September 26, 2006

【キッズ・イングリッシュ】ハロウィーンのゲーム  ミスターウィーンのバラバラ死体

ミスターウィーンのバラバラ死体  (英語でリスニングゲームもできます)
6人かそれ以上

いるもの:


HOW TO PLAY:

あらかじめカップの中に入れるものを準備しておきます。(お話参照)
英語で以下のお話に登場する体の部位を教えておきます。

皆丸く輪になって座ります。紙と鉛筆を配ります。
明かりを消して下の『お話』を聞かせます(日本語でも英語でも楽しめます。)。

お話を一行読むごとにカップをまわします。参加者は暗闇の中でコップを回し中に入っているものが何かを当ててます。、明かりをつけ紙に書きます。小さなお子さんで字のかけない小さな子でしたら、口で言わせます。すべてのお話が終わったら紙を集めます。答えをチェックして一番たくさんあっていた人の勝ちになります。

Story: "Once in this town there lived a man named Hal O. Ween. T'was years ago this very night that he was murdered out of spite. They say these are his remains.


昔々子の町にハル・オ・ウィーンという男が住んでいました。ある歳の、ちょうど今日のこの日のこの夜に、彼は殺され、人々は彼のなきがらがまだ、成仏できずにいると噂しています。

Here is his brain, which now feels no pain. (a wet squishy tomato)
Here are his eyes, still frozen with surprise. (two frozen peeled grapes or olives)
Here is his heart. Be careful lest it start! (a large lump of uncooked liver)
Now we have his hair, which once was so fair! (a handful of corn silk or wet fur or yarn)
Feel these drops of his blood. All the rest turned to mud. (a little catsup thinned with warm water)
One hand all alone, just rotting flesh and bone. (a damp plastic glove filled with red gelatin or ice)
Now touch his ear. He nevermore will hear! (a dried apricot)
This is his nose. T'will never smell a rose. (a pickle, a hot dog or a soft chicken bone)
These worms are all that's left to feel. For them Brown was a lovely meal! (wet spaghetti)

今では痛みを感じない彼の脳。(湿ったグチャグチャのトマト)
いまだに驚いて凍りついた彼の目。(2個の冷凍の皮をむいたブドウまたはオリーブ)
これが彼の心臓です。動き出さないように気をつけて!(1塊りの大きな生のレバー)
今私たちが持っているのが彼の髪。なんてきれいな金髪なんだ!(少数のトウモロコシの毛または湿った毛皮か毛糸)
彼の血のひとしずくを感じてみて。血の塊は泥になってしまっている。(温水で薄くした少しのケチャップ)
手は一つだけ、肉と骨は腐敗しています。。(赤いゼラチンまたは氷でいっぱいの湿っぽいビニール手袋)
さて、彼の耳に触れてみて。もう二度と聞くことができません!(干しアプリコット)
あとは虫が残るのみ。虫にとって、ブラウンさんはなんておいしいえさだったことか!(湿ったスパゲッティ)

明るくなったりカップの中身が何だったか当てて髪に書き出します。紙を集めてチェックをしたら、皆にコップの中身を見せます。一番あたった人の勝ち。



ハロウィンパーティー用の楽しいゲームはこちらへ。ハロウィン・ファン





175 Easy-To-Do Halloween Crafts
コスチュームやお面、贈り物、パンプキン、デコレーションなど、さまざまなハロウィーン・クラフトの作り方を、フルカラーの写真と詳しい説明でわかりやすく教えてくれる。どのクラフトも家にある身近な材料で作ることができる。オリジナル。

アメリカアマゾンでの評価★★★★★
この本の工作はすばらしい。とてもたくさんのだれもが場楽しめる多くのプロジェクトがあります。とてもシンプル過ぎてばかばかしいようなものもあります。工作が苦手でもこの本の工作はできますよ。プレスクールの先生としても、この本のプロジェクトをクラスプロジェクトとしてすでにいくつかやっています。これは買うしかない本です。


英語で脳トレ  
Posted by lisa5819 at 21:23Comments(1)TrackBack(0)ハロウィン

September 24, 2006

【キッズ・イングリッシュ】 ハロウィーンのゲーム ミイラ作り

10月を待たずに、ハロウィーンの飾り付けを目にするようになりましたね。
楽しいハロウィン・パーティーを演出するパーティーゲームをご紹介します。


ミイラつくり Mummy Maker
6人かそれ以上

いるもの:
トイレットペーパー

HOW TO PLAY:


こどもたちの大好きなゲームです。

参加者を小グループに分けます。それぞれのグループの中から一人選んで、ミイラ役になります。それ以外の子はトイレットペーパーをミイラに巻きつけます。どのチームが一番早く巻き終わるかな?

僕がミイラになる!、私よ!を避けるためにいいアイデアをひとつ。

かぼちゃを用意し、ゲームの前に役割を決めましょう。○○君は頭、△△さんは腕と言うように決めたら、それをかぼちゃに描いておきます。

頭や顔を巻くときにはトイレットペーパーを投げつけたりしないように注意しておきましょう

ハロウィンパーティー用の楽しいゲームはこちらへ。ハロウィン・ファン





Tell Me a Scary Story but Not Too Scary...Book & CD 版



赤い光線を目から放ちながら、何者かが地下室の階段を下りてくる。ほら、だんだん近づいてくる。首の後ろがぞわっとする。そして、僕は見た。その生き物を!――誰だって恐い話は好きなもの。男の子がミステリアスな隣家のことを語るこのお話で読者を震え上がらせるのは、数々の受賞歴があるコメディ作家/映画監督のカール・ライナーだ。



アメリカアマゾンでの評価★★★★

私はこの本をクラスで使いました。子供たちは大喜びでした。はじめにお話を聞き、大笑いしました。みんなは話が盛り上がって読み手が怖いかい?と聞き続けると、CDに向かって返事をしていました。本当に面白くて、最後が待ちきれないようでした。これは、お化けや目に見えないものに触れる最初の本としては、すばらしいお話です。 Carl Reiner に拍手です。

言語習得は胎内から  
Posted by lisa5819 at 16:22Comments(1)TrackBack(0)ハロウィン