コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        

2018/07/20

Orange Krush Action Prep Street Records
Orange Krush / Action
12inch Single


ヒップホップ目線なアーリー80's の古典ファンク曲に Orange Krush / Action なんてのがあります。UBB にも収録され、ブレイクビーツ、サンプリングソースとして昔から有名かつド定番。オールドスクール期のこの類としては一家に一枚レベルという個人認識でしょうか。1982年リリースの下のマーキュリーレーベルの盤が多く流通して自分も長年こちらを所有してますが、もともとは写真上の Prep Street Records という Russell Simmons の初期 Rush マネジメント系の自主レーベル?からリリースした盤がファーストプレスで、すぐにマーキュリーとライセンスを結んでそのラベルの盤が広く流通することになったというものなのでしょう。ちなみにレコ屋では両方オリジナルとして扱われます。

Orange Krush Action Mercury

収録内容は両盤とも同内容で、A面 Elai Tubo がミックスした Radio Version、B面 John "Jellybean" Benitez がミックスした Disco Version。耳なじんだ古典曲というのもあるのでしょう、曲が流れると背筋がピンとなるファンキーな演奏で音質もいいんだけど、録音のクオリティーも両者ともほぼ一緒。

Orange Krush は古典ヒップホップ好きにはおなじみのグループだけど作品はこれ一枚。メンバーは NY のスタジオミュージシャン Larry Smith (bass)、Trevor Gale (drums)、David Reeves = Davy DMX (guitar / turntables)。 Russell Simmons が Def Jam レーベルを立ち上げる以前の初期 Rush 系アーティストの作品は彼らが制作や演奏にかかわっているものが多く、大きいところでは Run DMC、Kurtis Blow などなど。個別に Whodini、Fatboys などの作品の制作にも関わり Davy DMX は個人名義のシングルやアルバムもリリースします。なおボーカルを担当するのは High Fashion でのリードやスタジオシンガーの仕事をこなし、後に Def Jam からアルバムデビューする Alyson Williams。いよいよヒップホップ界隈が騒がしくなる頃というので各自プロデュース業などの仕事が忙しくなり Orange Krush という名前のバンドは自然消滅となったのでしょうか、その後も各自プロデューサー、ライター、ミュージシャンなどシーンの裏方として活動します。

Orange Krush / Action

(20:00)

2018/07/17

Social Lovers Enjoy The Ride 2015
Social Lovers
アルバム Enjoy The Ride


LAのシンセポップ・ディスコ・ユニット Social Lovers の2015年のアルバム。まもなく再発されるらしいとお客さんから聞いてこのグループのことを思い出しましたが、今でも評価が高いということなのかもしれません。当時新譜でリリースされるもプレス枚数も少なく気が付いた時には売り切れで買えずじまいだったのでした。再発もリリースされるようですがたまたま中古で安く売っていたので買ってみることに。
当時試聴して気に入ったということはかすかに記憶にありますが、3年前というとつい最近なんだけど新譜でいうと少し前の空気か、この間にも似たようなテイストのシンセポップ・ディスコの新譜は多くリリースされ追っかけるのも大変でどんどん頭の中が上書きされていく状態でしょうか。まだ2015年の当時は新鮮に聴こえたんだろうなという感もあるのかなあ、なんて書くとネガティヴぽく響くけど、たしかに曲によって音もつくりもいいし、ボトムの鳴りと上モノの臨場感の広がりが気持ちよくって頭一つ二つ抜け出していますが、グルーヴと雰囲気重視のこの類の音楽にまだ飽きてなかった2015年に聴けばなおよかったのかもという思いもよぎります。
リリース元はシカゴの Cherries Records で、ここは2012年ころからモダンファンクなんかのシングルをいくつかリリースして面白いのも多く、レーベルロゴの音符マークも印象に残っているけど最近見ないなと思っていたら2015年で休止しているような雰囲気。
ちなみに5曲目に収録されている Lover's Theme という曲のシンセのあるフレーズが、同じく LA のシンセブギー・アーティスト Liquid Pegasus 2015年の EP でサンプリング使用されてるのではなどというマニアックな発見もあり、アングラレベルの偏ったジャンルとはいえ2015年の空気が詰まった楽しい作品。

Social Lovers / Enjoy The Ride

(20:00)

2018/07/14

Ghost Notes Music Of The Unplayed
Brian Cross (aka B+) / Ghost Notes Music Of The Unplayed

ここ4、5年は外国人のお客さんの姿が目立つというのはいつも書いていますが、街全体がそうなので特別なことではないのでしょう。観光客だけというわけではなく日本で仕事してる外国人だったり留学生のお客さんもかなり多い印象。欧米豪がほとんどだけど、人種、国籍、肌の色はバラバラで、そういう人たちに囲まれた環境でレコードを流すというのはもはや日常、時代はどんどん進んでいるのであります。
色んな人が色んな土地からやってくるといっても趣味性が偏ったニッチな営業形態な店なので人気にはならないけど、音楽の面白い人たちと会える機会は多いので楽しいですね。先日もLAから来た大柄なおっちゃんから気に入られ Ghost Notes Music Of The Unplayed というタイトルの写真集をいただくことに。君の名前はなんて言うんだと尋ねられ、バッグから取り出したその写真集にサインをして自分の作品集だと手渡されたんだけど、この人はヒップホップのジャケなんかを撮影してるフォトグラファー Brian Cross (aka B+)だったというもの。彼の名前は知らなくても90年代から現在までのヒップホップ関連のレコード収集してる方なら彼の撮った写真が掲載されたレコードは何枚か所有してるんではないのかなあと。名前をあげたらきりがないけど例えば、Eazy-E、Masta Ace Incorporated、Pharcyde、Ras Kass、Xzibit、DJ Shadow、O.C.、Ozomatli、Q-Tip、Company Flow、Blackalicious、Mos Def、Madlib、Jurassic 5 といったクラシック作品から Flying Lotus、Thundercat、最近リリースされた Kamasi Washington の最新作といった近年のものまで幅広く手掛けている。個人的にも彼の写真のレコードはいっぱい持っていて90年代~ゼロ年代初期の作品なんかは思い出もいっぱい詰まっていて今はあまり触らないけれど、ジャケを見るとジーンと胸が熱くなる作品が多いわけで、それを手掛けた人に会えるというのも不思議なものであるけれど、いわゆるヒップホップシーンを裏側で支えたクリエーターたちに店で偶然に出会う機会というのはたまにあって、オタク的には店でアーティストに直接会うのとはまた違ったドキドキがある。写真集は西海岸界隈が多いけど90年代の写真が多く掲載され、色んなラッパーをはじめレコード屋だとか街の風景が写って、パラパラとめくるたびに当時の生々しい匂いが漂うというもので、それらを眺めているとなんとなくヒップホップカルチャーに里帰りした気分になるのでありました。時が流れるのは早いですねえ。

book


(20:00)

2018/07/11

Joseph Papp Presents Runaways 1978
Revenge Song - Enterprise
アルバム Joseph Papp Presents Runaways に収録


1978年にコロンビア系の Columbia Masterworks からリリースされた NY のミュージカルのサントラ盤。ストリートでの家出少年少女たちを描いたミュージカルもののようですが?このサントラにはラップの楽曲として最古にレコードに録音されたとされる Revenge Song / Enterprise というのが収録されています。

ラップのレコードで最古の作品はなにかと問われると Gil Scott-Heron、Last Poets みたいなポエトリー・リーディング系の扱いはどうなるんだとかもあるけどその辺は置いといて、一般的には1979年の Fatback の King Tim III (Personality Jock) が最初にリリースされたラップレコードであると、ヒップホップの歴史教科書などでは紹介され世間での認識もそれが一般的でしょうか。こちらは NY ファンク系の有名ダンスバンドが街角でラップとやらの言葉遊びが流行っているようなので遊びでそんな曲でもやってみるかと、Tim Washington というラップができる MC をフューチャーしてシングルの裏面に収録したらウケが良くラジオでもオンエアーされ評判になったというもの。次にラップグループとして最古にレコードを作ったアーティスト、楽曲となると、同年1979年の Sugarhill Gang / Rapper's Delight が教科書では紹介されます。 当時としては新種のジャンルだったラップのレコードもちゃんとラジオで流してもらえ、もしかするとラップは今後ビジネスになるに違いないと見込んだ Sugar Hill Records のオーナー Sylvia Robinson が街の若者3人をスカウトしてラップグループに仕立て企画もの的にリリースしたととでもいえばいいのかな、このシングルは大成功をおさめることに。両曲ともリアルな NY のストリートの現場上がりのラップアーティストたちによって制作されたわけではないにしても、ラップがちゃんとビジネスとして成り立つことを証明したという意味は大きく、それによって Grand Master Flash とその仲間たちをはじめリアルな NY のストリートの現場にいたラップアーティストもレコードをリリースしやすくなったのでした。1979年にはインディーレーベルからラップレコードがいろいろ出回りますが、Kurtis Blow みたいにメジャーの Mercury と契約したアーティストもいました。街角で行われていた言葉遊びともいえるラップが音楽ビジネスとして一気に形になるのが1979年のこと。

さて今回のレコードに収録された Revenge Song / Enterprise はそれより一年前の1978年にリリースされています。ドラムとパーカッションの単調ではあるけれど生々しいブレイクビーツの上を女の子がラップするというものだけど見事に形になっていて、NYのストリートで当時行われていたヒップホップの空気は先ほど挙げた2曲よりも個人的に感じます。先ほどの2曲はどちらかというとディスコよりのバックトラックに乗せてラップを乗っけるというもので、もちろんそれも当時のラップカルチャーを反映しているとはいえ、ステージ上でのエンタメ的なパーティ感が強いかなと。 Revenge Song / Enterprise のほうはブレイクビーツに乗っけてラップするという本来のヒップホップ現場感覚のルーツがより濃厚と感じるためかもしれません。2分ちょっとの短いトラックですが当時流行していた言葉遊びからは街角の日常の空気が切り取られているのを感じます。役者の中にもともと街角でラップしていた人がいたのか、この曲のために役者がラップの特訓をして技術を習得したのか、誰がラップしてるのかは不明ですが、ヒップホップ黎明期の資料としては面白いです。

Revenge Song - Enterprise

(20:00)

2018/07/08

Stylistics In Fashion 1978
Stylistics / You're The Best Thing In My Life
アルバム In Fashion に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナーということで、今回はコロンビア産のラムから、ディクタドール・インソレント XO をピックアップ。

ワールドカップ初戦で日本が対戦した国というのでコロンビアは記憶に新しいですが、とりあえず地図で位置を確認しておきましょう。

Colombia

コロンビア産のラムというとそんなにたくさんの銘柄が日本に輸入されてきているような雰囲気は感じませんがどれくらいの蒸留所があるのか気になるところ。こちらのディクタドールというブランドは数年前から日本でも安定的に市場に出回り、手ごろな価格帯のものから高級品までラインナップもそれなりの数。以前からお店では20年熟成品というのを提供していますが、今回はさらに高級品のインソレント XO を取り上げてみましょう。

Dictador Insolent XO

もともとディクタドールを知るきっかけとなったのは知人の店でこちらのインソレント XO を口にしたからだけど、価格が10000円以上と高級なのもあってランクを下げて20年ものをずっと扱っていたのでしたが、そちらでも十分においしいのであります。ディクタドールの生産は、コロンビアで最古の蒸留所の一つであり、かつ数少ない大資本に属さない独立した一族経営の蒸留所で行われているのだとか。一番搾り汁だけを濃縮したサトウキビを使用して、最高品質のリフィルバーボンバレルを用いソレラシステムにて長期間熟成(約25〜30年)させたのがインソレント XO。20年ものでも口当たりはとてもスムースでしたが、さらにアルコール臭は全く感じられないくらいの滑らかさで感動します。カラメル、チョコ、バニラといったラム特有のハーモニーも20年ものよりさらに際立ちますが、粘着度は控えめで後味がごたつかずにきれいにフェードアウトする様は20年ものでも見られた感覚で、飲み比べをして全体的なスケールアップ感を楽しむのもよいでしょう。
ちなみにディクタドールの日本語訳は独裁者、インソレントの日本語訳は、横柄な、無礼な、生意気な、というイメージの良くない意味になるようですが、ここではどのように解釈すればいいのか気になるところ。

Stylistics / You're The Best Thing In My Life

(20:00)

2018/07/05

Ronnie Jones Games 1980
Ronnie Jones / Video Games
アルバム Games に収録


アメリカ出身だけどヨーロッパで活動したアーティストというのがたくさんいるけど、Ronnie Jones もその一人。作風がポップだからかレコ堀的にはそんなに注目される人ではありませんが、近年はカナダ盤のシングルの裏面に収録された You And I という1982年のトラックがブギー筋から人気となり再発もされることに。軍人としてイギリスに派遣されそのまま住み着いて音楽家に転身、その後ベースをイタリアに移してテレビやラジオでの仕事もこなしたのだとか。
60年代中盤からシングルをリリースして、1976年にドイツの Lollipop Records からアルバムデビューとなりこのレーベルから1980年までにアルバムを4枚リリースしている。Lollipop Records はドイツ人ディスコプロデューサーの Jurgen S. Korduletsch が関与したレーベルで、彼が手掛けたレーベルメイト Claudja Barry はワールドワイドに成功、Ronnie Jones は男版 Claudja Barry みたいな位置づけなのかも。
取りあげたのは Lollipop Records からの最終アルバム1980年作。時代性を反映しながらのポップなダンス曲がずらりと並ぶというもので、冒頭の Video Games というエレクトロ曲がそこそこヒットしたのか1982年に US の Handshake レーベルからもシングルとしてリリースされることに。ビデオゲームの流行の初動に刺激を受けたダンス曲というのがこの時代いくつも生まれますがこちらもその一つで、ピコピコなビートに乗っけて効果音をちりばめゲームの興奮を音楽に変えていかに伝えるかにこだわった楽曲で、今の時代感覚的には普通に聴いたらダサいと言われそうだけど憎めない面白さが感じられます。ちなみに Daft Punk が Technologic でこの曲を引用しているあたりはさすが。他にはおなじみの Chic 風のバックトラックの上でラップするナンバーだとか、マイアミディスコぽいナンバーだとか、苦笑いできる方向きな作品。

Ronnie Jones / Video Games



(20:00)

2018/07/02

Curtis & Dondi Magic From Your Love
Curtis & Dondi / Magic From Your Love
7inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで79枚目にいってみましょう。

半年ほど前に再発がリリースされ知ることになったキッズ兄弟ものの7インチシングル。なかなかのレア盤のようで、オリジナルはジャケが付いてませんが再発盤は下のような当時の貴重な写真をあしらったジャケが付属します。シカゴで活動して、シルヴァーズやバリー・ホワイト、B.B.キングのショーなどでオープニング・アクトを行った経歴もあるとのことで、地元のちょっとしたちびっこスター的な存在だったのかもしれません。それにより自主制作みたいな感じでレコードを作って近所で小数枚流通したのでしょう。リリースはこれ一枚だけのようで、年代の記載はありませんが80年代前半位とのこと。曲調もキャッチーながらマイケルを意識したボーカルスタイルもはじけっぷり満載で、ダンスクラシックのお楽しみ要素が凝縮された面白ローカルブギー。

Curtis & Dondi Magic From Your Love Re


Curtis & Dondi / Magic From Your Love

(20:00)