2015年01月07日

高校生の勉強方法について5

 よく、教育問題が、議論されていますが、

勉強の内容がかなり高度な高校生に対しては、

教育課程の範囲の変更や、大学入試制度の変更の

話ばかりで、『ひとりひとりの生徒に対して、

如何に勉強を教えていくか』という議論では

論点が幼児や小学校レベルに集中している傾向が

あるように思えます。

 本来なら、「高校生に対しては、如何に

教えるのがいいのか」とか、「高校生には、どんな

教え方がもっとも効果的なのか」といったことを

議論すべきだと思います。


 多くの高校生は勉強の仕方がわからなくて

悩んでいます。

 そして、「どんな風に勉強すればいいのか」という

質問をします。

 しかし、これに正面から答える人があまりに少なく、

勉強方法を教える人がほとんどいません。


 多くのお母さん方も、どうのように子供にアドバイス

すればいいのかわからなくて悩んでいます。

 そして、幼稚園や小学校でしか適応しない勉強方法を

高校生に教えようとしています。


 そして、多くの高等学校では、依然として旧来の

方法の踏襲が続いていますし、大手の塾や予備校では、

ほんとうに勉強を教える人は画面の中にしかいないので

話ができません。


 今、必要なのは、イノベーションです。それは、

勉強方法にも、求められています。

 小学校レベルの議論とは別に、『勉強の内容がかなり

高度になった高校生に対して、如何に勉強を教えていくか』

という視点に立った、専門的な知識や、教え方の研究

取り組みが、もう少し取り上げられてもいいのではないか

と思います。

IMG_4740-l
 リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら 
 https://twitter.com/LittleAmericaON       大分校地図はこちら  










ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 子育て | がんばれ

2014年12月24日

「英語が好き!」に「文法の力」をプレゼント!!5

 何年も英会話をしてきた、というお子さんでも、

後になって“なんとなくはわかるけど、どうも

点数はとれない”
という状況におちいることがよくあります。

 あっているものを選べという問題なら、なんとなく

正解できるけど、簡単なものでも英語で文章をつくる

ような問題をさせると、むちゃくちゃということも

よくあります。


 このような状況は、文法をほとんど理解していないために

起きているのです。

 今まで英語を聞き慣れてきたことを、無駄にしないためにも、

英語に楽しみながら触れることができている この時期に、

文法を始めて、頭の中を整理してあげたほうがいいのです。


 「英語が好き!」のなかに、さらに「文法の力」をプレゼント!!

できれば、将来その英語を使って何かができるようになる

のではないでしょうか。







 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら
 大分校地図はこちら  


https://twitter.com/LittleAmericaON








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 英会話 | 子育て

2014年11月04日

認めてしまいましょう。 その上で…、5

 受験生のみんなは、計画どおり勉強進んでますか。

 なんとなくあせっている人いませんか。

 何をやっていても、目の前のことではなく、他のことが気になるとか。

 落ち着け、落ち着け!まだまだ時間はあります!

 ひとつずつ仕上げていきましょう。


 自分では、かなりがんばったつもりなのに…、

「点数に結びつかない・・・もう嫌だ!」

いじけたくなっていませんか

 でも、逃げても、根本的に気分がよくなるわけではないですよね。

 そういう時こそ、ぐっと我慢してさらに勉強して克服しなければ、

あなたは救われないのです。


 だれに愚痴をきいてもらっても、

忘れてしまおうとして何か他のことをして遊んでも、

気分転換になればそれでもいいのですが、

解決にはなりませんよね。


「○○ちゃんは、自分とちがって頭がいいから・・・」
「私は頭が悪いから・・・」

そんな風にだれかと自分を比べてしまう人、いませんか。


「あの人のほうが自分より頭がいい。」
「あの人のほうは自分より何でも速く覚えられる。」
 それがどうした!
あなたの思い込みかもしれません。その人は、あなたの見ていないところで
ものすごく努力してきた
のかもしれませんよ。


 さらに、そんな風に考えてしまう人は、この際、

「自分は特別頭がいいわけではないな」と、認めてしまいましょう。

 その上で、「それがどうした!努力で勝ってやる!」と考えるのです。

 勉強は、自分ができるまでやらなきゃ意味がないのです。

 受験生のあなたは、あなたが合格するまでやらなきゃ意味がないのです。

 そう思えば、頭がよかろうが悪かろうがそんなことは関係ないですよね。


 受験は自分との戦いです。

 逃げたら負けや! ふんばれ!

きんもくせい-l







 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら
 大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) がんばれ | 成績の上げ方

2014年10月18日

模試を受けてみたら…、こんなはずではなかった……5

 今まで、学校の宿題ばかりしてきて、結構、成績がよかったのに、

模試を受けたら、ひどい成績で、こんなつもりはなかったのに…、

といったことになっていませんか。

 模試の結果と、学校の成績が違うというのは変な話のようですが、

実際、こういうことはよくあることなのです。


 それは学校のテストはすごく狭い範囲から出題されており、

反対に模試ではものすごく広い範囲からというより、

まったく範囲がない状態で出題されるからです。

 この場合、あなたのほんとうの実力は模試のほうがはるかに正確に

あらわしています。

 そしてこのような結果は学年が進めば進むほど、はっきりしてくることになります。

ひがんなのに-l
 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 若ものよ | 成績の上げ方

2014年10月05日

あなたの使っているシャーペンの芯は…、5

 私は以前ある生徒が 0.3mmの H を使っているというのを

聞いて、がっくりきました。あなたの使っているシャーペンの芯は、

どの濃さですか?、太さはいくつですか?


 H を使うとすれば、よほど力を入れて書かなければ

ならず、そうすれば、手が疲れやすく、長時間の使用に

向いてないのは当然です。

 精密な製図に使う、針の先のような0.3mmのシャーペンを

普通の勉強に使うと、芯が折れたり、紙が破れたり、

ペン先が曲がるのを気にしたり・・・、勉強以外のことに

いろいろと集中しないといけないことがたくさん出てきて

しまいます。


 みなさんは「ゆっくりでいいからきれいに書きなさい」

と何度も、小学校で教えられてきたことでしょう。

 その中で、「きれいに」というところを重視しすぎる人の中に、

「黒鉛のかすでこすれて、紙全体が黒くなったりしないから…」

と、H のような硬く、0.3mmのような細い芯を使うひとが

でてくるようです。


 しかし、このように見た目のきれいさだけを求められるのは

小学校までのことであり、大学人試を目指した勉強の中では、

「できるだけ早く、さらにきれいに(自分が読み易く)」

ということが要求されます。

 そういった点からいえば、硬く細い芯の鉛筆・ペンを使うのは

まったく愚かです。長い時間、疲れずに、速く書くことが

出来ないからです。


 また、ノートをとる場合、字は大きすぎる必要はありません。

 他の人にわかりにくくても自分さえわかればいいのですから、

小さな字で書けばいいのです。

 このほうがずっと速く、能率がいいはずです。


 そのほか、使うペンの握りの太さはどの程度が疲れにくいのか。

 これもあなたに合った太さがあるはずです。



 日本の企業がめざましい伸びを示したのは、こういった

細々した能率をバカにしないで、様々な改善を積み重ねていった

からであり、私たち教育に関わる者もまた、このことの重要性を

知る必要があります。

 特に、受験というのは限られた時間に最大限の達成度が

要求されるわけですから、このことはとても大切です。

ひがんの-l






 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ

littleam at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 成績の上げ方 | 受験

2014年10月04日

まず英単語を覚えることに、しんけんに取り組む5

 単語を覚えるのは、副次的な作業と思っている人が多いようですが、

これは誤りです。

 英文を読むのには時間をかけて、単語はあまり時間をかけず

片手間に、半端な時間でやってしまおうと思っている人が多い

ようですが、これは誤りです。


 英語は言葉を学ぶものであり、だとすれば単語がいちばん大切

わけですから、たっぶり時間をかける必要があります。

 初めの2500程度の単語を覚えるまでは、英文なんか

読む必要はありません



 まず、第一に単語を覚え、それから英文を読むという方針で

進んでください。

ひがん-L






 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら
 大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月27日

きっかけをつくれたら――受験をのりこえ自信をもって生きていける5

 先日の続きです。…焦るばかりの高3のある日、友人に誘われてリトルアメリカにはいり、『慶應にはいろうね会』を結成、両親の反対もあったが、狂ったように勉強を続けた一年間の浪人生活を経て……、

 一年間の浪人の後、私は早稲田、慶應、上智と

自分でも驚くほどたくさんの合格通知が来ました。

 そして、私はずっと憧れていた慶應に行くことに決めました。

 ほんとうに、がんばってよかった、と思いました。

 これは、必死で勉強した人でないとわからない気持ちだと

思います。

 私は慶應大学を卒業できたことも当然よかったと

思っていますが、でも、もっと大事に思うことは、あの時

あきらめないでがんばったことです。


 人より一年長くかかった、その一年があったから

今の私があるのです。

 私の頭は特別いいわけではありません。

 でも、もとの頭がいいとか悪いとか、どうでもいいなあと

思えるようになりました。

 きれいな人だとか、お金持ちの人だとか、そういう人を

すごいとかうらやましいとか思わなくなりました。

 だって、私はじっくりがんばらさせてもらえば大丈夫だ、

最後に欲しいものをつかめるのだと思えるからです。

 たかが受験ですが、その受験をのりこえたことで、

こんな気持ちになって生きていけることをすごくよかったと

思うのです。

 自分に対する自信というのでしょうか、

こつこつがんばれる自分に対してです。


 私は、リトルに出会えて、ある時期狂ったように勉強できたことを、

本当に大事に思っています。

 たまたまですが、私の人生にはそういう出会いがあって、

自分は幸せものだと思います。

 私は今、リトルアメリカで先生をしていますが、私も

偶然にも出会えた私の生徒に、ぜひ自分に自信をもって生きていける

ようなそんなきっかけをつくれたらいいなあと思っています。

きっかけ-l

 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) がんばれ | 受験

2014年09月24日

眠くなる自分が許せない――リトルで必死に勉強5

 先日の続きです。猛反対する両親に土下座し、家出をして、そして週2回バイトをして、そこまでして、自分で望んだ浪人生活だったので、勉強は本当に一生懸命しました。

 リトルアメリカの浪人は、単語やイディオムなど

一人一人自分の計画をたてて、毎日テストをします。

 さらに、週末テストというものがあり、一週間分を一度にテストします。

 この週末テストでは、授業で説明を受けた長文や、ヒアリングなども

一週間分まとめてテストをするのです。

 このテストはすべて先生が直接採点をしてくれます。

 大手の塾・予備校では、とてもこんなことはできません。

 勉強する生徒も、そのテストを用意し採点する先生も両方が

大変なのです。

 しかし、このきめこまやかさがあるからこそ、先生が自分を見ていてくれる

という安心感・緊張感が生まれ、リトルの生徒は必死に勉強するのだ

と思います。


 浪人時代は、一緒に勉強している仲間同士、毎日のテストで

100点をとることに執着しました。

 普通の人が聞いたら、狂っていると思われるかもしれませんが、

100点でなくては駄目なのです。

 先生が駄目だというのではなく、自分に納得がいかないのです。

 95点でも、98点でも、とにかく100点がとれるまで勉強し、

再テストを先生に争って申し出るような状態でした。


 私は、自分の意志で浪人した手前、「絶対に合格しなければ」

と思うあまり、寝たくありませんでした。

 眠くならないわけではありません。

 もちろん、そんなに必死に勉強するのですから、眠くなります。

 そのとき、「ああ、今日はもう寝よう」という気持ちにはなれない

ということです。

 むしろ、「眠くなる自分が許せない、

 どうして私はまだ勉強しなきゃいけないのに眠くなるんだ、くやしい」と

泣きながら自分の頭をポカポカたたいていました。

 私は浪人の一年間、病気になって寝込んだ時以外は、

布団で寝ていません。

 今考えたら、ほんとに狂っていたなあと思います。
勉強-l

 このような一年間の浪人生活の後、私は……



 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) がんばれ | 受験

2014年09月22日

このままで勉強をやめたくない――両親の反対を押し切って…、5

昨日の続きです。高校3年生になってから、リトルアメリカにはいり、『慶應にはいろうね会』を結成して、本格的な勉強を始めたものの、半年ちょっとの勉強では間に合わず、不合格は覚悟の上で、慶應義塾を受験、見事に敗れ去り、仲間と来年への誓いを立てたのでした。

 私の思いは決まっていました。「だれにも文句を言われない

くらい勉強して、慶應に行こう」と思っていました。

 しかし、私の両親は私が女だったからか、

「九州からは出さない」「地元の国立大学に行け」

「ぜったい浪人はさせない」と言いました。

 私が慶應を受験したのも、もし駄目だったら、

地元の国立大学に行くという約束でやっと受けさせて

もらえたのです。

 私は、国立大学にもし合格したりしたら、行かされる、

それなら実力行使しかない!と思い、

国立大学を受けに行って白紙で出してきました。


 父は、入試当日、私を車で大学まで送ってくれました。

 そのとき、「合格したらどのへんに部屋を借りるかな?」と

もう私が合格した後のことを喜んで考えていました。

 私は車の中、「ごめんなさい、ごめんなさい」と心の中で

言いながら、ぽろぽろ泣いたのを覚えています。

 父は緊張しているのかな、くらいに思ったでしょう。


 試験場ではあまりに暇なので寝ていました。

 試験監督から、「大丈夫ですか」と二回ほど起こされました。

 わざわざ受けに来て寝る人はそうそういないだろうなあ

と思って、私はすごいことをしているなあと思いました。


 国立大学の不合格通知がきたときは、どういう態度を

とるべきか悩みました。

 でも、実際、親をだましてしまった、すごいことをしてしまった

と思い、ドキドキして何も言えず泣いてしまいました。


 両親は私が国立大学まで落ちたことをものすごく怒りました。

 そこは合格すると信じていたのでした。今思えば、私が

自分の意志で落ちてきたことをわかっていたんだろうと思います。

 信じられないほど怒りました。

 私は「もう一回だけやらせてくれ」と土下座して両親に

頼みこみました。


 私には「浪人するのはつらそうだ」とかそういう気持ちは

いっさいありませんでした。

 このままで勉強をやめることの方が何十倍もつらく悲しいこと

のように思えたのです。

 そこで、私は家出しかないと思い、「浪人させてくれなければ

死んでやる」と言って家を飛び出しました…。



 私はリトルの友達の家に転がりこみました。

 両親はもちろんリトルに電話したんでしょう、結局リトルの先生が

その友達のうちに来てくれて、「帰りなさい」と言われたのでした。

 私は家に帰り、畑仕事をしている父のところへおそるおそる

行きました。勇気を出して、「お父さん、ごめんなさい」と言ったら、

父はふりむかずに、「お父さんは自分の要求をとおすために

家出とか卑怯なことをする人は好かん」と言いました。

 私はどうしたらいいかわからずにまた泣くばかりでした。 
行先は-l

 とりあえず、浪人することにはなったけれども、

両親の怒りはおさまらず…、私はお金のためというより、

少しでも反省している態度を、誠意を見せるために週に2日

ファミリーレストランでアルバイトをしながら浪人することにしました。

 そこまでして、自分で望んだ浪人生活だったので、

勉強は本当に一生懸命しました。


 リトルアメリカでの浪人は…、



 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  









ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) がんばれ | 受験

2014年09月21日

だれにも文句を言われないくらい勉強して慶應に―『慶應に入ろうね会』結成5

前回の続きです。

 高校3年生の6月24日、私はリトルの仲間5人で

“慶應に入ろうね会”を結成しました。

 最初はおもしろ半分でしたし、まさかまわりの人達も

本当にいくとは思ってもいなかったでしょう。

 まさに“憧れ”でした。面白がって慶應の写真があれば

切り抜き、リトルの勉強部屋にはりまくり、四方が

慶應の写真だらけだったのです。

 さらに、その会にはマネージャーまでいました。

 美人で気立てのいい和ちゃんがなってくれ、彼女が習字で

横断幕を書いてくれたことを良く覚えています。


 それから、リトルには慶應に行った先輩もたくさんいたので、

夏休みなど長い休みには、大学で慶應グッズを買ってきてくれ、

それを賞品にして、単語レース、日本史レースなど

勉強レースをしました。みんなで、「その慶應ファイルは私のものよ!」

とか言いながら勉強するのは楽しいものでした。

 この会の結成は本当に成功だったと思っています。(結果として、
その5人とも早慶上智に通うことになりました。)

 
 現役の受験の時期がきたとき、私は、「慶應にいけないのであれば

浪人したい、それより下のレベルの大学には絶対に行きたくない」

と思っていました。

 それで、落ちるとほとんどわかっていたのですが、慶應をうけました。

 慶應に入ろうね会のみんなも同じ思いで、慶應を受けました。

 そして、みんなで不合格発表を見に行き、

「よっしゃ、落ちてるね、じゃあ来年くるぜ!!」ということで、

みんなで不合格記念写真を撮りました。

 おそらく、そのときの私たちを知らない人が見ていたら、

私たちが不合格だったなんてだれも信じなかったと思います。

 それくらい、みんな明るく希望にあふれていました。


 私の思いは決まっていました。だれにも文句を言われないくらい

勉強して、慶應に行こうと思っていました。
勢い-L

 しかし、私の両親は…、




 リトルアメリカ教育センター

 中津校地図はこちら  大分校地図はこちら  








ブログランキング・にほんブログ村へ


littleam at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) がんばれ | 受験
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 高校生の勉強方法について
  • 認めてしまいましょう。 その上で…、
  • 模試を受けてみたら…、こんなはずではなかった……
  • あなたの使っているシャーペンの芯は…、
  • まず英単語を覚えることに、しんけんに取り組む
  • きっかけをつくれたら――受験をのりこえ自信をもって生きていける