コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :Got To Be Real な雰囲気で

Got To Be Real な雰囲気で

2018/08/08

Leon Haywood Energy 1979 MCA
Leon Haywood / Blessed With Love
アルバム Energy に収録


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで80枚目にいってみましょう。

調べものがあり Leon Haywood の過去作品を7、8枚聴きなおすことに。ごくたまにとはいえ普段の営業でかける曲は限られているので、このアルバムってどんなんだったかなあなんて忘れてしまっているタイトルもあるというのはなにもこの人に限ったことではないんだけど。
さて1979年の Energy というアルバムがあって、これなんか針を落とすの久しぶりなんじゃないのかなあ。時代的にディスコ路線だけど、あからさまにアース、エモーションズ、スターガードのヒット曲のアレンジをパクったようなナンバーが飛び出してきて、当時ヒットしてるダンス曲に一通り耳を通して俺様印のアルバム一枚作ったような気がしないでもないけど、まじめなのか緩いのか思わず苦笑いしてしまう。取り上げた曲は Got To Be Real の姉妹曲 Best Of My Love をパクった Blessed With Love というナンバーで、何事もなかったかのように気持ちよさそうに歌っているのであります。
これらの曲はヒットはしなかったとは思うけど、次作1980年の Naturally に収録されてる Don't Push It Don't Force It、こちらは Kool の大ヒット Ladies' Night からアイデアを拝借したんじゃないのかなあとおもえる曲調で、チャートの2位まで浮上させ本人最大のヒットとしてしっかり結果を残すあたりはさすがの職人芸かなと。なおこの人のパクリ路線で最も優秀だと感じるナンバーは1981年に Carl Carlton に提供した This Feeling's Rated X-Tra。こちらは Tyrone Davis 1979年のヒット In The Mood からアイデアを拝借したメローグルーヴの名曲。This Feeling's Rated X-Tra はもともと Leon Haywood 本人が1975年のアルバム Come And Get Yourself Some で取り上げた曲だけど、Tyrone Davis 風にアレンジしなおして Carl Carlton に提供することに。

Leon Haywood / Blessed With Love

(20:00)

2018/07/02

Curtis & Dondi Magic From Your Love
Curtis & Dondi / Magic From Your Love
7inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで79枚目にいってみましょう。

半年ほど前に再発がリリースされ知ることになったキッズ兄弟ものの7インチシングル。なかなかのレア盤のようで、オリジナルはジャケが付いてませんが再発盤は下のような当時の貴重な写真をあしらったジャケが付属します。シカゴで活動して、シルヴァーズやバリー・ホワイト、B.B.キングのショーなどでオープニング・アクトを行った経歴もあるとのことで、地元のちょっとしたちびっこスター的な存在だったのかもしれません。それにより自主制作みたいな感じでレコードを作って近所で小数枚流通したのでしょう。リリースはこれ一枚だけのようで、年代の記載はありませんが80年代前半位とのこと。曲調もキャッチーながらマイケルを意識したボーカルスタイルもはじけっぷり満載で、ダンスクラシックのお楽しみ要素が凝縮された面白ローカルブギー。

Curtis & Dondi Magic From Your Love Re


Curtis & Dondi / Magic From Your Love

(20:00)

2018/06/02

Dat Bul  2 B Reel  1997
Dat Bul / 2 B Reel
12inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで78枚目にいってみましょう。

今回はフィリー産のヒップホップということで、ループ、サンプリングで Got To Be Real が使われている楽曲をみていきましょう。
Platinum Bound Records というリリースはおそらくこの盤だけではないかと思われるドマイナーレーベルからのラップグループのデビュー曲?の裏面収録曲。
ラップは悪くはありませんがトラックは大ネタゆえに単調になってしまうのでもう一工夫ほしかったといったところでしょうか。1997年のリリースということですが年代的にはやややぼったく鳴り響くものの、そこにアングラ感を見出せば楽しめないことはありません。
ちなみに表面は、こちらもオールドスクールブレイクやサンプリングの定番 Rhythm Heritage の名曲 Theme From S.W.A.T. のブレイクをループした楽曲 Cutiez In Carz となっています。

Dat Bul / 2 B Reel





(20:00)

2018/02/08

Johnnie & Michael Hill Party Night 1981
Johnnie & Michael Hill / Party Night
12inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで77枚目にいってみましょう。

アーリー80’sのダンス系12インチではよく知られる定番曲なのでとっくの昔に取り上げていたと思っていたのですが抜け落ちていたようです。ブルックリンのダンス専門レーベル BC Records から1981年にリリースされたディスコスタイルのブギーラップで、タイトル通りのパーティー感覚が魅力の名曲です。このグループはサルソウルから1980年にシングルを一枚リリースしてますが詳細はよくわからないユニット。
学生のときに夜の盛り場で耳にしてそのキャッチーさに一発でノックアウト、次の日から中古盤屋の12インチのコーナーを探し回るものの当時はなかなか入手できない一枚だった、なんて記憶もよみがえる思い出深い一曲。今となってはその他大勢のディスコラップの一枚だけど、盛り上がるツボをよくおさえたいかにも日本人受けしそうなわかりやすさがポイント高いといえます。リクエストでもないとそんなに取り出すこともありませんが、ノー天気にノレるこのタイプの曲って聴いて踊ってやっぱ楽しいです。

Johnnie & Michael Hill / Party Night

(20:00)

2017/11/15

Full Force Ain't My Type Of Hype 1989
Full Force / Ain't My Type Of Hype
12inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲ということで76枚目にいってみましょう。

今年はニュージャックスウィング(NJS)の誕生から30周年らしいです。なにやらジャーナリストのバリー・マイケル・クーパーという人が、ヴィレッジヴォイス誌にテディ・ライリーの記事を寄稿した際に、New Jack Swing と名付けたことからこの呼び名になったみたい。NJS の第一号は Keith Sweat 1987年の I Want Her という歴史認識であります。個人的にはDJ機材を買いそろえてレコード収集に夢中になる時期にすでに流行でありましたが、ヒップホップ的なビート感覚との融合性が高かったためとっつきやすかったともいえます。それまでの歌物路線のいわゆる当時のブラコンテイストなものがずっと続いていたらそもそもブラックミュージックに興味を持ったかどうかもわかりません。音楽だけではなくダンスやファッションを含め時代の空気を変える目新しさは抜群で、あれから30年とは時が流れるのは早いものです。
とはいっても今となってはあまり出番のあるジャンルとはいえないのは、現在は扱うジャンルが広くなっているのであまりお呼びがかからないということでしょうか。黒人音楽の進化の過程において時代性がもろに反映された面白いサウンドでありますが、猛烈に好きな人とそうでもない人の差も激しいですね。ダンスをやってる方は好きな人も多く、外国人のお客さんはほぼ無関心のジャンルというのはお店に立っていて感じることですね。Bruno Mars なんかが取り上げてましたが、時代が2周くらい回って新たな世代の人たちから再注目でもされて目新しい評価を付与され浮上してくれば面白いんだけどなあなどとはいつも考えているところ。

さてさてそんな NJS を振り返って Got To Be Real と接点のありそうな曲を重箱の隅を突っつくように探してみましょう。Full Force は80年代中盤から10年くらいメジャーシーンで活躍した R&B、ヒップホップ系のアーティスト、プロデューサーで当時は売れっ子。今回ピックアップするのは1989年リリースの4thアルバム Smoove からカットした12インチシングル Ain't My Type Of Hype で、アッパー系 NJS の筆頭とも呼べるファンクネスが凝縮されたダンスサウンド。曲名を目にするだけで暑苦しいですが、Hype の文字を見るとどうしてもテンションが上がってしまうのはこの時代を生きた証かな。Got To Be Real のあの印象的なホーンが随所に挿入されてますが、音が詰め込まれてるので目立つようで自然と溶け込んでいるのも不思議なもの。
B面に収録された Type Rider (F.F. Smoove Hype Mix) は古典サンプリングソースをこれでもかというくらいメガミックス感覚でぶち込んだ実験意欲満載のヴァージョンで拍手モノ。
映画 House Party でこの曲が使用されてるダンス映像もオールドスクールファンはぜひ。Kid N Play !!!!!!!!!

Full Force / Ain't My Type Of Hype

Full Force / Type Rider (F.F. Smoove Hype Mix)

映画 House Party の BGM 映像

(20:00)

2017/07/15

Chazz (4) Sassy Style
Chazz / Sassy Style
12inch Single


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲というこ とで75枚目にいってみましょう。

ブート盤みたいなのが最近少量出回った1984年のテキサス産80’sブギーのドマイナー・シングル。詳細なんてのはわかりませんが、この筋のコレクターには人気がある曲なのかも。横揺れ感においては遠からずといったところで取り上げてみました。何を歌っているのかはよくわかりませんが、80’sらしい Sassy な雰囲気を味わいところであります。
近年以前にもまして7インチや12インチのレア音源のブート盤らしき類のリリースが加速してるようにも思い、日本に入ってこない商品もあったりですが、当時世界中のあちこちの町でこういったちょっとしたやる気のある人がレコードをプレスして表現活動をしていたんだなあというのを楽しみたいところ。

Chazz / Sassy Style

(20:00)

2017/06/08

Cristina Camargo 1980 CBS
Cristina Camargo / Moral Tem Hora
アルバム Cristina Camargo に収録


ダンスクラシックスの定番 シェリル・リンの Got To Be Real 的な雰囲気が感じられる曲というこ とで74枚目にいってみましょう。

3年位前にフランスの Favorite Recordings からリリースされたブラジリアン・ブギーのコンピ盤に収録されて知った1980年のナンバーだけど、横揺れ感やアレンジはUSのそれらをうまく取り入れて出来上がったもの。

リエディット・レーベル Barefoot Beats からは数か月前に Ray Mang による再構築ヴァージョンが CC Amor というタイトルでリリースされ原曲をちょっと思い出したのですが、こちらはオリジナルの良さを崩すことなくDJ向けなロングヴァージョンのフロア仕様となってます。

Ray Mang CC Amor 2017

Camargo / Moral Tem Hora は Marcos Valle、Paulo Sergio Valle コンビがソングライティングしたナンバーで、Marcos Valle 自身も1981年のブラジル、USクロスオーヴァー人気の名盤 Vontade De Rever Voce で、Pecados De Amor のタイトルでアレンジを変えて取り上げてました。

Marcos Valle Vontade De Rever Voce 1981


Cristina Camargo / Moral Tem Hora

Ray Mang / CC Amor

Marcos Valle / Pecados De Amor





(20:00)