コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :Panda Organic Gin

2020/03/15

The Stylistics  Closer Than Close 1981 TSOP
The Stylistics / Mine All Mine
アルバム Closer Than Close に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はベルギー産のクラフトジンからパンダ オーガニック ジンをピック・アップ。

世界で初めてベーススピリッツにライチを使用したジンというので、以前からずっと気になっていたのが今回の一本。ラベルに描かれたパンダのイラストもなんだか不気味なんだけど怖いもの見たさもあって興味がそそられました。

通常ジンは穀類由来の蒸留酒をベースに造られる銘柄が多いのでライチがベーススピリッツというとかなり個性的といえるかもしれません。とはいえ店で扱っているクラフトジンを見ても、リンゴ原料の Le Gin Christian Drouin だったり、ブドウ原料の g' VINE floraison や Nordes Atlantic Galician、またおなじみの京都産ドライジン季の美みたいに米から作ったものもあります。クラフトジンとはこのようにベーススピリッツに何を使用するかも含め作り手の表現の自由度が高いお酒であります。

Panda Organic Gin

パンダ オーガニック ジンの香り付けのボタニカルにはジュニパー、チェリー、バジル、オレンジピール、ローズマリーなどを使用、これらの素材は全てオーガニックとのこと。
グラスに注ぐと甘いフルーツの香りがふわっと立ち上がり、エキゾティックな気分に。口に含むとライチやチェリーがクリーミーに広がり、なるほどかなり個性的な味わいだと感じます。ノルディスやブロックマンズといったフルーティーなジンを好まれる方にお勧めのキャラの濃い一本です。

The Stylistics / Mine All Mine

(20:00)