2011年09月

2011年09月27日

「巨人の星」はいずこに…

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~



今回は、思いっきりクダケたテーマで終始します。
もしタイトルにご興味がありましたら、
笑ってお付き合い下さい。


我が少年野球チームの野球小僧たちと、
マンガの話をする機会がありました。

ブームと呼ぶにはあまりにも当たり前の遊びとなった、
TVゲームの影響が最大因かと思いますが、

彼らのマンガ離れは予想通りでした。


私の少年時代は、遊ぶことといえば、
ベーゴマ・メンコそして野球くらいであり、
さらに昭和40年前後の、マンガブームの渦中に
あったせいか、マンガ本を読むのが何よりの楽しみでした。


少ない小遣いの中からやりくりをし、
マンガ週刊誌を貪るように読み漁ったものです。
(それにしても今の少年週刊誌のブ厚いこと!当時の倍はあります)

そして、読み終えたら友達が買った別のマンガと交換したり、
やはり小遣いを出し合い月刊誌を共同購入したり、

マンガ単行本といえば、今は懐かしい「貸し本屋」で、
お世話になりました。


それにしても現代っ子たちの活字離れは相当なもので、
マンガですらそうですから、新書判・文庫本の小説や、
ノンフィクション誌の類の活字媒体は、夏休みの課題図書でもない限り、
目を通す事は皆無のようです。
(ある子は、それすらも読まず感想文?を書いたとイバッてました)


活字離れと言う言葉も聞いて久しいですが、
現実として子供たちの口から聞いてみると、
ちょっと寂しい気がしますし、国語力の低下というものを、
真剣に憂いてしまいます。

反面TVアニメはけっこう見ているようで、
聞けばかなりのアニメタイトルが子供たちの口から出ました。

また高学年になると、アニメより歌番組や、
バラエティ番組の方に興味が向くようです。

それにしても、最近のマンガ(アニメ)は、夢が少ないですよねぇ…。


私が少年時代に夢中になったマンガやアニメ、
特撮番組を思い起こすと「鉄腕アトム」に始まり、

鉄人28号」「狼少年ケン」「スーパージェッター」「宇宙エース」
「ゼロ戦ハヤト」「マッハGO・GO・GO」「宇宙少年ソラン」

「冒険ガボテン島」「遊星少年パピー」「エイトマン」「風のフジ丸」
「海のトリトン」「怪物クン」「レインボー戦隊ロビン」「マグマ大使」

「オバケのQ太郎」「ビッグX」「秘密のアッコちゃん」「魔法使いサリー」
「いなかっぺ大将」「悪魔くん」「ド根性ガエル」「みなしごハッチ」
「ウルトラQ」「ウルトラシリーズ」etc…

そして、「ハリスの旋風」「アニマル1」「タイガーマスク」
「巨人の星」「あしたのジョー」「柔道一直線」「アタックナンバー1」
「サインはV」「エースを狙え!」「夕焼け番長」「男一匹!ガキ大将」
(…よく出るねぇ)

こういうアニメ世代もまた、我々が走りだったように思えるのですが、
当初はSFモノが多く、そのあとはスポーツ根性モノが台頭してきました。

その良し悪しは別にしても、今の子供たちよりも逞しい想像力と、
大きな夢を与えてもらったような気がします。


ところで意外だったのは、野球小僧たちが我々世代には
あまりにも懐かしい大ヒット作、ノスタルジア・スポ根マンガの代名詞
「巨人の星」をよく知っていたことです。


単にタイトルだけを知っているのかと思いきや、星飛雄馬はもちろん、
伴宙太始め登場人物はほとんど把握しており、

物陰に隠れて「星明子!」とやったら、オオウケしてしまいました。


もちろんマンガを読んだ訳ではなく、TVアニメの再放送(再々々放送?)
やビデオを見たようですが、それでもこの歳になって、

マンガで小学生と共通の話題が持てるのは、ちょっと嬉しいものです
(えっ、そんなことで喜ぶのはあんただけ、だって? 笑)


【個人的偏見その1.】

それにしても「巨人の星」は偉大です。
世代を超えたすばらしいマンガです。

このマンガのお陰で、ニッポン中にどれだけの野球小僧が生まれ、
甲子園をめざし、そしてプロ野球をユメ見て、

今現在、野球関係に携わっていらっしゃる方がいるか
想像に難くありません(もちろん私も、その端くれです)

今のプロ野球界は、「巨人の星」が土台を築いたと言っても
過言ではありません!(笑)

江川卓氏流に言えば、「たかがマンガ、されどマンガ」なのです。


「巨人の星」のパロディ本(というか解説本)も、だいぶ出版されましたが、
ちょっと目に発刊された、双葉社発刊の堀井憲一郎氏著

【「巨人の星」に必要なことは全て人生から学んだ。あ。逆だ。】

はじつに面白かった。

例えば有名な、かの星一徹がちゃぶ台をひっくり返す、
と言うシチュエーションは、実は一度もなかった、
という事をご存知ですか?(私は知ってました)

存在しないちゃぶ台ひっくり返しシーンといい、
目ン玉の炎メラメラシーンといい、漫画家いしかわじゅん氏も
語っておられましたが「巨人の星」は、同じ原作者でありながら、

2大名作とうたわれる片雄の「あしたのジョー」と比較し、
画風やキャラクター性のなどの違いから、随分パロディ化されたものです。


この、

【「巨人の星」に必要なことは全て人生から学んだ。あ。逆だ。】

も同様ジャンルに入るのでしょうが、クダラない、と言ってしまえば
それまでですが、「巨人の星」ファンなら、一度読んでみても
損はないですよ。笑える事請け合い…。


【個人的偏見その2.】

昭和50年晩夏-。
今でも鮮やかに思い出すのは、精悍な顔つきになった長髪の飛雄馬と、
すっかり白髪となったゴマ塩頭ながら、より鋭い眼光と厳しい顔つきの
星一徹が、通学電車の中吊り広告に登場した日の事です。

そしてその「週間読売」の広告ポスター一面に、
ドンと書かれたキャッチコピーは、

「星一徹、ふたたび!星飛雄馬、ふたたび!! 新巨人の星連載開始!!」

とありました。

(なんじゃ、これは?!)

一瞬、我が目を疑ったものの、間違いなくそれは「巨人の星」PART2の
始まりを予告するものでした。

左腕を壊し、

「巨人の星を、おれの新しい人生において、
こんどはどんなゆめの星にするかな?」

と名セリフを吐いて消え去ったはずの主人公飛雄馬が、
5年の歳月を経て再び我々の目の前に登場したのです。


生来右利きだった飛雄馬が、じつは一徹に“左投手有利”説により、
幼少の頃からサウスポーとして育てられた事実が判明。

そして、右腕投手として蘇った飛雄馬だったのですが、
2年余りの連載が終了した読後の感想ですが、

あくまで私個人の意見としては、文字通り「新」は“蛇足”だった、
ような気がします。

このあたりも、静かに真っ白な灰に燃え尽きた矢吹丈が、
二度と再び立ち上がらなかった、「あしたのジョー」との
大きな違いでしょうか?(飛雄馬も燃え尽きたハズなんだ!)


まぁ、そう思いつつも「巨人の星」ファンとしては、
当時連載が始まった「週間読売」を欠かさず読み続けました。

長嶋選手引退後、監督として最下位でシーズンを終了し、
栄光の巨人軍が地に落ちた事に涙した飛雄馬が、

長嶋ジャイアンツを救うべく、血の滲む努力の末、右腕投手として再起-。

再び甲子園での対阪神戦で、飛雄馬がマウンドに立った時は
胸がジーンとしたものです(単純)

しかし、ここからの展開が、旧ストーリー同様で、
飛雄馬の急造右腕投手としての“致命的な欠陥”が判明し、

それを克服すべく“右大リーグボール1号”を誕生させるというもの。

しかもその“右大リーグボール1号(蜃気楼の魔球)”を打ち砕いたのが、
姉明子と結婚し、義兄となった花形満というのが、

またまた前作と同じパターン

しかし花形コンツェルンの専務という地位を投げ捨て、
再び飛雄馬と戦うためにヤクルトスワローズに、

テスト生として入団する花形は偉い!昔どうしようもないワルだったとは
思えません (笑


そして、この時点で「新巨人の星」をカンタンに完結させてしまったのは、
偉大な原作者もマンネリズムから抜けられなかったのか?

(故梶原一騎氏の身辺になにやらキナ臭い事件もあり、
その辺が影響してたんでしょうね)


【個人的偏見その3.】

それにしても星一徹命名の(?ホントは原作者故梶原一騎氏ですが)
「飛雄馬」と言う名前は最高にスキでした。

命名由来は、ひとつは「巨人の星が光り輝く天空を、
(ペガサスのように)雄々しく飛ぶ馬のようであれ、
の願いを込めて」

ふたつ目は「英語のhumane=ヒューマン・ヒューマニズムに語呂を掛けて」
ということでした。

家内や祖父母に反対され叶わなかったのですが、愚息誕生の折に
真剣に「飛雄馬」と名付けようとした私は、アホでしょうか?
(だからあいつは野球をやめちまったんだぁ!)


少年野球関係に「星」クンという苗字の少年がいたのですが、
下の名前は元巨人軍の某有名スタープレイヤーにちなんでいました。

(大変センスある少年で、県内の野球強豪高校に進学しました。
来年あたり甲子園で耳にするかもしれませんよ)

苗字が願ってもない「星」なら、周囲の反対を押し切ってでも私だったら、
間違いなくあの名前にしたのに…(とことんアホでしょうか?)


今回はちょっと(かなり)柔らかい話となりましたが、
少なくとも我々世代の多くは、このマンガ「巨人の星」に夢中になり、
野球にノメリ込んだものです。

夢がありました-。

高度成長期とはいえ、まだまだ今ほど豊かではない時代に、
きらめくような夢を見せてくれました。

「巨人、大鵬、卵焼き」世代の我々子供たちに、
大きな大きな夢を与えてくれました。

今思い起こせば、オヘソがこそばゆくなるような他愛ない夢ですが、
野球と言うスポーツをもっともっとスキになったものです。


そして女のコは「アタックNO.1」の鮎原こずえの
「だって涙が出ちゃう、女のコだもン」のクサいセリフにシビレた男子のために、

「サインはV」ではX攻撃でチラリと見える、ジュンサンダースのオヘソに
ワクワクした男子のために、バレー部へこぞって殺到しました(ンなワケないか)


しかし愚妻もご多分にもれずバレー部組でして、似た者夫婦とは
よく言ったモノです。

その直後に、今度は「柔道一直線」がヒットし、男子は強い男に
憧れる女子のために、一条直也をめざし柔道部へ(違うって)


やがて「エースを狙え!」がバレーボールに取って代わり、
お蝶婦人にあこがれてテニス部へ女子生徒は雪崩れうち…。

多少冷め気味の今の子供たち(中学生)には考えられない現象かも
知れませんね。

それともそんな単純な生徒ばかりが、我が校に集中していたんでしょうか?


それにしても、あの熱い夢を語りかけてくれた「巨人の星」
いずこに行ってしまったのでしょうね?

遠い昔、あの銭湯の煙突の遥か頭上に輝いていた「巨人の星」は、
流れ星となって消え去ってしまったんでしょうか?

もう二度と、野球小僧の前に姿を現さないのでしょうか?

星一徹氏もかなりご年配のお爺ちゃん。
さしもの頑固オヤジも明子さんの孫でも抱いた、好々爺になってますかね?
(想像できん)


やはりあなたは夜なべして、目ヤニ溜めて飛雄馬ジュニアのために、
大リーグボール養成ギブスを造る姿が、似合っていますよ。


明子さんは財界の大物、花形財閥満氏と幸せな結婚生活を送っておられ、
伴氏はこの不況下、常務から社長に就任され、

会長のオヤジさんのもと伴重工業を懸命に経営されているのでしょう。

律儀な田舎っぺ大将左門豊作氏は、弟妹全員を大学卒業させ、
現在は横浜ベイスターズの二軍監督に就任し、

新宿の元女番長京子婦人と、慎ましやかに暮らしておられると、
聞いています(誰から?)


そして、我が少年時代の永遠のヒーロー、星飛雄馬氏も60歳過ぎの
初老オヤジとなりました。

きっと今頃、少年野球の監督でもやっているのでしょうかね?…



にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
  にほんブログ村

この記事に面白かった!というあなた、
ぜひ2つクリック応援でお帰りください



※正しい技術指導と練習方法のまとめ記事 




littleleague_coach at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・野球日々雑感 

2011年09月14日

真の少年野球指導者像とは!?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~



大変ナマイキかつ
僭越ながら・・・

記事タイトルのとおり、
優秀な指導者として、

私が求める理想の、
少年野球指導者像です

きれいごとはやめて、
今日は本音で書きます

以下の指導要綱は、
私が懇意にさせていただいている、

某野球クラブ指導塾の方針を、

多少私の言葉でアレンジして、
書かせていただきました

文章に障りがありましても、
なにとぞご容赦ください


1、子どもを怒鳴るべからず!!

できなくて当たり前、できたら誉めるべし

キレまくるおバカ指導者よ

子ども相手に、なぜそこまでムキになる

ストレスのはけ口を、少年野球に
持ち込むべからず


「子ども来た道、叱るな 年寄り行く道、失笑(わら)うな」


2、自己満足のために、必要以上に、
勝ち負けにこだわるべからず!!

強豪(ストロング)チームと言われりゃ嬉しいが
良き(グッド)チームと言われているか?

それを己に問うてみよ

少年野球には、勝敗以上に
大事なものがあるということ、

それを努々(ゆめゆめ)忘れるなかれ

「勝利は目的ではない、目標であることを自覚せよ」


3、正しい野球技術を、子どもたちに教えているか!?

経験論だけではない、真の野球技術論を学ぶべし

それが未来ある野球少年への、正しい指導法である

その努力を惜しむなら、指導者をやめ応援者に回るべし

「正しい技術指導こそ、子どもの上達の早道」




にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
   にほんブログ村

この記事にご賛同いただけたら
ぜひ2つクリック応援でお帰りください



※正しい技術指導と練習方法のまとめ記事 




littleleague_coach at 15:07|PermalinkComments(6)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

2011年09月07日

悪しきバッティング指導法で子どもたちがうまくなるか!?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~



なでしこジャパンの活躍!!
ザックジャパンの躍進!!

すばらしいですね!!

野球も負けてはいられない!!


ということで、
少年野球指導者のみなさん、

正しいバッティング法をご指導して、
ガンガン打てる野球少年を、
育てましょう!!


という意気込みも消沈しそうな、
質問メールをいただいています

最近また多い質問なのですが、

「子どもが監督に、
ゴロを打つために、

上から叩きつけるように打て、
と教えるのですが、
これはいかがなものでしょう?」


うーーん・・・

この悪しき指導が、
未だ行われているということに、

愕然とした思いにかられます

サッカー界では、
Jリーグ発足当時から、

外国人一流選手の動き、
各動作及び走り方を、

運動物理学から、
合理的な練習法を、

愚直なまでに、
取り入れることによって、

日本サッカーレベルを、
ここまで押し上げた、
と聞いています

また少年サッカー界にも、
縦割り行政的に、

クラブチームの支援など、
積極的に行われています



ところが、世界にも冠たる、
日本野球の、根底でもある、

少年野球界では、
未だに昭和の悪しき指導法が、

団塊の世代前後の指導者の、
経験論のみに頼った、

悪しき、
「ダウンスイング崇拝者」

によって、
行われている現実・・・

(これは前記事のメンタル指導も
含めての話です)


私も正直、反論に疲れました

過去には野球エッセーでも、
数年書き続けましたし、

このブログでも、
3回は記事にしています

私が知る限り、この、

「最短距離を・上から・叩け」

なる3悪バッティング指導は、

昭和40年代前半から、
続いています

真偽のほどは定かではありませんが、

読売巨人軍V9時代に、
メジャーリーグのドジャースより

取り入れたバッティング法と
聞いています


この非合理的な、
バッティング理論は、

平成に入った頃には、
多くの野球理論博識者から、
否定されています

しかし、アマチュア野球の、
特に高校野球の世界では、

「チームバッティング」

という意識と指導の下、
相変わらず、

「上から叩け」
なんですね

なぜこの「ダウンスイング法」が、
非合理的なのか、

ズラズラ書き出すと、
夜中になってしまうので、

要点のみ列記させていただきます


・投球後のボール軌道は、どんな場合でも
上→下であるがゆえに、

ダウンスイング軌道では「一つの点」でしか
ボールを捕らえることはできない

※ボール軌道に対してレベルに振れば、
ボールを「線」で捕らえることになる

・バットを、上から下へのスイングを行えば、
トップハンドは限りなく背屈し、

パワーのあるスイングが不可能になる

この2つだけでもどれだけ、
バッターが不利になるか、

野球を、バッティングをご存知なら、
すぐにご理解いただけると思います

ではどういうバッティング法が、
野球少年に最適なのか、

どうすればヒットを打つ確率が
高まるのか、

良かったら、
私がモニター実施して、

うちの野球小僧たちを、
ほぼ全員3割バッターにできた、

こちらの野球教材で、
正しく習得されることをお勧めします


◇キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~





少年野球,指導法,練習方法,バッティング練習法,コーチ法,a_line021



今日もお読みいただき、
ありがとうございます


  
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ     人気ブログランキングへ
    にほんブログ村

この記事にご賛同いただけたら
ぜひ2つクリック応援お願いします。


「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ



littleleague_coach at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆バッティング