら、
ベタベタベタベタ、作った。

よし、出来た!と、
仕上がったチョコレートを斜めから見ると、
皆の指紋がベタベタベタベタベタベタ浮き上がってきた。

「どうぞ犯人逮捕にお役立てください」ってばかりに、
指紋がベタベタベタベタベタベタベタベタ輝いていた。

恋する私たちを、ウォンテッド、って感じ?

...キャプテン、アノチョコレート、タベチャイマシタカ?...

*******************

さて、話は変わって。

バレンタインも近づいたある日、大事な試合があった。

料理やお菓子作りが大好きな、部員の一人の子が、
皆で、結束を固め、気合いを入れるため、
かいがいしくもチョコレートを作って来てくれた。

監督に内緒で、トイレにこっそり集まる。

一人一人に配られた、アルミホイルの包みをそっと開け、
少し失敗したという、茶色のイビツなカタマリを見るや否や、
空気の読めない子が、悪気なく、言い放った。

「ウチのシロのフンみたぁ〜い」(←犬)

.....!

何、言ってんの?

ここは、トイレだよ?!

もはや、シロのフンにしか見えないよ。

鈍く光る便器を尻目に、鼻の息を止めて、
丸呑みにしたチョコレート。

「あ、ありがとぉ...。おいしかった、よ...」

と、うわずった声で言うのが精一杯だった。

チョコ...?

〜ゆりのたね〜




February 14, 2006

はまぐり親子

By liriodendron
10:03
Permalink
Comments(19)

想い種
お雛祭りのご馳走は?

五目ちらしに、はまぐりのお吸い物、ケーキなんかも準備して。

はまぐりと言えば、
『そうはくわなの焼きはまぐり』でお馴染みの
三重県桑名市が名産。

私たちが、香港から帰国後、Naruさんの新規事業展開のため
最初に移り住んだのが、ココ。
半年位暮らしたかな。
こぢんまりとした街で、はまぐりが本当に美味しかった。

私たちが食べているはまぐりは、ほとんど輸入物で、
国産物は希少になりつつあるそうよ。

見分け方はね、

国産物は、二辺の長さが違っていて、
“へ”の字のようになっている物。

輸入物は、二辺の長さがほぼ等しく、
“ハ”の字のようになっている物。

ちなみに、模様の線の数は、年齢を表しているんだって。

“ヘ”と“ハ”

桑名市内の、老舗料亭で、国産はまぐり会席を堪能した。
東京から両親、九州から義母も遊びに来て、
仲良く並んで、皆で一緒にイタダキマス。

一品ずつ、いそいそと運ばれてくる、はまぐり料理の数々。

刺身はまぐり

焼きはまぐり

煮付はまぐり

蒸しはまぐり

揚げはまぐり

はまぐり鍋

はまぐり雑炊

...

...

...


「...なんだか、バツゲームみたいだね...」

*******************

はまぐりの貝殻は、
模様や大きさ、形がすべて微妙に違っていて、
同じ貝殻同士でないとピッタリと合わないの。

そっくり親子みたいだね。

はまぐり親子

〜ゆりのたね〜




February 13, 2006

おひなさまとバケモノ

By liriodendron
10:08
Permalink
Comments(19)

笑い種
もうすぐ雛祭りですね。

親王飾り

お雛様を飾りました。
コンパクトに親王飾りです。

幼少の頃、我が家のお雛様は七段飾りでした。
段を組んで、お人形を所定の位置に飾って、
お道具をちょこんと乗せて、楽しかったな。

♪〜灯かりを点けましょぼんぼりに〜♪

嬉しくて嬉しくて、段飾りの前で一日中、
踊り歌いながら、うっとりと眺めていたっけ。
ポカポカと暖かい、春の日差しの中、
柔らかく穏やかな、お人形達の顔が浮き立ちます。





が、

夜になり、闇の中、日本人形を見ると、
魔の魂が宿ったようで、怖くありませんでした?
少なくとも、幼い私にとっては、そうでした。

あんなに優しかった、殿&姫が

コワイ。

あんなに無邪気だった、三人官女&五人囃子が

コワイ。

大臣達に至っては、
ゲゲゲのこなきじじい以外の何者でもない。





夜中に、トイレに行きたくなった。

どうしよう。

お雛様の前を通るの怖いな。

どうしよう。

「そなた、何奴じゃっ!」って呼び止められるかもしれない。

どうしよう。

「無礼者っ!」って斬り捨てられるかもしれない。

どうしよう。

お父さんもお母さんもお兄ちゃんもぐっすり眠ってる。

どうしよう。

でも、もう、我慢できないよ。

よぉし、こうなったら...!

バケモノ

布団をかぶってトイレまで。

もはや、アナタがバケモノですよ。

*********************

これは、バケモノではありません。
〜リリィ画伯〜
ジャスミン王女

レインボー・アイズ☆ジャスミン王女

〜ゆりのたね〜




February 12, 2006

ウタじゃなくてネタ!

By liriodendron
10:04
Permalink
Comments(18)
私とリリィは、歌番組が大好き。
一緒に歌ったり、しんみり聴いたりする。

Mステに安藤裕子さんという、
女性アーティストが出演していた。
“月桂樹”のCMソングを歌っている、彼女。
透明感のあるボイスと独特の歌いまわしで、
今、注目を集めているそう。

彼女の歌声が流れ始めた瞬間、
ピタッと画面を見入ってしまった。
『のうぜんかつら』
というその曲の生まれたエピソードも手伝って、
彼女の世界へすっかり引き込まれてしまった、二人。

うるうる

...そして、歌い終えると同時に、二人で拍手!

パチパチパチパチパチパチパチ

大人でも子供でも、心に響く。
歌は、心を伝えて、心で聴くものなのね。

「ねぇ、ママ?」

なあに?

「あるあるタンケンタイは、いつでるの?」

...

どうかな...

...あれは

ウタじゃなくてネタだからね。

*********************

二人で一緒にお絵描きが日課。

リリィ作
眠れる森のオーロラ姫

“眠れる森の美女”オーロラ姫よ。

織姫でもなければ、彦星でもない。
ましてや邪馬台国人でも壁画の人々でもない。
言っとくけど。

ああ、オリンピック開幕だけに、
スキージャンプ?
違う、違う。

笑いをこらえ...じゃなくて、
感動して、涙が出てきた。

うるうる。

〜ゆりのたね〜




February 11, 2006

優の良品?

By liriodendron
14:43
Permalink
Comments(16)

ホンコン種
もう少し、香港でのお産のお話。

香港で出産する日本人は、当時、年間200人余り。
いかに日本人が多く住んでるかってことよね。
海外で暮らす日本人同士、しかも出産・子育て奮闘中ときたら、
連帯感も高まり、まさに、友達の友達は皆友達。

出産予定の病院
香港アドベンティストホスピタル
で開かれている、両親学級に参加してみた。
(日本語通訳付)

同じ年頃、同じ時期に出産予定の日本人4人が集まって、
すぐに仲良し。
妊婦の頃も、出産してからも、皆で方々お出掛けしたね。
格式高いペニンシュラのアフタヌーンティー、
あれは、妊婦のうちに行っておいて、ホント良かったよ。

さて、最初は“痛くてこそお産”の思い込みがあったから、
普通分娩にこだわっていた私たちだけど、
色々な話を聞くうちに、郷に入れば郷に従えで、
全員無痛分娩決行。

エピデュアル(硬膜外麻酔)が効くか否かは、
あくまでも個人差。
運良く?4人とも効き目があり、大安産。
回復も早いから、産後「さっき、産まれたよ!」なんて
ケータイでやりとりする、余裕の場面も。

リリィが産まれたおよそ2ヵ月後、
元スッチーの彼女から電話が。

「産まれたよ〜!」

おめでとう!!!名前は決めた?

「うん、“ユウ”。」

へぇ〜“ユウ”ちゃんかぁ。...変わった響きね。

「...そう?」

。。。ちょっとケータイの電波が悪く、聞き取りづらかった。。。

で、漢字でどう書くの?

「“ユウ”の字は、優秀の“優”」

うん。優秀の“優”。

「“ナ”の字は、奈良の“奈”

なるほど。奈良の“良”、ね。

...優良...?





聞き違いの私の脳裏に、あるショップの看板が浮かぶ。

優の良品
『香港でよく見かけるアジア系菓子ショップ』

優の良品?
優の良品

優の良品なの?!
優の良品

...お洒落な彼女が口にすると、
魅力的なショップに思えてくるのは何故かしら...。

結局、その後、しばらく勘違いは続き、
『優の良品』の看板を目にする度、
彼女とユウナちゃんを想う日々が続いたわ。

ごめんね。

year's plate 2000

『優の良品』のドライマンゴーは美味しいよ

〜ゆりのたね〜




February 10, 2006

オトナになんか、なりたくない

By liriodendron
09:55
Permalink
Comments(16)

リリィ種
「オトナになんか、なりたくない」

オトナになりたくない

ど、ど、どうしたの?リリィ?
ネバーランド在住の、ピーターパンかと思った。

「アカチャンうむのが、コワイの」

...。

ハァ?!

ああ、さっきのテレビの出産シーン。うっかり見ちゃったんだ。
大丈夫よ。

あんなに“世界が仰天”の、ニュースな出来事は
滅多に起きないから。


赤ちゃんを産むのは、怖いことじゃない。
神秘的で、素晴らしいことなの。

ママはリリィを香港で産んだわけだけど、
欧米人の集まる、欧米式の病院で、
“痛くない”出産だったわ。
(無痛分娩:エピデュアル=硬膜外麻酔)

破水から始まって、すぐに麻酔の処置をしたから、
その後、出産までの14時間、
本を読んだりテレビを観たりで
のんびりしたもんだったわよ。
日本からはるばる、ばあちゃん(母)も来てくれてたのよ。

「いよいよ産まれます!」

と言われてもピンと来なかったけど、
陣痛の波と、リリィがおりてくる感じだけは、ちゃ〜んとわかったから、
うん、うん、うん、って頑張ったわ。

リリィがオギャーーーって産まれた瞬間、
分娩台上の照明が、スポットライトみたいに見えて、
終わったぁ...。
そして、始まるんだぁ...。って、
家族3人、描くストーリーを想うと、満ち足りた気分だったわよ。
痛かろうが痛くなかろうが、嬉しい気持ちは一緒。
感動のあめあられ。

しばらくして、ナースが、

「リリィの血液型はO型です。」

と告げたんだけど、

...パパも、ママも、A型なんだよね。

パパとママは、そうなんだぁ〜、
ぐらいにしか思わなかったけど、
あの時の、ばあちゃんの、

「そ、そんなっ、何かの間違い!
ウチの娘に限って、そんなっ...!」

って、なにやら勘違いの、

狼狽ぶりは、ハンパじゃなかったわ。

お母さん、私、
汚れたオトナじゃない。純粋なコドモのままでいさせて。

まぁ、その時ぐらいだわね。

ビックリ、仰天、ニュースな時間が流れたのは。

A型同士からO型は産まれるんですよ
(2人ともAO型だから)

〜ゆりのたね〜




February 09, 2006

ちょっこれーと、ぷりーず。

By liriodendron
10:22
Permalink
Comments(9)

笑い種
チョコレート、大好きです。
チョコづくしのバツゲーム?
もちろん受けてたちますわ。

バレンタインが近づく今、出掛ける先々で、
美味しそうなチョコ達が目に飛び込んで来る。

ついつい伸びる手。ついつい口に運ぶ手。
ついつい歯止めがきかない手。どうにもこうにも困った手。
自分で自分にプレゼント(しかも♀)。

このシーズン、種を頬張るハムスターのように、
お顔がマルマルします。

ダイエット食品業界も、バレンタインを意識して、
気の利いたアイテムを続々放出。
こんなのもあるのね。心惹かれるわ!

Naruさんへのギリチョコのおこぼれを、
毎回期待している、卑しい私たち。

チョコ待ち

どうか、Naruさんへギリチョコ配布の際は、

分量多目に

お願いします。

取りこぼしの無いよう、大きくお口を開けて、
おこぼれ待ってます。

トリノ名物ジャンドゥイオッティだったら、泣いて喜ぶわ。
(どんな味かしら。気になって仕方ないの...)←じゃぁ、買えば?

頑張れニッポン。頑張れNaruさん。

Give me chocolate,please!

************************

通園途中の、こぢんまりとしたケーキショップ。
ここのプランセス・ショコラは絶品よ!
何かと理由をつけて、しばしばお買い上げ。
YUKIさんじゅんコロさん、お試しあれ♪

ムッシュM

〜ゆりのたね〜




February 08, 2006

∞ムゲンダイ∞

By liriodendron
10:15
Permalink
Comments(8)

笑い種
先日『イモ欽トリオ』が、テレビに出て歌っていた。
私が小学生の頃、一世を風靡していた彼らも、
今となっては、
赤ちょうちんの似合ういいオッサンだ。

『ハイスクールララバイ』を
すっかり野太くなった声で歌う、フツオ。
リズムに乗ってビンタする、ヨシオ。
ムッとする、ワルオ。

懐かしい!懐かしすぎる!
自分のお小遣いで初めて買ったレコードが、コレ。
笑いたければ笑え。

歌もサビに入り、私のテンションも上がり、
知らず知らずの間につい口ずさむ。

「100%片思い〜 Baby I love so
スキスキ ベイベェー!」


振り付きで。

ノリノリで踊り歌う私の後ろで、
絵本を熱心に読んでいた、リリィが一言。

はまってたんだー

はっ、はまってたぁ〜?
な、な、なんでそんなコトバ知ってるのよ?!
恥ずかしさと驚愕と狼狽で、サッと我に返る。

リリィ、ありがとう。

あ、そう言えば、この歌で、
当時もらったラヴレターを想い出した。

少女漫画チックに下駄箱に入れてあったソレを、
慌ててポケットに隠し、トイレの個室でこっそり開けた。

なめ猫の便箋に、大ざっぱな文字で、こう書かれていた。

「ZOKKON 命 ∞
   100% がたおもい。」


∞(ムゲンダイ)マークもさり気なく、『シブがき』の影響か?
第一、“がたおもい”ってなにっ?!“ガタ”って!

もはやキミの思考が、ムゲンダイ、ガタガタだ。

...ザーーー...ゴボゴボ

〜ゆりのたね〜




February 07, 2006

くれてやる!

By liriodendron
10:08
Permalink
Comments(12)

笑い種
みなさん、おはよう。てんとうむしさん、おはよう。
今日も虫の話をしましょう。

今は見るのも嫌な虫たちが、幼少時代はへっちゃらでした。
日が落ちるまで、バッタ、カマキリ、クワガタ、ザリガニ、
なんでもかんでも網を片手に追っかけまわしていました。

ある日、私は近くの公園で、
土の中からモソモソ動く物体を発見しました。

「カブトムシの幼虫だ...!!!」

幼い私にとっては、ダイヤモンドの原石を掘り当てたような、
価値ある快挙!
とりあえず、無事にウチへ連れて帰らなければ...!

ドキドキドキ...。
どうしよう。みんな狙ってるよね。私の幼虫...。
幼虫握る、手に汗握る、高鳴る鼓動、荒い鼻息、
自意識過剰の幼女と幼虫。

足早に坂道を登り、帰路を急ぐ私の後ろを、つける足音。

だっ、だれ?!ついてくる。ついてくる。
私の幼虫が狙いなの?!私の幼虫が望みなの?!
もう、だめ!追いつかれる!
つかまる!つかまる!つかまる...!

半べそかきかき、振り向きざまに、私は思わぬ反撃に出た。

「そんなに ほしけりゃ くれてやる〜!!!」

くれてやる

渾身の力を込めて、ぶん投げた!

快心の顔面ヒット!

泣きわめき、走り去る幼女。
呆然と立ち尽くす、ただ単に後ろを歩いていただけの、少年。

昼下がりのアンラッキー・ボーイ。
あの日、ぷよぷよ、まるまるした残像の中、
キミは何を思い、何を考えていましたか?

〜ゆりのたね〜




February 05, 2006

てんとうむしの恩返し

By liriodendron
11:31
Permalink
Comments(14)

笑い種
♪〜アナタとワタシがユメのクニ〜♪

家の中で真ん丸くなって、
厳しい寒さをやり過ごす日々が続いております。

てんとうむし(成虫)も、越冬するんですよ。
ええ。ご存知?
通常、暖かくて明るい色の場所で、
群れを成して冬を越すそうなんだけど。

なんで、

アナタたちは、

ウチで越冬してるのかしら?

毎朝一匹ペースで、寝室の出窓に、ちょこんといるわね。

7階建て20数世帯マンションの、4階のほんの1室なのに、

なんで、

アナタたちは、

ウチで越冬してるのかしら?

虫は苦手なんだけど、“益虫”ってみんなが言うし、
幸福のシンボルみたいで、ないがしろに出来ないから、
寒空の下に放り出すのは、気がひけるけど、
恐る恐るつまんで、せっせと外に逃がしてます。

ここは、森の小さな教会ぢゃぁないの。

だから、どうか、しゃしゃりでないで。

接吻せよと、はやしたてないで。

照れてもいないし、サンバを踊りもしない。

ノン・フレッシュ、結婚11年目でございます。

こんなに毎朝、ビクビク逃がしてあげてるんだから、
恩返しをして欲しいところだわね。

そうそう、以前、熱く語ったように、自転車がパンクしているの。
(↑未修理)
保育園への送迎に、私たちを乗せていっておくれ。

てんとうむし号

...正直、不気味だし、のろまで遅刻しそうだわ。

空を飛ぶって言うのはどうかしら?
あと100万匹逃しで、私たちをぶら下げて、飛べる?

って、そうこうしてる間に、春よ!春!

〜ゆりのたね〜




February 02, 2006

TVの中のオンリーワン

By liriodendron
11:46
Permalink
Comments(21)

リリィ種
リリィは面食いなのだろうか。

テレビにジャニーズ系の彼らが登場するやいなや、

「スマップだ!スマップのナカイだ!」
「シュウジとアキラだ!“ノブタ”にでてたヒトだ!」
「キャーーー♪♪♪」

と、大騒ぎだ。

そう言えば、好きになる男の子は皆、可愛いタイプ。

お風呂で聞いてみた。





ねぇ、スマップの中で、誰が1番好き?

「べつにいないよ」

...?そうなの...?

じゃぁ、テレビに出てくる人の中で、誰が1番好き?


「あるあるタンケンタイ」

あるある


へぇ〜...そうなんだぁ〜...(?!)


「あとね、パッション」

パッション


ふぅぅぅ〜〜〜ん...。

エブィバリパッション





リリィ...。

おもしろい...。

*********************

ここ数ヶ月、リリィが「保育園に行きたくない」とダダをこねる。
遅刻ギリギリの時間になって突如、
「保育園行きたい」というので、
ドリフの“落ち(セットが激しく壊れる)”に流れる曲を
頭ん中ぐるぐる回しながら、
ドタバタ慌てて園に滑り込む日が続いている。
チャンチャンチャ チャッチャラチャッチャ〜 チャンチャンチャ...
ダメダコリャ〜

理由は、眠い、園で意地悪された、
パパとママと遊びたい、気分が乗らない、
などなど、色々あるようだが、
工夫すれば回避できるものばかり。
結局、「保育園大好き!」と豪語しているので、
あまり気にしていない。

気にしていない、いなかったのに、今日ばかりは、
ひどく怒ってしまった。
親や友達、他者の言動に非常に影響を受け易い時期なので、
最近は極力怒らないよう、
穏やかに解決しようと努めていたのに、
感情まかせに怒ってしまった。

私はワァーーーッと怒って、
リリィはギャーーーッと泣いた。

私は自己嫌悪に陥るし、
リリィはシュンとしている。

「ママ、怒りすぎた、ごめんね」
「リリィも、わがままいって、ごめんね」

大爆発の後、二人の静かな感情の間に漂う、穏やかな空気。

確かに、私の中から生まれてきたのに、
私の一部ではない、独立した人格を持つ、彼女。

私達、一つから二つになって、ぶつかることも仕方ない。
日々、泣いたり、笑ったり、怒ったりしながら、
彼女のメッセージを、心の真ん中で受けとめることができたら。

皆さん、こんなこと「ある、ある、」ですか?

・・・とりあえず気絶・・・

〜ゆりのたね〜




January 31, 2006

ミスター効果音

By liriodendron
10:27
Permalink
Comments(20)

笑い種
さっさと...

美容室へ行きました。
ロングが続いたのでうっとうしくなりました。
私はあまり躊躇せず、ある日突如バッサリいきます。
そして、後悔、します。

カット、カラー、シャンプー、と順調に進み、
ドライヤーでブローのラストスパート。
新人らしき彼は、熱心に指導を始めた。

「乾かす時は、こうしてください...」

ハイ。

「後ろは、ピッと、こう、前にサッと、」

ハイ。

「横は、スッと、こんなふうに、シュシュッと、」

ハイ。

「さらに、パパッとして、ザッと、シャシャッと、」

ハイ?

「で、キュキュッとチャチャッとヒュヒュッと、、、」

ハイ?!

...って、ぜんっぜん分かんないんですけどっっっ!!!

キミはミスター長嶋さんかいっ!


効果音だらけの“ブローテクニックレクチャー”が
延々と続く続く。

店内は混雑。担当美容師も、誰も皆、
私の戸惑いに気づかない。

熱いよ熱いよ。カラカラだよ。パサパサだよ。

タスケテクダサ〜イ

タスケテクダサ〜イ

潤いとキューティクルを返してくださ〜い。

ううっ。

*********************

美容室で出される女性誌が、見た目年齢の勝負。

『○○自身』やら『○○セブン』では負けだ。

『VERY』『MINE』等々、妥当な線か。

『ESSE 』『オレンジページ』、ステキな奥様って感じ?

『an・an』を迷わず差し出された日は、

軽く、スキップだ。

〜ゆりのたね〜




January 29, 2006

エンギがイイゾ

By liriodendron
10:21
Permalink
Comments(16)

笑い種
縁起がいいぞ

父と母が成田神社に初詣に出掛けた時のこと。

父がスゴイモノを見つけた。

「おーい!おいっ!
なるくんの名前の入ったお守りがあるぞっ!」


Naruさんの名前入りのお守り。

縁起が良いとそれを手に取り、興奮と歓喜にむせぶ父。

どれどれ、と母。

戌年


X 戌年  ※それは『イヌドシ』と読みます。

   ↓

  ○ 成敏  ※私の夫は『ナルトシ』といいます。



そもそも、“年”の字からして違ってるよね。

今年で結婚11年目になります。

私達が“家族”になってずいぶん経ちますね。


ただのケアレスミスであることを、祈っております。


〜ゆりのたね〜




January 27, 2006

雪の話〜ホンコン〜

By liriodendron
11:40
Permalink
Comments(12)

ホンコン種
雪*桜

2001年3月
香港生まれのリリィを連れて
生後3ヶ月で初めて里帰り一時帰国。
東京へ母子2人旅にチャレンジ。

桜の季節の雪は、25年ぶりとのこと。
リリィの瞳に映る、雪と桜。

私の見慣れた街の中で
チラチラ舞う淡いカケラ達を
ぼんやり眺めるリリィを見ていたら

嬉しい気持ちと、
不思議な気持ちと、
安堵の気持ちと、

なんだか、涙が出てきたよ。

**********************

初めての2人旅。ちょっと緊張したけど。
赤ちゃんと一緒だと“強気”になるよね。


バシネット←赤ちゃん連れは
機内座席最前列で
こんなベッドを
取り付けてくれるよ。
おつまみと...
ワインじゃぁない。
ママのジャワティー。

パスポート生後2ヶ月頃?
もうすぐ期限切れ。
この別人写真では、
もはや通過不可?
その後幾度も
香港⇔東京or 福岡を楽しむ。
1歳で帰国後、再度香港へ
遊びにも行ったよ。


ねぇ、パスポート更新して、どっか行こう!ね!ね!
~~ ウズウズ~~

東京ドイツ村ぁ?誤魔化されないわよっ
常磐ハワイアンズぅ?騙されな...ちょっと、いいね...
スーパー銭湯おふろの王様・東久留米店?...いいよ!

パスポートいらないしねっ♪(←ってオイ!)

〜ゆりのたね〜




Google AdSense
Profile

Kao

Kao&Lily

福岡県北九州市在住。
2000年香港生まれの娘Lily
起業家の夫Naru
そして私Kaoの3人家族。
“心豊かに暮らせる理想の街”
を求め、Naruの故郷北九州へ
東京から移住決行!
米オマハと香港生活の経験有。
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
息子のセンス (ひとりで中国に工場を作る方法)
リリィVSネロ
人気ブログの作り方 (週末起業サラリーマンの人には言えないここだけの話・・・)
江ノ島で、捕まえて♪
35÷2=17 あまり1 (ゆきの小箱 -働くおかーさんの日々-)
ワタシのアタマ
You raise me up (歌姫カオルの成長日記〜現在未来のすべてのカオルファンの皆様へ♪ )
17歳...ゼェゼェ...
ゆりのたね (普通のサラリーマンがこうして5億円企業を創った)
風邪と小人
ママ友3人娘 (「平成のおしゃれ泥棒」〜はんなり店長スタイルアップ奮戦記)
はまぐり親子
「日本中に広げ隊」と「日本ブログ大賞」投票者リスト! (日本女性が元気になると日本は変わる:      220ボルト...)
ウタじゃなくてネタ!
シークレットセミナー (普通のサラリーマンがこうして4億円企業を創った)
てんとうむしの恩返し
折り返し (普通のサラリーマンがこうして4億円企業を創った)
Naru、おめでとう。
斉藤一人さんの話 (歌姫カオルの成長日記〜現在未来のすべてのカオルファンの皆様へ♪ )
馬車?薔薇?
Access Counter
QR Code
QRコード
  • ライブドアブログ