2010年12月

2010年12月31日

練習法総まとめ

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


2011.07.05追記:

少年野球塾では、
被災地の野球少年団に、
義援金を送るため、

以下ご紹介する、

「キッズベースボールドリームナビ」

の優良マニュアルの売上の、
大部分を義援金に充てています

追記ここまで


    [チームSJ練習方法総まとめ]


◆バッティング練習

うちのチームが一昨年春から
取り入れて、大変効果の高かった、

バッティング練習方法


キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


5・6年生19名中、17名が打率アップ

3.4年生20名中、14名が
きっちりボールを捕らえるようになりました


◆正しいキャッチボールによる投げ方、
捕球方法、走塁方法を正しい教えたい、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~



少年野球の指導法や練習方法は、
ほとんどのチームの指導者さんは、
経験論によるものです

もちろん経験に勝るスキルなし、
というくらいですから、 否定はしません

でも私も、30年以上の野球経験者ですが、
今の野球界で、論理的に正しいと推奨される

技術論を説くことも、
教えることもできませんでした

「正しい野球技術を教えたい」

その思いから、
私はこのマニュアルのモニター体験をし、

現在のピッチング指導や、
正しいキャッチボール指導に活かしています

[チームSJ軌跡]

☆2009:春3位、夏優勝、秋準優勝、近隣各大会優勝4回、
準優勝1回、新人戦3位、市内リーグ戦総合優勝、
冠大会3位、ブロック大会準優勝2回 県大会ベスト16、2回

☆2010:春優勝、夏優勝、秋3位、近隣各大会優勝3回、
準優勝2回、新人戦優勝、市内リーグ戦総合優勝、
冠大会優勝2回、ブロック大会優勝1回 県大会ベスト4、ベスト8

☆2011:春優勝、夏準優勝、秋優勝、近隣各大会優勝2回、
準優勝3回、新人戦準優勝、市内リーグ戦総合優勝、
冠大会優勝1回、ブロック大会優勝2回 県大会ベスト16、

☆2012:春3位、夏優勝、秋3位、近隣各大会優勝1回、
準優勝2回、新人戦3位、市内リーグ戦準優勝、冠大会優勝1回、
準優勝2回ブロック大会優勝1回 県大会成果なし
 





littleleague_coach at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

2010年12月26日

小学生の筋トレは効果あり?なし?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


いよいよ、本格的な
冬の訪れですが

このシーズンは、
対外試合がオフということもあり、

筋力強化の
冬季練習に入ったチームも
多いと思われる

今日はその、
筋力トレーニングについて
参考になる記事を、
書いてみたいと思う

我が少年野球チームでも
冬場のトレーニングは、
怪我に充分注意し、

特に予防策として、
練習前の入念なストレッチだけは、
欠かさずに行っている

我々スタッフ一同、
子供たちの怪我や事故だけは
なんとしても避けるよう努めつつ、

そのようなことがないようにと、
心底念じるばかりであるが・・・


昔からよく、

「子供に筋トレをさせると、
筋肉が硬くなって、
背が伸びなくなる」

という噂があるが、
これは事実なのか?
全くのデマなのか?・・・

ずいぶん前に聞いた話ではあるが、
今もって耳にすることがままある

この、

「筋トレは身長伸びないぞ話」

を、まず検証したいと思う


「小学生の筋トレ」については、
数年前に私も子供たちを指導する上で、

大変疑問に思ったことなので、
当時その道のプロにお聞きした経緯がある

また、

「ジュニアのためのベースボールコンデショニング」

なる講習会に参加した折にも、
このテーマをもとに、

著名なコンディショニングトレーナーが
講演されていたこともあった

こと「野球に関してだけ」の
マメさでは負けない?私の、

当時のノートからこの
「小学生の筋トレ」について

私なりに学んで、結論付けたことを、
ご参考までに列記してみたい


(以下講演会メモによる)

 ◆子供の筋トレで勘違いしてならないのは、
そういったトレーニングの全てがいけない
ということではない

骨の伸びを止めるほど
筋肉が硬くなるとは実際おかしな話であり、

仮にそうであるなら腕立て伏せや
腹筋などは絶対行えないトレーニング
ということになる

骨端線の成長は、
筋肉の押さえつけるパワーを
はるかに凌ぐそうで、

たとえば幼い頃から、
サッカーをやったから脚が短い、

などということはなく、
その人は遺伝的に、

脚が短くなる要素を持っていた、
ということだ

◆成長ホルモンの、
分泌が激しい時期とは
(身長が伸びる時期)

主に寝ている時であって、
つまりは寝ている時に
トレーニングをして、

筋力が骨を締め付けている、
というわけではないということ

◆しかし成長期の骨への刺激が
身長の増加につながるというのは、
事実のようで、

バスケットやバレーボールを、
やる子供は背が高くなる、
というのはありえるそうだ

◆正しい解釈は「子供に筋トレはダメ」
ではなく、

「高負荷(重い重量)での
トレーニングを行うと、

子供は怪我をしやすい
(障害を起しやすい)ので
避けるべき」ということだ

その理由は、
子供はまだ軟骨が多いため
筋肉が骨に付着している部分が
弱いからと言うこと

また一概には言えないようだが、
肉体が未発達な子供の場合

「筋トレ」そのものの効果も
期待出来ないと断じる専門家もいる

◆それではたとえば腹筋運動が
1回も出来ないような子供が、

しっかりとしたフォームで
ボールを投げることが可能か?

答えは否である

◆よって、子供たち一人ひとりの
体力を確認した上で、

「適度な(軽い負荷の)筋力トレーニングを」
「3日連続1日休む」

といった「計画性のあるメニュー」で
行うことが望ましいと思われる


さらには、
以下のようなメモもとっていたので
ご紹介したい

◆大切なことは、
ともすればついつい目が行きがちな
「筋力アップ」だけにこだわらず、

柔軟性や反射神経など、
子供の間に鍛えなければならない
能力はいっぱいあるということ

特に野球の場合、
それは必要不可欠なことばかりで、

理想を言えば、
動態視力のトレーニングも
視野に入れたい

◆特に神経系統の発達は、
ゴールデンエイジ(7~10歳)
を中心とした小学生期、

心肺機能の発達は、
だいたい中学生期、

筋力の発達は高校生期から、
と発育の順番は大体決まっている

◆よって、我々小学生指導者は、
ネコシャク的に「筋トレ」にばかり、
目を向けず、

小学生期を逃したら、
なかなか発達しにくいスキルを
中心に考えるべきだ

◆結論的には、
野球をするだけでも日常生活を
はるかに上回る負荷が、
筋肉にも骨にもかかるのであって、

それだけでもじゅうぶん

「筋力トレーニング的要素」

になっているという事実を、
指導者は忘れるべきではない



※本日の記事が、
もし参考になりましたら、

ぜひ応援クリック
お願いします

     
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
     にほんブログ村

新ブログもご愛読いただければ幸いです
参考になる少年野球の技術指導が満載です

「新少年野球日誌
-少年野球の教え方がわかるブログ-」




「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ


littleleague_coach at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

2010年12月24日

少年野球指導マニュアルって役に立つ?立たない?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~



おととい、こんなメールいただきました

「伊能さんのブログはとても参考になります。
しかし情報マニュアルや、DVDをPRするということは、
ビジネス目的のブログなんですか?」

う~~~ん

わかっていただけないのは悲しい

ビジネスで野球理論を熱く語ったり、
指導者の問題を、警鐘したりしませんよ


情報マニュアルというものは、
一般書籍と違って、

購入するまで詳細内容は、
わからないといった
秘匿性が高い商品ですので、

その分値段も、ちょっと高いですね

お金に余裕のある方ならまだしも、
私のような貧乏サラリーマンには、

ちょっとやそっとじゃ、
手が出ない価格帯です

でも、私のような野球バカは、
秘匿性の高い野球指導書の
内容をやはり知りたい!!

と切に思うのです


ですから、そんな思いがあって、
数ある野球指導マニュアルを

コツコツと手に入れてきました


そして、その中から
私なりに優良である、

と判断したマニュアルを
お勧めしているのです


このブログを始めてみて、
知ったのですが、

この手のマニュアルを紹介して
申し込みがあると、

わずかではありますが、
確かに広告手数料がいただけます


私の場合、
以前にも記事を書きましたが、

広告専門で、
ブログをやっているわけではないので

毎月何十本も、
紹介申し込みがあるわけではありません

ですからそのわずかの広告料は、
チーム基金として貯金することと、

数カ月おきにくらいに販売される、
次の少年野球指導マニュアルを
購入する費用に、充てています

(今回は例の、

「あの愛甲猛が教える少年野球の
バッティングを上達させる指導法」
 

のDVD購入費の一部に充てました)


そして、優良なものはまた紹介する

駄作は、こき下ろさず
無視する・・・

こんな感じです

ブログには、
完全なビジネスブログもありますが

私の野球日記は、
そんな目的でないことを
どうかご理解ください



「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ

littleleague_coach at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

2010年12月22日

愛甲猛氏のバッティング指導DVDについて

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


前回ご紹介した

「あの愛甲猛が教える少年野球の
バッティングを上達させる指導法」



のDVD3枚組についての、
ご質問が多く、ちょっと驚いています

内容に関することも、
さることながら、

~驚きのバッティング術~
「キッズベースボールドリームナビ」

とどちらがいいか?


これは聞かれても困ります

以前も書きましたが、
数ある、

「少年野球バッティングマニュアル」

の中でも、
両方お勧めできるからです


詳細は両方のPRサイトを
しっかり読まれることを、
お勧めしますが、

指導内容には共通する点が、
多々ある、

ということですね。

言い回しが違うだけで、
けっきょく大事なことを突き詰めれば、

両マニュアルとも、
正しいバッティング指導法が、
書かれていると判断できます


愛甲さんのDVDは、
キッズベースボールと違って、
値段が高い分、

観るだけで理解できる、
ということでしょうか?


しかし私もビジネスで、
こういった教材を、
紹介しているわけではないので

お勧めはしますが、欠点も書きます


どちらの教材も、
あなたに野球経験がなくても

指導できると、ありますが、
これには私もちょっと抵抗があります


両指導内容ともに、
野球の「や」の字も知らない人には、
かなり難しいものがあります

せめてバッティングといったものを、
多少なりとも経験された方でないと

完全に理解するには、
苦労すると思います

あるいはあなたに、
バッティング経験がなくても、

野球を見ることが好きで、
バッティングというものが、

頭だけでも理解できているなら
まだ大丈夫でしょうが・・・


ということで・・・
あなたがどちらにすべきか
迷われるなら・・・

またまた極秘提案です

前回もやらせていただいたのですが、

「ひとつで二度美味しい」

方法です

しかし、残念ながら
ここには書けません(笑)

まぁそれなりに値段の高い、
情報教材ですから

ふところが寒い我われも、
(あ、私だけかも知れませんが)

ちょっと頭を使って、
有効に情報を活用する、

ということですね

まぁ、厳密に言えば
この手のマニュアル教材は

大変著作権が厳しいものですから・・・


もしご興味がありましたら、
私までメールいただければ、

極秘提案の内容をお教えします


メールでのお問い合わせ先

happy.baseball51@gmail.com



※本日の記事が、
もし参考になりましたら、

ぜひ応援クリック
お願いします

     
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
     にほんブログ村



「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ



littleleague_coach at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆バッティング 

2010年12月19日

優良なバッティング指導DVDです

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


本日は久しぶりに、
優良少年野球指導書の
紹介です

これまた久しぶりに、
我われ少年野球指導者にとって、

大変参考になるマニュアル(DVDですが)が、
出ました

これです

「あの愛甲猛が教える少年野球の
バッティングを上達させる指導法」



愛甲さんが、
現中日ドラゴンズ落合監督の

一番の愛弟子だったことは、
知ってはいましたが・・・


ということで、
早速ながら我がチームでも、
コーチ一同と私で共同購入しました
(あ、共同購入はナイショですが)

内容はDVDですので、
あらゆる指導法が、
映像とともに、

詳細に解説されていますので、
大変わかりやすい、

ということですね

私も、監督として、
バッティング指導法では、

これまで一番参考になったのが、

~驚きのバッティング術~
「キッズベースボールドリームナビ」

ですが、

このDVDも同様に、
大変勉強になったことは確かです

メンタル面から始まり、
バッティングに入る前の予備動作、

少年野球で考えられる、
125kmくらいまでの速球にも、

意外にカンタンに、
ミートできる正しいスイング法など、

かなりのシロモノであったことは、
確かです

まぁこれ以上の内容暴露は、
著作権法に引っかかるので

ご勘弁いただきますが、


キッズ同様、
野球少年たちの、

バッティング指導に悩む
コーチや親御さんには、

ぜひお勧めしたいですね

特にこんなケースに、
当てはまると思います


もし、あなたの選手達や、
息子さんが・・・


・打席に立つと、いつも力が入りすぎて
 ガチガチになってしまう

・小柄のために、パワーのあるヒットが打てない

・体の開きが早くて打球が弱い

・当たってもほとんどが弱い内野ゴロ

・軸がブレてしまうのでなかなか当たらない

・バットヘッドが出てくるのが遅いから振り遅れる

・体が前に突っ込んでしまって腰落としの状態

・なぜかボールが、バットの先っぽに当たる

・頭やグリップが下がり、思いっきりアッパースイング

・バッティングセンターではいい当たりが出ても
 なぜか本番では打てない



といったイメージや、
悩みがあるようでしたら、

ご検討されてもいいかも知れませんね

あ、これまたキッズと同じく、
あなたに専門的な、

野球技術の知識や経験は、
必要ありませんね
 
野球素人でも、
わかる内容であることは、
確かでした




「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ

littleleague_coach at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆バッティング