コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :Generous Gin

2017/11/03

The Blue Notes The Truth Has Come To Light 1977
The Blue Notes / Here I Am
アルバム The Truth Has Come To Light に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はプレミアム・ジンから Generous Gin という銘柄をピック・アップ。

世界的にクラフト・ジンが流行のようで、日本でも昨年あたりからじわりじわりとその波が押し寄せ、各インポーターは以前にもまして世界中からマニアックなジンを探して輸入してきており、ジンを専門に扱う酒場の新規オープンもまだまだ少ないとはいえ目立ち始めてます。また国内でも日本発のプレミアムジンの開発も勢いづいて、サントリーやニッカといった大手も参入してきました。

近年のジンの話題の中心となっているいわゆるクラフトジンなんだけど、簡単に言うと大手メーカーの主力銘柄の大量生産系の定番ジンなどとは異なり、規模の小さな作り手が手がけるこだわりと独創性を持った製法の少量生産品で、クラフトビールのジン版みたいなものと置き換えると何となく理解しやすいかな。どこにこだわるかは、おもに香りつけに使うボタニカル(香りのもととなるスパイスや果皮、ハーブ類)に力を入れる作り手が多く、ほかには通常はトウモロコシや大麦、ライ麦を原料に作られるベーススピリッツをグレープやリンゴ原料のものに変えたりと。ボトルの形状もユニークで目を引く銘柄が多いですね、今の時代的にはインスタやSNS効果を狙ってというのもあるのでしょう。

Generous Gin

ジェネラス ジンはフランス産のプレミアム銘柄で、ボトルは香水を連想させるような個性的デザイン。口にふくむと柑橘系とフローラルが華やかに舞い爽やかに抜けて余韻も長め。フレッシュかつエレガントな味わいですが、ジンらしいスパイシーさも兼ね備え、大人の女性を連想させる銘柄です。クラフトジンは口当たりの良い初心者の方にもなじみやすい銘柄も多いのでぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

The Blue Notes / Here I Am

(20:00)