コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :男性ボーカル

男性ボーカル

2018/10/16

Billy Stewart Cross My Heart 1974 Chess
Billy Stewart / Cross My Heart
アルバム Cross My Heart に収録


Billy Stewart が Chess レーベルから1974年にリリースした Cross My Heart というタイトルのアルバムを購入。 1970年に交通事故で他界しているのでカタログ的には死後リリースされたコンピ盤扱いということになります。60年代のオリジナルアルバムやベスト盤みたいなのを所有してますが、ジャケのイラストの雰囲気もいいですし、シュリンクもついてきれいなコンディションで1000円だったのでついレジに持って行っていくことに。収録曲を眺めると1967年にヒットした Cross My Heart をはじめその辺の時期から亡くなる前までに録音した60年代後半の音源をシングル盤を中心に集めたコンピ盤ということがわかります。Billy Stewart のオリジナルアルバムみたいなのは一応3枚リリースされているけど、内容的には4枚目といってもいいような内容のものかなと。巨体のシンガーならではの、ここでも大きな揺れの包容力のあるグルーヴが楽しめるのでありました、
学生時代バイトしていた店でこの人の曲から名前を付けたオリジナルカクテルというのを考案したことがあるなんて酸っぱい過去を思いだすんだけど、ここ数年はお店で60年代の楽曲をかける機会も少なくなってきたような気もして、そりゃあ今の人たちの時代感覚からすると50年前の音の質感は随分古臭く聴こえるわけで、とはいえこういう機会にこんなシンガーソングライターもいたよなとたまに針を乗っけて思い出してみるのもなかなかいいのであります。

Billy Stewart / Cross My Heart

Billy stewart


(20:00)

2018/10/10

Jon Lucien I Am Now 1970
Jon Lucien
アルバム I Am Now


今頃になって Jon Lucien 1970年のファーストを購入。Jon Lucien の70年代の楽曲は店でよく流すけどこのアルバムだけ持っていなかったというのは単なる風向きの問題でしょうか。ソウル、ジャズ、ブラジル、カリブみたいなのを織り交ぜたサウンドにスピリチュアル&ハートウォーミングな歌声を届けてくれた、アーティストのカラーは強い人の印象。RCA時代だと1973年の Rashida、1974年の Mind's Eye の両作品はお店を始めたころだからもう20年近く前になるけど、頻繁にタンテに乗せて思い出が詰まっているなんて、ついこの前の出来事のようで、なので Jon Lucien はもうおなかいっぱい楽しんだんじゃないのというのでファーストはまあいいかってことになっていたのかも。ちなみに RCA に続く Columbia 時代の2枚もまあまあな良作、
1970年のファースト I Am Now は本人自作の1曲を除き他はジョビン、コールポーター、スティーヴィー、映画音楽のカバーという構成でちょっとポップな印象のボーカルアルバム。レコード会社としてはスタンダードを歌わせてとりあえず反応をみようかということだったのかも、ボーカルスタイルはすでに出来上がってファンなら特徴的な歌声を十分に楽しめますが、十分な期間をあけて全曲オリジナル曲、セルフアレンジでリリースしたセカンドやサードでの研ぎ澄まされた感性で自信が詰まった作品と方向性が違うのが面白いのであります。 Jon Lucien がロンドンのジャズ、レアグルーヴ・ムーヴメント〜日本のフリーソウル界隈でピックアップされ一気に再評価されたのはもう四半世紀くらい前のことだけど、こんな面白いアーティストもいるんだなあとレコ堀を楽しませてくれたひとりでもあります。

Jon Lucien / I Am Now LP 全曲

(20:00)

2018/09/28

Johnny Mathis I Love My Lady
Johnny Mathis / Fall In Love (I Want To)
アルバム I Love My Lady に収録


5か月以上前だけど、今年のRSD限定品やら企画ものに関して個人的に猛烈に欲しいタイトルは見つからず、なので当日あわててレコ屋に行くみたいなのはなく家で寝ていたと記憶。だけど今回のような興味を惹かれるタイトルがリリースされていたのは見落としていたかも。とはいっても今でも売れ残って値引きされて余っている様子というので注目された様子もありませんで、ちょっとした季節外れにようやく今年のRSD企画もの一枚目を購入することに。

Bernard Edwards、Nile Rodgers コンビ、つまりは Chic がプロデュースした Johnny Mathis のアルバムで、1981年にリリースされるはずだったけどお蔵入りになった一枚が正規元の Columbia レーベルからリリースというもの。ジャケも当時のデザインを採用しているのかな?
Chic がプロデュースした Johnny Mathis の音源の存在を初めて知ったのは7、8年前に Rhino からリリースした Chic 関連の楽曲を集めたボックスセットだったと思うけど、キャラ的に関連性が低い両者のこれら音源は一体なに?という疑問があって、誰かにお蔵入り音源だよと教えてもらったような気がする。なるほどというのだけどそれの存在すら忘れていた数年後の今回に37年前の音源の答え合わせを無事することができるというのは、レコード収集というのを何十年もやっていると色んな発見があるもんだなと思うわけで。

Johnny Mathis という人は50年代からアルバムをリリースし続け作品数も多く、収集するには手間がかかるアーティストのひとりで、全部聞いてやろうとは思はないけど、お店で活用できそうな年代の作品を20タイトル位買ってはいても、イージーリスニング系というか、なのでレコ堀的に前のめりになれるわけでもなく。とはいってもマイケル関連で1984年に Johnny Mathis が歌った Love Never Felt So Good なんかは数年前に面白ネタとして重宝して頻繁にプレイしたのでありましたが。

さてキャラ的な路線変更なのかヒット獲得のための Bernard Edwards、Nile Rodgers コンビの起用だったのか、それまでの Johnny Mathis の作品イメージからすると鋭角的な Chic サウンドとなっているのだけど、お互い様子見的な雰囲気もあって、制作者と歌い手のスタイルとの距離が近いかというと必ずしもそういうわけでもないのだけど、ここは Chic のサウンドが楽しめるだけでもよしとするべきところ。Johnny Mathis 本人としては当時の現場を振り返って、新境地を開いた楽しい録音で自身のキャリアにとってはかなりポジティヴな体験と受け止めたようだけど、大手のレコード会社の上層部の保守派からはこういった急激な方向転換の受けは良くないのか、リリースのゴーサインは出ずにお蔵入りとなり、代わりにベスト盤がリリースされる流れとなる。オリジナルアルバムとしては1982年に Friends In Love というタイトルのアルバムが続いてリリースされるけど、Johnny Mathis の制作を以前から手掛ける Jack Gold が引き続き大方の曲のプロデュースを行い、両面トップに配置した Dionne Warwick とのデュエット曲を Jay Graydon がプロデュースというもので、ギャンブルはせずに Johnny Mathis のいつもの路線を継続といったところでしょうか。
ここで Chic 制作のアルバムがリリースされてれば Diana Ross の Chic 制作もののように爆発的に売れたかといわれればそうはなってないだろうけど、セールスはともかく Johnny Mathis のその後の音楽の方向性はただのポップスの人とは別の展開になって、レコ堀的にも面白そうな作品がリリースされていたかもなんて考えるわけで。お金を出す会社側、制作側、歌うアーティスト側、それぞれの当時の事情とはなんてのは何十年もたってから外野で眺めているからあれやこれや考えられる面白さでありますね。過去音源のレコ堀を楽しむ立場からすると長い期間活動する一つのアーティストのレコードをコレクションする際には何年か間隔でもいいので意外性のあるアルバムというのがあったほうが楽しいわけであります。
今後も大手レコード会社所属の超メジャーアーティストで、ちゃんと完成するもお蔵入り音源となった過去作品のリリースが増えることを期待したいと思います。

Johnny Mathis / Fall In Love (I Want To)

(20:00)

2018/09/25

Lamont Dozier Right There 1976
Lamont Dozier / Joy
アルバム Right There に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はスペイン産のクラフトジンからノルデス・アトランティック・ガリシアンをピック・アップ。

Nordes Atlantic Galician


ボトルの形状やプリントのデザインは近年のクラフトジンらしいユニークな仕様となってますが、味わいもフローラルなフレーバーが強調され、個人的にも気に入ってる銘柄です。
このジンの特徴は、ベースとなるスピリッツの一部に、ワインで使用される葡萄のなかでも濃厚な香りのアルバリーニョ種が使われていること。そしてボタニカルには地元ガリシアの特産物を含む、ジュニパーベリー、セージ、ペッパーミント、レモングラス、カルダモン、生姜、アッケシソウ、ユーカリ、ハイビスカス、セイロン茶葉、キナ、ローリエの12種類が使われています。 これらが見事に調和してハーブと花が混ざり合ったお香や香水のようなニュアンスのアロマを漂わせるのですが、口当たりも華やかそしてスムースな仕上がりでぐいぐいと飲み進めてしまいます。クラフトジンの中でもフレーバー系を好まれる方には気に入っていただける銘柄ではないでしょうか。

Lamont Dozier / Joy

(20:00)

2018/09/13

Brook Benton Jet 1982    Catawba Records
Brook Benton / Jet
7inch Single


少し前に Brook Benton の未発表アルバムを取り上げましたが、今回は1982年に7インチのみでリリースしたシングルの裏面曲 Jet を見てみましょう。人気盤とか高額盤ではないけれど流通量がとても少ないのか、なかなか探し出せず手に入れるまでわりと時間がかかりました。
リリース元は1982年から1986年まで運営されていたサウスカロライナのスモールレーベル Catawba Records。レーベルのカタログの中では最も見かけない印象でしょうか、通常こちらのレーベルの各タイトルは7インチと12インチ両方でリリースされることが多いのだけど、このタイトルの12インチの存在は確認できていません。表面 I Cried For You の裏面に収録されている Jet はもともと Nat King Cole が1950年に歌った曲をディスコ仕立てでカヴァーしたというもの。Brook Benton がディスコを歌うというのもいまいちイメージわきにくくもあり、テケテケなギターとシンセのストリングスがなんとも薄っぺらく聴こえるけど、ドラムの打ちはこの手のものとして悪くないし曲の良さもあってか不思議なこみ上げチューンに仕上がっているのであります。

The Copeland Davis Group Smouldering Secrets 1975 Regalia

この Jet という曲ですが、とても好きで長年お店でよくかけているヴァージョンというのがあります。ソウル、ファンク、レアグルーヴのレア盤収集してる方にはわりと知られる Copeland Davis Group が1975年のアルバム Smouldering Secrets の中で取り上げているヴァージョンで、これが素晴らしすぎて Jet という曲について色々調べていると、Brook Benton もドマイナーなシングルでやっているというのを発見という流れになったのでした。
ちなみに Copeland Davis Group も Brook Benton のヴァージョンも両方ともプロデューサーは Jimmy Nebb という人で、この曲をめちゃ気に入ってたので再度 Brook Benton に歌ってもらったのかもしれません。曲の頭がちょっとしたディスコブレイクで始まるのだけど、なぜか2拍目から始まっているというのにおやっとさせられるのでありました。

Brook Benton / Jet

The Copeland Davis Group / Jet

(20:00)

2018/09/04

Willie Hutch The Mack 1973
Willie Hutch / I Choose You
アルバム The Mack に収録


ソウルミュージックを楽しみながら気持ちよく酔える一本を紹介のコーナー。今回はコロンビア産のラムからラ エチセラ ラムをピック・アップ。

コロンビア産というとラム好きにはディクタドールというブランドが知られていますが、何か他にこの国のラムはないかと探していたところ出会ったのがこの銘柄。最近になって輸入されてきた銘柄で日本では扱っている業者も限られ本数も出回ってなさそうで情報はありません。アメリカンホワイトオークの樽で12〜21年熟成、ソレラ方式のいわゆるスペイン系のバランスの良いラムといったところ。同じ価格帯で比較すると個人的にはディクタドール20年のほうがコーヒーシロップっぽい味わいの個性で面白いと感じますが、王道な佇まいに嫌味はありませんで、オイリーな舌触りと栗のしぶ皮のような香りがほんのり顔をのぞかせ、秋の訪れを感じさせるという点では季節もばっちりはまりそうなラムではないかなと。コロンビアの小さなメーカーが米フィリップス・ディスティリング社と提携して北米向きに販路を開拓しているとのこと、その他の国々にも紹介されている途中なのかもしれません。今後の展開にも期待したいところ。

La Hechicera Rum


Willie Hutch / I Choose You

(20:00)

2018/08/23

Brook Benton Soft 1984
Brook Benton / Glow Love / Soft
アルバム Soft に収録


Brook Benton が1984年にリリースしたアルバムを購入。アルバムをたくさんリリースする有名アーティストだけど、名前を見て買ってみようかなんてそんなに思う人ではないのは以前も書いたけど、こんな盤があったのは見落としていたかも。ジャケは地味なイラストでレコ屋に売ってても全く目に留まらないだろうな。
だけどこの作品は1978年ころにリリースする予定だったもののお蔵入りになった作品を後にリリースしたものなのではないのかなあという気がする。Brook Benton のディスコグラフィーを振り返ると70年代以降はあちこちのレーベルを渡り歩いて、1977年はニューヨークのスモールレーベル Olde World Records に在籍、アルバム Makin' Love Is Good For You をリリースする。それと同じプロデューサー Clyde Otis の手によって制作されているのが今回の Soft というタイトルのアルバムで、ここに収録された Glow Love / Soft の2曲は1978年に Olde World Records から7インチシングルでリリースされ、そのラベルには From The LP Hot And Sensitive OWR 7707 と記載されている。Olde World Records のカタログを見るとリリースの数は少ないけど、超レア盤の Pulse だとか、普段も店でそれなりにかけてる Sandy Barber のアルバムがある。レーベルが存在していたのは1977〜1978のごく短期間で、すぐ閉鎖しちゃったのか、おそらく今回の Brook Benton の作品は録音はするも、シングルの段階ではまだ存続していたレーベルがアルバムが出来上がったころには活動停止していたのか、なので残りの音源は宙に浮いてしまった可能性も。それが6年後に Wreckin' Crew 周辺が在籍していたこちらもスモールレーベル Sounds Of Florida Records からリリースという運びになるんだけど、両者に何の関係があったかはよくわからないけれど、昔のレコード買っていればこういうことってたまに出会うわけですね。
アルバムの内容は Brook Benton のいつもの歌いまわしのスローやちょいファンキーな曲などはまあまあですが、シングルになっている2曲は70年代後半らしいメローグルーヴとして心地よさ抜群で気に入りました。

Brook Benton / Glow Love

Brook Benton / Soft

(20:00)