コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :女性ボーカル

女性ボーカル

2020/09/02

Mary Wilson 1979 Motown LP
Mary Wilson / /Pick Up The Pieces
アルバム Mary Wilson に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はカリブ海の島国 セントルシア産ラムの中から チェアマンズ リザーブ 2005 をピックアップ。

毎度となりますが、地図でセントルシアの位置を確認。西インド諸島のウィンドワード諸島中央部に位置するイギリス連邦加盟国であります。

st Lucia map

海を隔てた隣上にはラムの名産地であるフランス領マルチニーク、右隣にはバルバドスが位置して、この一帯はラムが好きな方にはおなじみの島がいくつも点在。

BlogPaint

人口は18万人でアフリカ系が8割、公用語は英語。農業はバナナが輸出の柱となっていて、他にはココアやアボカド、マンゴーなど。高さ743mのプチ・ピトン山と隣の高さ798mのグロ・ピトン山の2つの山からなる、双子の山と呼ばれている一帯は世界遺産に指定され、近年は観光業を中心とした経済への移行を進めているとか。

St Lucia

チェアマンズ リザーブのブランドの商品ラインナップを眺めると5年熟成のお手頃品がスタンダードタイプとして広く出回っており、その上のクラスには自分の店でも扱っているさらに長い10年熟成品のフォーゴッドン・カスクという銘柄がある。今回取り上げるのはさらに長い14年熟成させた銘柄。中身はチェアマンズリザーヴのオリジナルラム2005年物を4年熟成後、ブレンドしてさらに2009年からもう一度樽でダブル熟成を10年間、合計14年アメリカンオークのバーボン樽で熟成させてもの。約3,400本、10樽分のみの生産とのこと。

Chairman's Reserve Rum 2005

味わいは10年熟成品のフォーゴッドン・カスクに比べさらに重厚感が増し、口中をその存在感がより濃厚に支配するという雰囲気。バーボン樽由来の香りや味わいが色濃く出ており、バーボンを飲んでる気分にもなったりします。ちなみにチェアマンズ リザーブはジムビーム、ジャックダニエル、バッファロートレースといったバーボンの空樽で熟成された様々な原酒をブレンドして出来上がっており、原料となるサトウキビはガイアナからの輸入品を使用というのは以前も書いたとおり。

Mary Wilson / /Pick Up The Pieces

(19:00)

2020/07/07

Linda Lewis Lark 1972 Reprise Records
Linda Lewis / Old Smokey
アルバム Lark に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はクラフトジンの中から フォレスト ジン アールグレイ をピックアップ。

クラフトジンには個性的でオリジナリティーあふれる原料から取り込んだ香り付けがされた銘柄が無数に存在して、作者の表現の自由度の高いお酒といえますが、今回は紅茶フレーヴァーのジンを紹介してみましょう。
イングランドの北西チェシャー州というところで、家族経営で営まれるフォレストディスティラリーで少量づつほぼ手作業で丁寧に造られたクラフトジンで、ここでは紅茶のジンの他に、通常のドライジンとウイスキーも製造している。
紅茶のジンにはクイントエッセンシャル社のアールグレイの茶葉を漬け込んでいるとのことで、グラスに注いだ瞬間から上質な紅茶の華やかな香りが立ち上がり、口に含むとジンのボタニカルとの濃厚なマリアージュにドキっとさせられます。

Forest Gin Earl Grey

ボトルは陶磁器によるもので、印刷されたアートも含めこちらも手作業感とこだわりの強さが感じられ、クラフトジンらしいお楽しみ要素にあふれています。

Linda Lewis / Old Smokey

(19:00)

2020/04/11

Sade Munich Concert LP Vinyl Passion ‎2013
Sade
アルバム Munich Concert


Sade の初期ライブ音源を収録した2013年リリースのアナログ盤。CD や DVD では2010年に既にリリースされており、評判が良かったので LP も作ったのかな。
1984年10月22日にドイツのミュンヘンで行われたライブ音源ということで、デビュー間もないころだとは思いますが、独自の世界観を持ったソフィスティケート・ポップスの新たなスーパースターとしてその存在はすでに世界中で話題になってたことでしょう。

収録曲は以下の通りで、大方がファーストサルバム Diamond Life からのナンバー。Red Eye、Love Affair With Life のふたつはアルバム未収録でシングルの裏面に収録されたナンバー。Is It A Crime は翌年リリースのセカンドアルバム Promise の冒頭を飾ったナンバー。どれも名曲です。

Your Love Is King
Hang On To Your Love
Sally
Red Eye
I Will Be Your Friend
Cherry Pie
Is It A Crime
Love Affair With Life
Smooth Operator

ビッグネーム Sade の貴重な初期ライブ音源アナログ LP ですが、残念なのは音質がよくない点。それなりにクリアーですが、バランスや広がり、ライブ盤ならではの生々しさや興奮、それらは若干しょぼいレベルのようにも感じられます。Sade のオリジナルアルバムはどれもジャジーな雰囲気に包まれたしっかり計算されたつくりになっているのでそこで聞かれる高音質の対比で期待すると余計にそお感じるというのもあるのかも。あとは持ち味である抑揚が控えめな歌唱スタイルがさらにのっぺり感じられるというのもあるけど、ライブのもともとの音源がそんなにいい音で録音できてなかったのかなあと思うと Sade が悪いわけではない。それでも次々に飛び出す名曲のオンパレードと、まだ若干シャイとはいえ Sade の神がかったオーラは十分に楽しめるので許せてしまうのであります。
ファンのためのコレクターズアイテム的に LP 盤も持ってたいという人には神経質にならなければ気になるレベルではないのかもしれませんが、初期ライブを楽しむだけなら映像も見れる同じタイトルの DVD を買ったほうがいいともいえるし、初期1984〜1985年のライブ映像が見たいなら youtube にだって貴重な映像がそれなりに上がっている。

リリース元は過去音源の再発を主に手掛けているオランダの Vinyl Passion というレーベル。アンオフィシャルな扱いとなりますが Eric Clapton、David Bowie、Lenny Kravitz、Talking Heads、Jeff Beck、Miles Davis、Queen といったビッグネームの秘蔵ライブ音源を独自に高音質アナログ盤でリリースもして今回の Sade もその中の一つ。Sade のアンオフィシャル作品に関しては過去にライブアルバムがそれなりの数リリースされてますし、リミックスみたいな形でのシングルは膨大な数存在するというので、それだけ Sade が人気者ということ。

Sade / Munich Concert (ライブ全映像)

(20:00)

2020/04/05

Annette Bland I Ain't Gotta Be Nice 1989
Annette Bland
アルバム I Ain't Gotta Be Nice


買ったはいいが針を落としてないレコードというのが常に何枚かあると思うんですよね、その辺に放置しておくとまた新しいのをどんどん買うのでその存在さえ忘れ去られてしまいそうになる。
買ったはいいがすぐに針を落とさなかったというのはそんなに聞きたいわけではなかったのではと考えるのだけど、確かにその通りなのかもしれない。中身は聞いたことないけどレコ屋で手にして何となく面白そうかもと軽く興味をもってそんなにそそられるわけではないけどとりあえず試聴してみる。そしてよくわからないまま、安いからまあいっかと何も考えずに会計をすませてたりする。そんなもんだから持って帰っても聞き直してみようという欲求はそれほど湧いてくるわけでもなく、いつか時間のある時にでも聞けばいいやということになるのだけどだんだん面倒になってくる。
そんなレコードならもともと買わなくてもよかったんじゃないということなのだけど、挑発的なオネーサンのインディー&ローカル臭プンプンなジャケ、しかも1989年という微妙な年代というので怖いもの見たさという点で惹かれる部分もないわけではなく。もちろん実用的だったりいい曲が入っていたりすれば嬉しいのだけど、期待感のなさは長年レコードを買ってれば雰囲気でわかるのであります。
ニューヨークのローカルシーンで活動していたであろう Annette Bland というシンガーが、シンガー・プロデューサー Lenis Guess のレーベル Guess Records からリリースした唯一のアルバム。年代的にはスウィングビートっぽいのが収録されててもよさそうなものだけど、チープな打ち込みやシンセが怪しいアングラ感漂うダンス系が多くを占め、80年代中盤を引きずったサウンドに乗せてとびっきりいい女ぶる姿が憎めなかったりする。なんでこんなレコード拾ってきちゃったかなと思うのはいつものことだけど、Your Love Backfired とか Service とかのいわゆるC級ド田舎ブギーは不味いんだけどついおかわりしたくなるのでありました。

Annette Bland / Beautiful Beauty

(20:00)

2019/09/04

Nikki Giovanni The Way I Feel 1975 Niktom
Nikki Giovanni / Just A NY Poem
アルバム The Way I Feel に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナーということで、今回は国産クラフトジンから和歌山県で作られる 香立 KODACHI をピック・アップ。

世界的なブームもあって、近年は日本国内の様々な酒造メーカーもクラフトジンの製造に取り組んで、気が付いてみればすごい数の国産ジンがリリースされる状況になっています。世界のクラフトジン、国産ジンの市場の流れは速くどの銘柄がどういう特徴なのかいまいち追いつけてない状況ですが目に止まった商品は試してみるようにしています。

今回のジンの購買動機は個人的に和歌山が好きだからという単純な理由だったりします。大阪出身なので和歌山は隣の県となり、海や山にとってもいいところというのを思う存分に知っているので親しみがあります、東京に住んでると和歌山の存在の低さというか、和歌山がどこにあるのかよくわからない人だったり、岡山と区別がつかない人もいたりもしますが、東京の人からすると最もなじみのない県の一つなのかもしれません。和歌山出身の人に出会う機会も少ない気もしますし。

Kodaci Craft Gin (2)

香立 KODACHI を製造するのは梅酒や日本酒の製造で全国的に有名な和歌山の中野BCという会社。
和歌山県産素材(スギの葉、ヒノキの木、温州みかんの皮、レモンの皮、山椒の種)とジュニパーベリーを組み合わせたジンで、キーボタニカルのスギ、ヒノキが天に向かってそびえ立つ世界遺産 熊野古道を思い浮かべてもらいたいという思いで、香立 KODACHI と名付けたのだとか。
グラスに注ぐとすぐにスギ、ヒノキの香りが見事なまでに立ちあがり森林風景さながらの雰囲気に包まれ、口にするとそれらに続いてみかんが顔をのぞかせ、レぺゼン和歌山らしい堂々とした主張の興味深い味わいとなってこの銘柄もオリジナリティーあふれとてもユニークなのでありました。

Nikki Giovanni / Just A NY Poem

(20:00)

2019/05/16

おかもとえみ Hit Number RSD 2019
おかもとえみ / Hit Number (Evisbeats と Punch Remix)
7inch Single


Feel Like Makin' Love のカヴァーヴァージョンを紹介するコーナーということで、137枚目にいってみたいとおもいます。今回はカヴァーではなく Feel Like Makin' Love のメロを乗っけたトラックの番外編。

先月の RSD で SSW おかもとえみの人気曲 Hit Number の7インチがリリースされ予想通り即売り切れになりました。ファーストアルバムからのカットで2016年に7インチでリリースされ(下の写真)、プレミア品となってたタイトルなのでジャケは変更となっての再プレスとはいえレコードで欲しかった人はうれしかったでしょう。

おかもとえみ Hit Number 7inch Single 2016


7インチではB面収録の Evisbeats と Punch Remix は R&B ビートに Feel Like Makin' Love のメロをもろに乗っけたトラックとなっており、ぼーっとしてると気が付かないかもしれないくらい、うまいハマり具合なのはさすが。
Hit Number といえば上記のリミックスヴァージョンが一般的に浸透してますが、キラキラでスーパーポップなA面のオリジナルも最高だと思います。

おかもとえみ / Hit Number (Evisbeats と Punch Remix) PV

おかもとえみ / Hit Number

(16:00)

2019/04/16

Pat Peterson Introducing Pat Peterson 1982 Enja Records
Pat Peterson / Satisfied
アルバム Introducing Pat Peterson に収録


レコードを集め始めた学生のころを思い出してみると、いわゆる中古盤屋に並んでるような昔のレコードって宇宙レベルとは大げさかもしれないけれど、レコ屋で手にとってもさっぱりわからないものがほとんどなんだけど、わからないなりにもめげずに何度も足を運んでサクサクしながら季節もめぐってなんてしてると、ジャケだけはなんとなく頭にインプットされ正しいかどうかは別としてジャンルやら年代やらが自己流でデータ化されていったと思う。もちろん中身なんて聞いたことはないし、世の中的にもレコードの各タイトルの情報が今ほど整備されてないので、どんな雰囲気の曲が入っているのかはよくわからないのですが。ネットも普及してない時代なので端末で試聴もできなくて、実際に買って自分のタンテに乗せて確認するまで中身はわからない盤が多かったのでした。ちなみに今みたいに中古盤屋で知らないレコードを自分で店の試聴用タンテに乗せて気軽に聞いて確認してから買うかどうか判断するみたいなサービスが当たり前になるより前のはなしで、今考えれば博打みたいな感覚で買うなんてことが当たり前に行われていました。

Pat Peterson の今回のアルバムはそんな学生時代のレコ堀初期段階で頻繁に目にしていたというのを記憶しているのだけど、特に目立つようなジャケでもないのになんとなく印象に残っているのはなんでなのかは不明。ドイツの Enja Records がオリジナルということだけど、国内盤もリリースされているので中古盤としての流通量も多かったためなのか、それとも自分の巡回コースのレコ屋にたまたまいつも売れ残っていただけなのかはよくわからない。目についた安いレコードはほぼ拾っていたのになぜこの盤は漏れてしまったのかなと今振り返れば思うのであります。
後年になって CD 化されますが再評価されたりディスクガイドに掲載されたりDJネタになったりなんてことからも無縁の地味レコですっかり忘れていましたが、シールド盤が安く売っていたので今でも人気はないと思いますが、なんとなく懐かしくなって買ってみることに。もちろん中身がどんなものかなんて確認したことなどないのではありますが。

Pat Peterson はトランぺッター Marvin Hannibal Peterson の妹で、バックボーカルのシンガーとして活動していた人らしい。今回の作品は彼女の唯一のアルバムでドイツの Enja Records から1982年にリリースしたジャズっぽいテイストのコンテンポラリーなソウルアルバムで、サイドメンは下に記したジャズ系の優秀な顔触れが並んでいる。
1982年という時期としてはなんとなくシンプルに演奏者の生々しさを感じるような録音になっているような質感にも感じるのだけど、普段自分の聴いている曲が装飾だらけのせいもあるのかもしれない。それゆえ地味というかシットリな空気が漂うけど、歌と演奏に引き込まれやすく聞き疲れしない BGM にはもってこいの優秀作に仕上がっていると個人的には思うのは、暇な時間についタンテに乗せる機会が多いということからもわかるのだけど、何十年たってからの答え合わせとなりましたが、不思議な魅力のアルバムで気に入ってます。

Vocals, Piano - Pat Peterson
Drums - Billy Hart
Bass - T.M. Stevens
Guitar - John Scofield
Tenor Saxophone - David "Fathead" Newman
Music Director - Hannibal Marvin Peterson

Pat Peterson / Satisfied

(20:00)