コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :最近買ったレコード

2020/10/16

Rock Force 1989 Joey Boy Records
Rock Force / L.O.V.E.
アルバム Rock Force に収録


先日閉店したレコファン渋谷 BEAM 店でディグった一枚。閉店セール開催中でしたが商品が減ってるような印象はなくいまだ売り場には何十万枚も音楽ソフトが展示されてました。だけど在庫量のわりに欲しいと思うような商品が見つけられなかったのはレコファンならではといったところか、お店を責めるつもりもありませんで、まだまだ自分の知識のなさ故といったところ。
そんな中いかにもレコファンらしい一枚を最後にゲット。レジで何十年も親しんだ飾りっ気のないショッピングバックに入れてもらい、店を後にする際はエレベーターホールから振り返ってフロア全体を見渡し最後のお別れ、数々の思い出を巡らせながらいつものようにセンター街を抜けてとぼとぼ帰っていくのでありました。

レコファンはなんだかよくわからないビミョーなレコードが買える場所という認識もありましたが、今回もまさにその通り。マイアミの Joey Boy Records から1989年にリリースされたオールドスクール・エレクトロのドマイナーなアルバム。他の店では買わないであろう商品を買う気にさせてしまうのがレコファンの空気だったりする。Joey Boy Records は土地柄もあるのか80年代後半はエレクトロやベース系のサウンドを得意としていたレーベルの印象だけど、古典エレクトロやヒップホップ系が好きな方でもこの辺をチェックする方は皆無ではないかと思えるドマイナー感覚が漂っている。

Joey Boy Records からリリースされた12インチシングルのいくつかのタイトルはごくたまにレコ屋で見かけたりもしますが、ごみ扱いされてるような雰囲気でしょうか、しかしながらこのレーベルの LP 盤を見かけることはあまりなく、個人的にも Joey Boy Records からリリースされた LP というのは今まで一枚も買ったことがないような気もする。しかも今回買った Rock Force というグループは名前も聞いたことがないしレコードで見るのも初めてかもしれない。ジャケ写も自分好みなので迷わずキープしたのだけど、レコファン以外のレコ屋だったらパスしてたかもしれない。

中身はノリの良い当時らしいフリースタイルダンス系エレクトロ曲が多くを占めますが、両面冒頭の2曲はいい感じのブラコンバラードとなっている。もともとは普通のボーカルグループ的なスタイルの曲を歌っていたのだけどアルバムリリースに際してプロデューサー主導でフリースタイルダンス系エレクトロで売り出されたのかもなんて思えてくる。
購入価格は1000円ちょいでしたが、discogs を見ると LP は7000円以上で出品され、取引実績の履歴を見るとそれなりの価格帯となっている。ニッチすぎるジャンルのドマイナー盤とはいえ、この種のサウンドが好きな方にはたまらないコレクターズアイテム的存在なのかもしれません。

Rock Force / L.O.V.E.

Rock Force / I Can't Hide


(19:00)