コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :Rhum J.M Calvados Finish

2016年01月20日

Jimmy Sabater  ‎– Gusto 1980 Fania
Jimmy Sabater / Mind Blowing Decision
アルバム Gusto に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。
今回はフランスの海外県マルティニーク島のラムの中から J.M のカルバドスフィニッシュをピックアップしてみましょう。

M Calvados Finish

J.M というのは個人的にかなり好きなブランド。現在は00年代前半のビンテージが市場に流通しているけど、自分のお店では90年代のビンテージをいまだに扱っている。おそらくはもうすぐ飲めなくなるのはしょうがないよなあなんていつも考えるんだけど、この J.M にごく最近新しい仲間が3種類加わったという嬉しいニュースが。
いわゆるフィニッシュものの類で、熟成の最後に同じフランスのカルバドス、コニャック、アルマニャックのそれぞれのブランデーの空き樽に移し替えて仕上げた3種類。J.M に各ブランデーのフレーバーが加味され絶妙なマリアージュを楽しめるというもので、カルバドスフィニッシュはグラスに注ぐとふあっとりんごの香りが立ち込め幸せな気分になります。度数は通常のビンテージものに比べ40〜41度と低いのでアタックの強さやスパイシーさはそれらよりは控えめ。流通してるのは通常の700ml と違い500ml 仕様のカワイイ小瓶サイズで、それぞれ580本、800本、460本ということであります。ユニークなスタイルのマルティニーク産ラムとなりますのでその方面のファンの方は要チェックであります。

Jimmy Sabater / Mind Blowing Decision

(21:00)

トラックバックURL