コールセンター little soul cafe     リトル ソウル カフェ 下北沢のSOUL BAR    (ソウル バー)        :100円レコード

100円レコード

2017/12/03

Chuck Mangione Quartet 1972 Mercury
Chuck Mangione Quartet / Land of Make Believe
アルバム Chuck Mangione Quartet に収録


100円レコードコーナーは人生の縮図であるなんて考えるとどんだけちっちゃなとこぐるぐる回ってたんだよとなるけど、まあ気にしないでそれら残骸を拾い集めのお仕事に行くことに。

フリューゲルホーン奏者 Chuck Mangione のアルバムが100円レコードコーナーで売られている景色は学生時代と何ら変わりなく日常的な光景で、いやってほど目にする時期もあったと思うんですよね。それだけこの人のタイトルは売れて市場ではダブついていたということ、Feels So Good のスーパーヒットもありましたしね。昔のレコード集め始めの頃は面白がってこの人のいろいろなタイトルを100円で購入してみたけど、大体そろってくるとレコ屋の100円コーナーで遭遇してもそのうち空気みたいな存在になって自然と無視できるようになるんだけど、それはこの人だけではなくフュージョン的な100円の常連だったリトナー、カールトン、ベンソンにせよ、シャカタクなんかにせよ不感症になる点では一緒。内容はどれも素晴らしいけどレコ堀の醍醐味はまた別のところにあるわけで。

1999年に店を開店させたときによくかけていた Chuck Mangione の曲というのがあって、それは1973年の Land Of Make Believe... A Chuck Mangione Concert に収録された12分にも及ぶ長編傑作のタイトルトラック。DJでもやっていればロフト古典として認識している方もいるであろうある筋には定番の曲。

Land Of Make Believe A Chuck Mangione Concert 1973

赤いイラストのジャケも素敵すぎるんだけど、Land Of Make Believe という壮大な曲はなんかこう希望を持たせてくれて上に引っ張られる高揚感とでもいえばいいのかな、未来はきっと明るくてなんかを成し遂げられそうなんて変な自信を持たせてくれたのでありました。何を歌っているのかは知らないけど、なにかを始めるにあたってはポジティブなエネルギーを発しているとでも解釈したのかも、若いって素敵です。
何年かするうちこの赤いレコードを触りもしなくなるのは、実際はそんなに何かができるわけでもなかったということに気付き始めたからか、それとも純粋な心を失ったからなのかそれはわからない。

今回100円レコードコーナから拾ってきたのは Chuck Mangione Quartet 名義の1972年作で、ここには Land Of Make Believe のスタジオ録音版が収録されている。赤いジャケのはボーカル入りのライブ版で、そうするとこっちがインストのオリジナルヴァージョンだってことに気が付くのだけど、そもそも Chuck Mangione のこととか、Land Of Make Believe への思いなんて忘れかけていた時に別ヴァージョンとはいえ急にこの曲が耳に入ってきたもんで、急に胸がキューンというか。

店を始めた20代後半の頃は人生は長いからこれからいろんなことができるに違いないなんて思いがあったのを少し思い出すけど、でも人生ってそんなに長くないものでやれることって限られているんだなって40歳も半ばを過ぎてくると気が付くわけで、その見たくもないギャップというのをこの Land Of Make Believe という曲は提示したり、疑問を投げかけてきたということになる。大人になるとだましだまし生きていくことにも順応しながら見て見ぬ振りも難なくこなせるわけで、そりゃあ Land Of Make Believe には蓋をしたくなる気持ちもなんとなくわかるのであります。もちろん蓋が付いてる曲はほかにもいっぱいあるんだけどね。

Chuck Mangione Quartet / Land of Make Believe

Chuck Mangione ft Esther Satterfield / Land of Make Believe ライブヴァージョン

(20:00)

2017/11/09

Madonna Classic Mega Mix
Madonna Classic Mega Mix
12inch Single


現実がどういうものかは分かっちゃいるけど明日への活力になるレコードに出合えればというロマンティックな気持ちを常に持ちつつ100円レコードの残骸を拾い集めに行くことに。

マドンナのレコードを収集してるコレクター以外は注目しないような手作り感満載のブートのメガミックス盤。1982年のデビュー曲 Everbody から1985年の Dress You Up までの主要ヒット曲が以下の配置で次々に飛び出します。収録時間は8分42秒で両面とも同じ曲を収録。

1 Into The Groove
2 Holiday
3 Everybody
4 Lucky Star
5 Borderline
6 Like A Virgin
7 Angel
8 Burning Up
9 Material Girl
10 Dress You Up

Discogs のデータを見ると1985年リリースとなっていますが、もう少し後のリリースなんじゃないのかなあなんて気もしますが。どこかしらのディスコでDJしていた人が現場での手間を省くために自分用にヒット曲をひとまとめにした業務用音源で、その出来が良かったのでプレスに至ったのかもしれません。もちろん今の時代からしたらクオリティーは高くないですが、時代の生々しさを楽しみたいところ。
一気にマドンナの初期古典曲が流れて元気になりますが、同時にため息も漏れるのでありました。

Madonna Classic Mega Mix

Madonna




(20:00)

2017/10/16

Evelyn Champagne King The Girl Next Door 1989
Evelyn "Champagne" King / Day To Day
アルバム The Girl Next Door に収録


ちょっとした時間を見つけて100円レコードの残骸集めにいくことに。
ビッグネーム、イブリン・キングの1989年のアルバムをゲットして、これで彼女のアナログ・アルバムはすべてコンプリートとなりました、めでたし。その辺で安価で買える不人気盤とはいえなぜかこの1989年盤だけ抜け落ちてたわけですが、理由などは特にございません、単なる風向きの問題でありましょう。
EMI 移籍2作目で、制作は Leon F. Sylvers III が引き続き4曲を担当しています。時代感がよく表れた打ち込みの強いダンスナンバーが目を引きますが、どうしても世代交代を感じるように響くというのは彼女が過去にヒットを放って当時の華麗に舞う印象が強いからでしょう。ミディアムとかスローはいいですし、Marshall Jefferson & Ten City 制作によるハウストラック Day To Day は、ハウスとブラコンとミッド80’s的なダンスクラシック感覚が見事に融合されたこの時代ならではの旨味が凝縮されといったところ。アルバムの統一感はないけど Marshall Jefferson 節な Day To Day 一曲でポジティヴな気分になれたのでこれはこれでラッキーな発見。この曲は Blaze がリミックスしたシングルもあるので100円で見つけたらぜひゲットしたいところ。
セールス的に厳しかったのでしょうか、メジャー契約はここで打ち切られ次作は1995年の英 Expansion レーベルからのリリースとなってます。

Evelyn "Champagne" King / Day To Day



(20:00)

2017/09/28

Marva King Soul Sistah 2006
Marva King / Be Thankful
EP Soul Sistah に収録


さてと、いつものように100円レコードの残骸を拾い集めに行くことに。2000年以降のR&B、ヒップホップのシングル盤の段ボールにロボットになった気分で手を突っ込んで上下運動を繰り返すという、これなんの罰ゲームやってんだかという気分になるとこですが、いちいち考えないようにしましょう。

2006年に Marva King 25年ぶりにリリースしたアルバムが英 Expansion からリリースされ、当時CDで買って押し入れのどこかにあると思いますが、ここから6曲をカットしたアルバム・サンプラー的なEPが当時アナログでもリリースされていたんですね。ネオソウルなアルバムで、William DeVaughn のあの名曲とか、Minnie Riperton の Baby This Love I Have のカヴァーも印象に残る良作で、CDのジャケはこんな感じ。歌だけでなく作曲、プロデュース、演奏まで自身でこなしています。

Marva King Soul Sistah

Marva King というとそんなに目立つ存在ではありませんがつい先日、1981年のファースト Feels Right が AOR の1000円シリーズで CD 化されていました。1981年に Arista から一枚だけアルバムをリリースしたファンク・フュージョン・ユニット Madagascar ではリード・ボーカルを担当して、このアルバムはモダンファンクの名盤。1990年にボーカル・デュオ Answered Questions を結成して EMI からご機嫌なスウィング・ビートのアルバムを一枚リリースなんてのは忘れてましたので、引っ張り出して聴きなおさねばなりません。プリンス、スティーヴィーのバンドをはじめメジャー・アーティストのバックコーラス仕事も目に付くマルチな職人さんでありますが、こういった才能を見逃さなかった Expansion もさすが。

Marva King / Be Thankful

(20:00)

2017/08/26

Disco Hit Perfect Collectin 82-83 Teichiku
Bill Ashford / Mama Used To Say
アルバム Disco Hit Perfect Collectin 82-83 に収録


自分の住んでる家の真向かいはお洒落なレコード屋さんでしたが、先日閉店してしまいました。家の目の前がレコード屋さんなんてとてもうらやましがられるかもしれないけれど、あまり行かなかったのですね。とりあえずはレコード屋がなくなるのは残念なんだけど、同じ通りで家から一分くらい歩いたところに今度は新しいレコード屋さんがオープンしまして、下北沢は相変わらずのレコード屋の密集地帯なのです。ちなみに自分の店の目の前もレコード屋さんなのは皆様ご存知の通り。
とまあ世間の流れもますます早くなり周囲の景色もめまぐるしく変化している状況ですが、いつものように100円レコードの残骸を拾い集めにいくことに。
日本のテイチクからリリースされた80年代前半のディスコヒット曲を集めたコンピ盤、2枚組で32曲入りの豪華盤であります。当時の日本のディスコで流れていて、なおかつお茶の間の皆様までもが楽しめる内容を目指したものでありましょう。当時の日本の大衆ディスコの現場の感覚が優先されているとは思いますが、収録曲は黒人、白人、US、ヨーロッパ、ジャンルもごちゃまぜで、ポイントはオリジナルアーティストではなく、どこぞのよくわからない無名シンガーや、レコーディングのためだけに集められたであろうスタジオミュージシャンの集合体であろうこちらもよくわからない覆面ユニットがカバーしてる曲を集めたコンピ盤という点でしょうか。いわゆるヒット曲のカヴァーアルバムというやつで、70年代後半のディスコブームの際は世界中でこの類のいろいろなディスコカヴァー集の珍盤が出回り当ブログでもいろいろ紹介してきたと思います。
メジャーヒットのディスコ曲というのはクオリティーがめちゃくちゃ高いのでまともにカヴァーするとたいていはずっこけることが多いというのは長年レコード買ってればわかっていることですが、さて今回はどんだけため息をつけるか怖いもの見たさでの購入となりますが、もしかすると当時の人はオリジナルアーティストのヴァージョンで収録されていると思って間違って購入した方もいるのではないのかなあ。帯には「今日本のディスコで大ヒット中の曲を完全収録!最高の内容とアーティストでおくる、ファン待望のベスト・ヒット・アルバム!!」と書いてあるんですよね。裏ジャケットには曲名しか書いてなくてアーティスト名の記載は一切ありません。自分の知ってる曲や好きな曲がいっぱい収録されてるから喜んで買ったら、すべてへなちょこなカヴァーでがっかりみたいに思った方もいるかも。当時レーベルを横断して皆の知ってるヒット曲のオリジナルばかりを収録してリリースというのが難しかったとはいえ.........ちなみに当時の新品での定価は4000円ということで当時としてはかなり高額なのであります。
どの曲もできるだけオリジナルに近い形でのカヴァーを目指していますが、それゆえなんだかなあという個所も目立ったりもします。収録曲は下の写真をご覧ください。使い道はなさそうだけど当時の資料として楽しみたい盤でありますが、こういった時代の空気の緩さってなんでもきっちり管理されてる今現在から見ると羨ましく映るともいえます。

Disco Hit Perfect Collectin 82-83


Bill Ashford / Mama Used To Say

(20:00)

2017/08/02

Perfect Gentlemen Rated PG 1990
Perfect Gentlemen / Ooh La La (I Can't Get Over You)
アルバム Rated PG に収録


さてと今回も100円レコードの残骸から何か拾えるものがあるのか見にいくことに。よく行くレコ屋の100円レコードの集合体を二つに分けて考えると、一つは買取の段階でまともな値段がつけられない盤をただ同然でまとめて引き取ってすべて100円で放出するケース。もう一つははじめは800円とか500円といったまともな値段で新入荷扱いとして店頭に並ぶんだけど、人気がなく数か月後に値下げされるもののそれでも売れなくて、もうしょうがないから100円の値札を貼られてそのコーナーに移動されるケース。後者の場合お店は買い取り価格を下回った値段で手放すことになると思いますが、どっちのケースにしろ買う側からすると100円には変わらないわけですが、100円になったからと言って誰かが買うとは限らないわけで。
今回の盤ももしかすると入荷した数か月前は800円くらいで売られていたんじゃないのかなあと推測されますね。1990年のR&Bキッズ・ボーカル・グループ、Perfect Gentlemen のファーストアルバム。当時はCDでのリリースがメインの時代ということでアナログ盤はオランダのCBS盤しかプレスされてないのでアナログの流通量はかなり少なく、新譜扱いで日本には入ってこなかったような記憶があります。なのでまあまあレアなんだけど。ジャンル的にも今どきこちらのタイトルをアナログLPを探して買おうなんて人はいないようにも思うんですよね。
New Edition や NKOTB を成功に導いた Maurice Starr が手掛けた第三のキッズグループということで甘酸っぱい思春期バラードはなかなかの見所。Maurice Starr の趣味が出たであろうストリートビートなタイトル曲は不良ぽさもありでサウンド的にも面白いです。

Perfect Gentlemen / Ooh La La (I Can't Get Over You)

Perfect Gentlemen / Rated PG

(20:00)

2017/06/27

Terri Gonzalez Caught Up (In A One Night Love Affair) Miana 2000
Terri Gonzalez / Caught Up (In A One Night Love Affair)
12inch Single


さて今回も大量に放出されたハウス・テクノ100円盤からなんかドキッとするのが見つかるといいんだけどなあという効率の悪い仕事に出かけることに。長く掘り作業をしていると段ボールを数箱物色するうちにこりゃだめだなという気になることも多く、その予感って大体当たることが多いんだけど、一度船は出てしまうと最後の一枚まで見ないと気が済まない時もあって、その日のスケジュールとかコンディションにもよるのかも。

2000年の自主レーベルかな?ダンスクラシックのド定番 I'm Caught Up のハウスヴァージョンをゲット。アーティストはこの曲の作者である Terri Gonzalez。彼女はこの曲を1980年に一度取り上げていて、今回のヴァージョンはハウスアレンジでのセルフカヴァーということになります。
I'm Caught Up というと、もちろんほとんどの方が1979年 Inner Life のヴァージョンで認識してるナンバーだと思うけど、Terri Gonzalez が自身のヴォーカルで録音してリリースしようとしたのを Greg Carmichael に横取りされて Jocelyn Brown が歌ったヴァージョンが先にリリースされヒットして歴史的名曲になったというのは以前も書いたと思います。執念深くもう一度リリースということなのかも。

Terri Gonzalez / Caught Up (In A One Night Love Affair)

Terri Gonzalez


(20:00)