コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :カバー・バージョン

カバー・バージョン

2017/12/12

Chuck Brown Hah Man 1994
Chuck Brown / ‎My Funny Valentine
アルバム Hah Man に収録


Go Go の神様チャック・ブラウンの2枚組ホワイトラベルのレコードだけど、ラベルのひとつの面だけにマジックでアーティスト名だけ書かれてなんなんだろうと思ってしまいますよね。曲名もろもろのクレジットは当然なしという正体不明盤。ヘヴィーにレコ屋通いしてる方ならいわゆるプロモなのかブートなのかよくわからないホワイトラベルで、持ち主だと思うんだけど誰かがアーティスト名でもタイトルでもなんでもいいんだけど印をつけたレコードというのに出会ったことあると思いますが、よくわからないのでスルーした方が無難と思うのが普通ではないでしょうか。最近のダンスミュージックのシングルなんかは白ラベルににスタンプだけ押したような盤も多いけどそれとは別の手書きのやつは厄介。まあチャック・ブラウンと表記されてるだけましな方で、ただの真っ白でなんも書かれてないと何のレコードか判別不能で全くお手上げになってしまいますよね、レコ屋の人が一番困るんじゃないのかなあ。
とりあえず試聴して気に入れば家に持って帰って聴きながらネット上のデータベースを見ながら正体を突き止めるという作業に取り掛かるわけだけど、こちらは1994年にチャック・ブラウンが Raw Venture Records & Tapes レーベルからリリースした Hah Man というタイトルのアルバムと判明。CD とカセットでは下の写真のジャケットで普通に流通してたみたいだけど、アナログ盤は関係者にプロモーション用で配布なのかおそらく少数枚だけプレスされたんじゃないかと推測。販売用じゃないので音だけ流れればジャケもラベルもなんもなくてもいいというよくあるパターンだけど、このタイトルはリリースの時期的にもアナログ盤は存在しないとずっと思っていたので、プレーンスリーヴのホワイトラベルとはいえお店のタンテに乗せて音が出ただけでも良しとしたいところ。

Chuck Brown Hah Man 1994 Pic

8曲収録されたうちの6曲くらいはジャズなんかのカヴァーだと思うけど、相変わらずのチャック流解釈で深いグルーヴが楽しめる作品でありました。

Chuck Brown / ‎My Funny Valentine

Chuck Brown / A Night In Tunisia


(20:00)

2017/11/24

Mirror Image Sounds Like Earth, Wind & Fire  1980
Mirror Image / September
アルバム Sounds Like Earth, Wind & Fire に収録


Mirror Image という正体不明バンドがまるっきり一枚アースの曲をカヴァーした企画盤。変なディスコカヴァーアルバムを熱心に収集してるマニアの方には彼らが Pickwick レーベルから1979年にリリースした Discopedia シリーズ Vol. 1~Vol. 5 があったのはご存知かと。そちらは当時のディスコヒット曲をカヴァー、ディスコステップ教則用に作られたアルバムでありました。
その Discopedia シリーズに比べると流通量は少ないのか、こちらのアースカヴァー集はあまり見かけないイメージです。収録曲は以下の通り。

September
Shining Star
After The Love Has Gone
Singasong
Boogie Wonderland
Fantasy
That's The Way Of The World
Getaway
Star

おなじみの楽曲がずらりと並んでいて、どうしてもオリジナルヴァージョンの完成度の高いイメージがあるので、どの曲のカヴァーを聴いてもずっこける感がはんぱではないというのは毎度のこととはいえやれやれといったところ。特にボーカルがしんどいですが、そもそもアースの曲ってまともにそのまんまカヴァーするのは難易度が高いのでしょうがないのであります。ジャケのイラストは面白いんだけど、こわいものみたい方のみに適したレコードといえるでしょう。
Mirror Image がやった特定アーティストのカヴァー集ですが、アースのほかには Kenny Rogers、Barbra Streisand、Village People、Olivia Newton-John、Eagles、Abba、Neil Diamond などの盤もあるようです。
当時どのような方が手にしたのか気になるところですが、ヒット曲集ということで町内会のお祭り行事、商店街や商業施設のBGM、運動会やお遊戯などでは活躍したのかもしれません。

Mirror Image / September

(20:00)

2017/11/21

Fattburger Come & Get It 1990
Fattburger / Feel Like Makin' Love
アルバム Come & Get It に収録


Feel Like Makin' Love のカバーヴァージョンを紹介するコーナーということで、120枚目にいってみたいとおもいます。

80年代中盤から活動するフュージョン・バンド Fattburger という人たちが1990年に取り上げたヴァージョンとなります。サンディエゴをベースに活動していたみたいで、00年代中盤までにアルバムのリリースは10枚以上ということでそれなりに人気のあった方たちなのかもしれません。アルバムはアダルトコンテンポラリーなスムースジャズサウンドが繰り広げられ、メロディアスでありながらファンキーな顔ものぞかせ、切れの良い爽やかな西海岸サウンドが楽しめます。
Feel Like Makin' Love のカヴァーはかなりテンポがゆっくりな部類に入る超メローな仕上がりでリラックス間満載の好ヴァージョンとよべるもの。ジャケのイラストも味わい深いです。

Fattburger / Feel Like Makin' Love

Fattburger


(20:00)

2017/10/22

Jillian Mendez Feel Like Making Love 1990
Jillian Mendez / Feel Like Making Love
12inch Single


Feel Like Makin' Love のカバーヴァージョンを紹介するコーナーということで、119枚目にいってみたいとおもいます。

1990年のクラブミュージックのアレンジでの12インチなので100円コーナーを掘ってればそのうち見つかるだろうとずっと思っていたけど、なかなか出会いませんで、すっかり記憶から消えそうになっていたところでめでたくゲットとなりました。
カナダの女性シンガー Jillian Mendez が歌うカヴァーで、スウィング感のあるR&Bとゆっくりテンポのハウスアレンジのヴァージョンを収録。その時代のサウンドを取り込んで大衆向けに仕上げてます。挿入されるラップパートはクレジットはありませんが、同じプロデューサーがかかわったレーベルメイト、カナダの Dream Warriors なのかな?彼らのアルバムも引っ張り出して聴きなおしたくなったのでした。

Jillian Mendez / Feel Like Making Love

(20:00)

2017/10/13

The Coon Elder Band Featuring  Brenda Patterson 1977 Mercury
The Coon Elder Band Featuring Brenda Patterson /
What Does It Take (To Win Your Love)
アルバム The Coon Elder Band Featuring Brenda Patterson に収録


いろんなレコ屋のサイトをぐるぐる回りながら試聴するのが何年もの日課になっています。新譜も中古もだし、日本だけでなく海外もなので相当な量、今はジャンルも増えているので追いかけるのは少し手間もかかります。新譜のチェックに関してはちょっとさぼってると最近はリリース量が多いのでまとめてやるのが面倒になりますが、プレス枚数が少ない商品も多いので買い逃しをしないように気を配ったりして。

ネット上でのレコ屋巡りは実際に買うかどうかよりは、トレンドの把握だったりというのもあります。試聴しながら今はこういうのがよく売れて、逆に売れ残るのはどういうテイストなのか。あとは中古盤なら時代によって新しい価値が付与されて再評価されるケースも多いので復習ついでにいろいろ見て回ります。レコ屋の解説も大変参考になります。持っていても最近かけてない曲とか、貼り付けられた試聴ファイルを聴きながら思い出してみたりして。ノーマークだった曲は頭にとりあえずはインプットして、いつかどこかのレコード屋に行ったときに探してみようとなり、最近たまたま見つけたのはこちらのレコード。カントリー系?のバンドでしょうか、なので自力ではたどり着きませんで、レコ屋の試聴ボタンを何気なく押すと流れてきたのはモータウン・クラシック Junior Walker の What Does It Take のカヴァーで、1977年 Mercury レーベル発の長ったらしいグループのアルバムに収録されている。いろんな人がカヴァーしてる有名曲で個人的にも目茶好きなのですが、このバンドのハートウォーミングなビター&スウィートなヴァージョンも文句なし。Harvey Fuqua、Johnny Bristol ペンによる名曲でありました。

The Coon Elder Band Featuring Brenda Patterson /
What Does It Take (To Win Your Love)


(20:00)

2017/10/01

The Soul Symphony Soul Hits Volume Two 1972
The Soul Symphony / Freddie's Dead
アルバム Soul Hits Volume Two に収録


ジャケがカワイイので小銭を払ってお持ち帰りした UK からの1972年のコンピ盤。収録曲を見ると当時のソウルヒットがずらりと並んでいます。レーベルは Stereo Gold Award というところ。USで盛り上がっているソウルミュージックにプロデューサーの Leo Muller という人が目をつけて The Soul Symphony なるアルバムレコーディングのためだけに集めたであろう即席ユニットにカヴァーさせるというよくある試みのアルバムの類かな。収録曲は以下の通りで、期待値は低いんだろうなというのは長年の勘だけど、カーティスとかJ.B.のそれは何とか使い道でもあればなあなんて思わないわけではありません。

A1 Ben
A2 Power Of Love
A3 Starting All Over Again
A4 Long Gone Woman
A5 Use Me
B1 Woman Don't Go Astray
B2 Get On The Good Foot Part 1
B3 Your Wonderful Sweet Sweet Love
B4 Put Down
B5 Freddie's Dead

針を落とすとまあ欧州の大衆向けに作られたポップス色の強いカヴァーが多くて退屈というのはしょうがないというかもう慣れっこになっているけど、やれやれといったところで、一枚を通して聴いてると眠くなってくるのはいつものことで想定内、ただジャケが気になったので手にしただけですから。
ちなみに同年リリースされてるこのシリーズの Volume One は以下のジャケになっているみたいで、どちらもヨーロピアンなデザインであります。

Leo Muller Right On! Soul Hits 1972


The Soul Symphony / Freddie's Dead





(20:00)

2017/09/28

Marva King Soul Sistah 2006
Marva King / Be Thankful
EP Soul Sistah に収録


さてと、いつものように100円レコードの残骸を拾い集めに行くことに。2000年以降のR&B、ヒップホップのシングル盤の段ボールにロボットになった気分で手を突っ込んで上下運動を繰り返すという、これなんの罰ゲームやってんだかという気分になるとこですが、いちいち考えないようにしましょう。

2006年に Marva King 25年ぶりにリリースしたアルバムが英 Expansion からリリースされ、当時CDで買って押し入れのどこかにあると思いますが、ここから6曲をカットしたアルバム・サンプラー的なEPが当時アナログでもリリースされていたんですね。ネオソウルなアルバムで、William DeVaughn のあの名曲とか、Minnie Riperton の Baby This Love I Have のカヴァーも印象に残る良作で、CDのジャケはこんな感じ。歌だけでなく作曲、プロデュース、演奏まで自身でこなしています。

Marva King Soul Sistah

Marva King というとそんなに目立つ存在ではありませんがつい先日、1981年のファースト Feels Right が AOR の1000円シリーズで CD 化されていました。1981年に Arista から一枚だけアルバムをリリースしたファンク・フュージョン・ユニット Madagascar ではリード・ボーカルを担当して、このアルバムはモダンファンクの名盤。1990年にボーカル・デュオ Answered Questions を結成して EMI からご機嫌なスウィング・ビートのアルバムを一枚リリースなんてのは忘れてましたので、引っ張り出して聴きなおさねばなりません。プリンス、スティーヴィーのバンドをはじめメジャー・アーティストのバックコーラス仕事も目に付くマルチな職人さんでありますが、こういった才能を見逃さなかった Expansion もさすが。

Marva King / Be Thankful

(20:00)