こんにちは。
Lttle 秋山くんです。

さて、みなさま週末はいかがお過ごしでしょうか。
僕は朝からGYM→皇居ラン→日焼け(皇居前の公園にて)

で、このブログを書いています。
そう、日焼けしてて思ったんです。。
よく「日焼けしてるね?日サロ?」と言われます。
で、だいたい日焼けサロンと答えると、

「気持ち悪い」とか「チャラい」とバカにされます笑

なので、少し日焼けサロンに通っていることが恥ずかしかったのですが、
肌の色を演出することも自身のファッションであり、ブランディングなので日サロで
綺麗にタンニング(日焼け)をすることは非常に大切だと思うようになりました。

そう、最近ではハッキリとキッパリと、
「良い感じに綺麗にタンニングしに日焼けサロンに行ってるよ!」
と、返答すると相手は「へえ~」で納得されますw

ま、もちろん皮膚ガンの恐れもあるので無理にはススメませんがねww

さて、あの秋山成勲さんもマメにタンニングに通われているようです。
image

なので、本日は綺麗に肌を焼く方法を紹介致します。

まずは、どういう方法で肌をタンニング(日焼け)するかです。

1、日焼けサロン
2、GYM内のタンニングマシン
3、屋外

1、の日焼けサロンに関しては、肌がまっちろい方から、日焼け上級者まで満足行くタンニングが
行えます。有料ですが、効率的に、かつ安全にタンニングが行えます。
僕は2週間に一度は日焼けサロンにお世話になっています。

なぜ、サロンがいいかと言うと、
・スピーディー→効率的
・肌に優しい→最新マシンは肌へ有害な紫外線をカットしているそう
・肌の状態に合わせてマシン(強さ)が選べる
・裸で焼けるので、全身まんべんなく焼ける

タンニング初心者はまずは日焼けサロンに行ってみてください。
良いお店は店員さんがアドバイスをくれます。

僕もそうだったのですが、日焼けサロンがいくら良いと言っても、肌が真っ白い方がいきなり長時間やったり、
いきなり強いマシンでタンニングしても赤くなって皮がむけますw
肌が真っ白い方は、
まずは弱いマシンで短めの時間から始めて、2日置きほどで通われることをオススメします。
で、徐々に肌に色が定着し始めたら、
一週間に一度のペースで、強めのマシンで長時間タンニングしましょう。
約1か月ほどで海に行っても赤くならない強くて、綺麗な肌になります。

料金は様々です。
お得な回数券があるところもあります。
ネットで調べて、あまりにも安いところはマシンが古い場合や、マシンの蛍光灯がマメに交換されておらず、
満足のいくタンニングができない場合もあるので注意です。


さて、次に2のGYM内にあるタンニングマシンです。
これに関しては、便利であるってことですね。
GYMで筋トレして、タンニングして、お風呂に入るという流れで利用できるので楽です。
僕も時間のないときはたまに使用します。

GYMによって
ベッドタイプとスタンディングタイプに別れます。
これは日焼けサロンでも同様ですが、

ベッドタイプは寝ているだけなので非常に楽ですが、脇の日焼けムラや、
お尻、背中が密着している為、ムラが出る場合があります。

スタンディングタイプは全身綺麗に焼けますが、立ってるのが大変ですw

僕は基本はスタンディングで焼いています。
自然に綺麗に焼けるからです。
マシン内にiphoneを持ち込んで、音楽を聴きながら30分耐えています。


最後に3の屋外ですが、

これ、意外とやってる人多いですね。
海に近い人なんかはビーチベッドで焼いてますよね。
ちなみに僕は、皇居前の芝生に寝っ転がって焼くこともしばしばw

なんたって、無料ですから!笑
これにつきます!
ただ、直接太陽光を浴びるのは肌に刺激が強いので、必ず日焼け用の化粧水を
持参してください。コパトーンとかでいいですから。
屋外の場合はマシンと違って非効率なので、長時間行わないと効果がないので
日焼け中の水分補給等は忘れずに行ってくださいね。
熱中症にはご用心を。
日焼け初心者はやめておいたほうがいいですね。


ざっと、タンニング(日焼け)について語ってきましたが、
僕は真っ黒まではいかず、いいところでの肌の黒さを保つように心掛けています。
あくまで、服の似合う色みです。
これをキープすることが僕のブランディングであり、ファッションです。

小秋山くんもを目指している方も、是非、挑戦してみてください。





にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村