コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :ボーカルグループ

ボーカルグループ

2017/12/15

The Jackson 5 Moving Violation 1975
Jackson 5 / All I Do Is Think Of You
アルバム Moving Violation に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回は日本のプレミアム・ジンから KI NO BI Kyoto Dry Gin 季の美 京都ドライジンという銘柄をピック・アップ。

クラフトジンの世界的な盛り上がりは日本にも影響を及ぼしジン専門に扱う京都蒸留所が立ち上げられ、昨年リリースされて話題になった国産プレミアムジンが季の美。
特徴は檜、柚子、緑茶、山椒など和を感じるボタニカルを使用しているのと、米から造るライススピリッツがベースになっている点。ジュニパーベリーの効いたロンドンドライスタイルを尊重しながら日本でなじみ深い原料のボタニカルやベーススピリッツ使用して細部まで「和」のエッセンスを加えた英国と京都の伝統を融合させたユニークなジンであります。この銘柄の反響からかサントリーやニッカといった大手もプレミアムジンを今年になって発表、小さいメーカーからもぽつぽつとリリースされ日本でもこのジャンルがにわかに活気づいてきている状況であり、季の美がジャパニーズスピリッツの新たな歴史に一石を投じた感もあります。
メーカーのテイスティングコメントは、 京都の山々の神聖な空気のような透明感。瑞々しい柚子のアロマ、そして山椒が竹林に漂う霧のように降り注ぎます。ジュニパーが和のフレーバーにうまく溶け込みフィニッシュにかけてジンジャーのスパイスが顔を出します。 となっており、まさにそういった味わい。昨年から今年にかけて話題になった世界標準のメイドインジャパン銘柄ですのでまだ試されてない方はぜひ。

KI NO BI

Jackson 5 / All I Do Is Think Of You


(20:00)

2017/11/03

The Blue Notes The Truth Has Come To Light 1977
The Blue Notes / Here I Am
アルバム The Truth Has Come To Light に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はプレミアム・ジンから Generous Gin という銘柄をピック・アップ。

世界的にクラフト・ジンが流行のようで、日本でも昨年あたりからじわりじわりとその波が押し寄せ、各インポーターは以前にもまして世界中からマニアックなジンを探して輸入してきており、ジンを専門に扱う酒場の新規オープンもまだまだ少ないとはいえ目立ち始めてます。また国内でも日本発のプレミアムジンの開発も勢いづいて、サントリーやニッカといった大手も参入してきました。

近年のジンの話題の中心となっているいわゆるクラフトジンなんだけど、簡単に言うと大手メーカーの主力銘柄の大量生産系の定番ジンなどとは異なり、規模の小さな作り手が手がけるこだわりと独創性を持った製法の少量生産品で、クラフトビールのジン版みたいなものと置き換えると何となく理解しやすいかな。どこにこだわるかは、おもに香りつけに使うボタニカル(香りのもととなるスパイスや果皮、ハーブ類)に力を入れる作り手が多く、ほかには通常はトウモロコシや大麦、ライ麦を原料に作られるベーススピリッツをグレープやリンゴ原料のものに変えたりと。ボトルの形状もユニークで目を引く銘柄が多いですね、今の時代的にはインスタやSNS効果を狙ってというのもあるのでしょう。

Generous Gin

ジェネラス ジンはフランス産のプレミアム銘柄で、ボトルは香水を連想させるような個性的デザイン。口にふくむと柑橘系とフローラルが華やかに舞い爽やかに抜けて余韻も長め。フレッシュかつエレガントな味わいですが、ジンらしいスパイシーさも兼ね備え、大人の女性を連想させる銘柄です。クラフトジンは口当たりの良い初心者の方にもなじみやすい銘柄も多いのでぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

The Blue Notes / Here I Am

(20:00)

2017/10/10

High Inergy Turnin' On 1977
High Inergy / You Can't Turn Me Off (In The Middle Of Turning Me On)
アルバム Turnin' On に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回は新しく仲間に加わったガイアナ産ラムをピックアップ。

guyana

南米ガイアナはラムのファンには名産地ということで、こういう仕事をしていると馴染みがある国ですが、普通の人からすると全く接点がなさそうなので、いつものように地図で位置を確認してみましょう。南アメリカ北東部に位置するイギリス連邦加盟国で、南アメリカで三番目に小さい国。南アメリカで唯一英語が公用語の国で、ラテンアメリカよりも英語圏のカリブ海諸国と文化的に近いようです。サトウキビの栽培が盛んで、砂糖は輸出額の28%を占め、なので当然ラムの生産も主要産業となっています。デメララ川流域で生産されるラムはデメララ・ラムと呼ばれ、この文字がラベルに表記されたラムはガイアナ産のものです。

今回取り上げるのはスキッパーという初めて聞く名前のもので、値段が3000円弱と手ごろなので試しに買ってみたのですが、日本には少数本しか入荷しなかったのでしょうか、すぐに市場から消えてしまった感があります。(高い値段ではまだ買えます)
1930年に発売された当時のラベルをそのまま踏襲する伝統のブランドということで瓶を眺めているだけでも楽しい気分になります。中身はダイヤモンド蒸留所で蒸留されたタイプの異なる7つの原酒をブレンドしたもの。口当たりはまろやかですが、すぐにガイアナ産らしい焦げ感が口中に広がります。最近はガイアナ産というとボトラーズのものとか熟成感のある高級品ばかりを口にしてましたので、なんとなくガイアナ産の真っ黒なラムとはそもそもこういうものなんだよなあというのを思い出したりしてゾクゾクするのでありました。

Skipper Demerara Rum

High Inergy / You Can't Turn Me Off (In The Middle Of Turning Me On)

(20:00)

2017/09/22

The Dynamic Superiors The Dynamic Superiors 1985
The Dynamic Superiors / Shoe Shoe Shine
アルバム The Dynamic Superiors に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回は新しく仲間に加わったトリニダード産ラムをピックアップ。

まずはトリニダードの位置を地図で確認をしておきましょう。カリブ海の小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島とトバゴ島の二島と属領からなる共和制国家で、南米ベネズエラの海岸から15kmの沖合いに位置しています。イギリス連邦加盟国で、独立したのは1962年。西インド諸島で唯一、豊かな石油と天然ガスの資源があり、これらが経済の中心になっています。人種はアフリカ系が4割、インド系移民が4割。カリプソやソカといったジャンルだとか、スティールパン(スティールドラム)の発明など、音楽的にも面白い国といえるでしょう。

Trinidad Map

今回のトリニダード産のラムはスコッチのボトラーズとして人気のイタリアのサマローリ社がリリースした商品。このボトラーズはうまいラムの送り手としてもファンにはよく知られるところだけど、いろんな国の蒸留所からラムを買い付け、自社に持ち帰って熟成させ、ピークに達した樽をボトリングして毎年リリースしています。クオリティーも高く、ラベルデザインにも心惹かれ、出回る本数が少なくコレクタブル性は高いんだけどお値段もそれなりなので指をくわえてみて見ぬふりをする場合もあるのですよね。レア盤のレコードと一緒な魅力とでもいえばわかりやすいかな。今回取り上げたのはカリブ海の最南端に位置するトリニダードから1999年の厳選した樽のラムを買い付け、スコットランドに運んで熟成させ、2016年に瓶詰したシングルカスクのボトル。

Samaroli Trinidad Rum 1999


Dynamic Superiors / Shoe Shoe Shine

(20:00)

2017/08/02

Perfect Gentlemen Rated PG 1990
Perfect Gentlemen / Ooh La La (I Can't Get Over You)
アルバム Rated PG に収録


さてと今回も100円レコードの残骸から何か拾えるものがあるのか見にいくことに。よく行くレコ屋の100円レコードの集合体を二つに分けて考えると、一つは買取の段階でまともな値段がつけられない盤をただ同然でまとめて引き取ってすべて100円で放出するケース。もう一つははじめは800円とか500円といったまともな値段で新入荷扱いとして店頭に並ぶんだけど、人気がなく数か月後に値下げされるもののそれでも売れなくて、もうしょうがないから100円の値札を貼られてそのコーナーに移動されるケース。後者の場合お店は買い取り価格を下回った値段で手放すことになると思いますが、どっちのケースにしろ買う側からすると100円には変わらないわけですが、100円になったからと言って誰かが買うとは限らないわけで。
今回の盤ももしかすると入荷した数か月前は800円くらいで売られていたんじゃないのかなあと推測されますね。1990年のR&Bキッズ・ボーカル・グループ、Perfect Gentlemen のファーストアルバム。当時はCDでのリリースがメインの時代ということでアナログ盤はオランダのCBS盤しかプレスされてないのでアナログの流通量はかなり少なく、新譜扱いで日本には入ってこなかったような記憶があります。なのでまあまあレアなんだけど。ジャンル的にも今どきこちらのタイトルをアナログLPを探して買おうなんて人はいないようにも思うんですよね。
New Edition や NKOTB を成功に導いた Maurice Starr が手掛けた第三のキッズグループということで甘酸っぱい思春期バラードはなかなかの見所。Maurice Starr の趣味が出たであろうストリートビートなタイトル曲は不良ぽさもありでサウンド的にも面白いです。

Perfect Gentlemen / Ooh La La (I Can't Get Over You)

Perfect Gentlemen / Rated PG

(20:00)

2017/06/24

Saint Tropez Belle De Jour
Saint Tropez / Hold On To Love
アルバム Belle De Jour に収録


日本での知名度はあまりないと思うけど、N.Y. に Natasha Diggs という小柄でキュートな黒人女子の7インチを操るDJがいて彼女のミックスショーの映像がいくつも youtube にあがっているんだけど、流していた曲で忘れていた曲を店に行って聴きなおそうとしたらどこに収納したのか探すのが面倒になって、人気盤でもなんでもないんで小銭を払ってまた買ってきたというたまにあるはなし。
Rinder & Lewis が手掛けた3枚アルバムをリリースするディスコユニットで、こちらは Butterfly レーベルでの1978年のセカンド。お色気メローグルーヴやディスコに混じって収録されたポップダンサー Hold On To Love がとてもいい感じで、ミックスショーで流れていたのもこのナンバー。数年前に7インチで再発されているので少しは人気があるのかも。

Saint Tropez / Hold On To Love

(21:00)

2017/02/27

Black Ivory What Goes Around (Comes Around) 1974 Kwanza
Black Ivory /
What Goes Around (Comes Around) / No One Else Will Do
7inch Single


今回も100円レコード拾いのお仕事に。100円レコードコーナーには買いたい人があまりいないようないわゆる不人気盤だとか市場にだぶついているもの、ジャケットや盤そのものがボロボロで通常の中古レベルと比較してかなり見劣りするものが集合します。どれを100円にするかは時代の空気を読みながら需給バランスを考慮して店の方針に従うものと思われますが、それを拾って持ち帰り有効活用できるかどうかも人それぞれであります。

今回は瀕死状態、見た目のコンディション(G)ランクのドーナツ盤を100円でゲットしました。うまく鳴ってくれるかは相当不安でありますが、60年代、70年代前半のドーナツ盤というのは盤が相当荒れていてもタフに鳴 ってくれる場合も多いのであります。

ヴォーカルグループ Black Ivory は Today レーベルから Buddah に移籍する狭間にほんの一瞬だけワーナー傘下の Kwanza Records に在籍していたことがあり、1974年にそこで一枚だけリリースしたのが本作品。

そもそも2枚アルバムをリリースした Today レーベルを離れた原因は、セカンドアルバムの制作にあたってはメンバーの意見が反映されなかったことのようだけど、Black Ivory というグループは中心メンバー Leroy Burgess をはじめ、歌うだけではなく作曲から編曲もこなす音楽家志向の強いグループ。自らのクリエィティブ発揮できない現場にいたくはないということだったみたい。

次に契約したのが今回取り上げたシングルのレーベル Kwanza Records。ここでは Norman Harris が制作するシングルを作る契約を結んだのだけど、実際にフィリーに出向くと Norman Harris は Black Ivory の企画を彼の下請け会社のひとつに委託してしまっていて、そこの連中が What Goes Around (Comes Around) を作曲プロデュースするということで、裏面の No One Else Will Do 含め、たった一日で録音は完了したみたい。またしてもアーティストには一切権限はなくただ歌を録音するというもの、さらに Norman Harris のプロダクションではなく本物のフィリーサウンドではない結果に不満だらけの結果に。ちなみにラベルのアレンジャーのクレジットだけど、A面ダンサーの What Goes Around (Comes Around) は Vince Montana、B面甘茶スローの No One Else Will Do は Norman Harris と一応は記載はされている。両面ともに雰囲気もあり曲そのものは悪くはないけど本人たちにとっては納得がいかないということ。 Kwanza Records とはアルバムをリリースする契約を結んでいたようだけど、すぐにレーベルが消滅して Buddah と契約という流れに。

Buddah からはアルバムを3枚リリースし、その後さらに音楽家志向の強い Leroy Burgess はグループを脱退、作曲、アレンジ、プロデューサーとして数々のブギー名作を世に送り出し、現在も評価は高いですが、彼のキャリア初期のちょっとした出来事として記憶しておきたいところです。

Black Ivory - What Goes Around (Comes Around)

Black Ivory - No One Else Will Do

Black Ivory (2)




(20:00)