コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :Dunn Pearson Jr 関連の作品 59

2020/02/05

Los Nombres  Numero
Los Nombres / Loving You
アルバム Los Nombres に収録


4年ほど放置となっていた Dunn Pearson Jr 関連作品をピックアップするコーナー。
Dunn Pearson Jr って誰やねんということですが、本人自身も自己名義やユニットを組んで作品をリリースしてますが、他にはキーボディスト、ソングライター、プロデューサー、アレンジャーなど裏方として、ローカルプレスのドマイナー盤からそこそこ名盤といわれるメジャー作品まで制作のお手伝いした音楽家であります。70年代前半までさかのぼると、もともとは地元のオハイオのクリーヴランドで他アーティストの録音のバックの演奏をサポートしながら、Shades of Soul〜9th Street Exit といった自身のバンドを率いてドマイナーなシングルをリリース。Lou Ragland や O'jays 周辺の地元の小さなレーベルのシングル曲のプロデュースやアレンジを手掛けたりもしながら音楽制作の勉強をコツコツ積み重ねていました。70年代後半になると O'jays 周辺スタッフから声がかかりいよいよ地元クリーヴランドから抜け出して N.Y. に進出、メジャーレーベルの作品に参加します。特に Mtume 周辺の人脈との交流作品は多く、彼らのプロデュース曲のいくつかで技の効いた職人芸を披露。自身のユニット Dunn & Bruce Street の作品をはじめモダンファンクやコンテンポラリーな名曲を数多く残します。90年代に入ってからも D'Angelo や Mary J といったビッグネームの作品で彼の名前を見ることができます。知名度のあるミュージシャンとはとても言えませんが、こういった小さな裏方ミュージシャンのルーツをたどりながらシーンがどのように移り変わっていくのかを眺めるのも面白いと言えます。

今回取り上げるのは70年代前半?にオハイオのクリーヴランドで録音されたドマイナーなプエルトリカンのラテンソウルファンクバンドの作品。これに Dunn Pearson Jr がアレンジで関わっているらしいというのは、オリジナル盤のラベル Side 2 の面に Arrenged By Dunne Pearson と記載されているからだけど、自分が所有してるのは Numero が2012年に編集して再発した盤で、ライナーみたいなのを読んでも Dunn Pearson Jr に関することは何も書かれておりませんでした。Lou Ragland 絡みで録音した曲があるのでその辺りでお手伝いすることになったんだろうなということでキャリアでいうと最も初めの頃の作品ということになります。

Los Nombres / Loving You

(20:00)