キャプテンの続き話野球小僧的恋愛論

2011年10月31日

負けに不思議の負けなし-負けるチームは理由がある?-

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


「負けに不思議の負けなし」


このサブタイトルを読まれて、

「あ、パクったな」

と思われた方も、
多いかと思います。

ご存知の
通り、
元楽天イーグルス監
督、
野村克也氏の著作のひとつに、

「負けに不思議の負けなし」(朝日文庫刊)

があります。

野村さんは知将とうたわれるだけあり、
数多くの書籍を執筆されていますが、

「負けに不思議の負けなし」

は、そのタイトルを、

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

なる格言の一部から、
引用されたそうです。


もともと、とある政治家が
選挙戦で使われたそうで、

昔の軍書あたりが原典ではないかと、
文中で語っておられます。


野村克也氏と言えば、
言わずと知れた【ID野球】の先駆者であり、

常に確率の高い、
いわゆるセオリー野球をベースとして、

「考える野球から情報野球へ」

を実践され、
ライバルチームや各選手の情報を、
徹底的に数値化・データ化した、
逸話は有名です。


’98のヤクルトスワローズ監督時代には、
パ・リーグの覇者、

オリックス・ブルーウェーブを破り、
日本一に導かれました。

プレイヤーとしての、
野村克也氏の全盛時は、

昭和30年代後半となりますが、
ご本人の弁に、

「長嶋、王がヒマワリなら、わしはひっそり咲く月見草」

の、あまりにも有名なセリフがあります。


私の少年時代は、
“巨人・大鵬・卵焼き”の、
典型的世代ですから、

長嶋・王さんらのメジャーな方々の陰に隠れ、
パ・リーグのホームラン王を独占し続け、

【和製ベーブ・ルース】
とまで称えられた、

野村さんの選手時代は、
情けない事にあいまいな記憶しかありません。


昭和29年南海ホークス入団から、
昭和50年に600号ホーマーを放ち、

その5年後の昭和55年11月に、
捕手としては驚異の3017試合出場を果たし、
現役を退かれました。

南海ホークス時代後期の、
昭和45年からの選手・監督兼任で活躍され、

その後引退説を跳ね返し、
当時ロッテ・オリオンズ監督金田正一氏の下で、
現役続行。


さらに現役生活27年を終えた、
最後の移籍球団、

西武ライオンズ時代のマスク姿は、
記憶に焼きついています。

それにしても、
45歳まで現役を貫かれたことは、

30歳半ばでユニフォームを脱ぐ、
選手が多い昨今では、賞賛に値します。


またこの頃、
野村さんのサイン色紙には常に、

「生涯一捕手」

の名文句が書かれるようになり、
誰しもが知る所となりました。


しかし、捕手時代のバッターへの
囁き戦術やら、

解説者時代の横柄(失礼)な発言、

あるいはヤクルトスワローズ監督時代の
フテブテしい態度やら、

私の個人的な好き嫌いで言わせて頂くと、
正直野村さんのイメージは、
あまりよくありませんでした。


そんなある日、
偶然手にした書籍の文中に、

野村さんのひとつのエピソードが、
掲載されていました。

ウロ覚えですが、
内容は次の通りだったと思います。


プレイヤーとして球史に残る
輝かしい数々の実績を上げ、

プレーイングマネージャーまで務めながら、
古巣南海ホークスからは、

石を持て追われるごとく、
身を引かざるを得なかった
野村さんでしたが、

ロッテ、西武と渡り歩いて、
引退後はマスコミを舞台とした、
評論家生活が始まりました。


独自のデータに基く、
緻密な分析が人気を呼び、

野村節とも言われる
ユニークな語りが評判となって、

各講演会に引っ張りダコの毎日が
続いていたそうです。


そんな日のある朝、
その日も講演会が予定されていて、

野村さんは身支度を整え、
出かけようとしたらしいのですが、

何故か自宅玄関前にガックリ腰を落とし、
立ち上がる気配がない。

かの沙知代婦人が心配して、
事情を聞いたのですが、

こんなやりとりだったと思います。

「そんな所に座り込んでどうしたの?時間がなくなるわよ」

「わしはもう、講演会など行きたくない」

「どうしてよ?」

「講師なぞやりたくないんじゃ」

「講師をやりたくないって、じゃあなたは何をやりたいって言うの?」

「…わしは、ユニフォームが着たい…もう一度野球がやりたい…」

ボソリと野村さんは、そう呟いたそうです。


このエピソードを読んだその日に、
思わず私は野村さんの半生を綴った、

長沼石根氏著
【球界に咲いた月見草】

を購入していました。


そして氏の人となり、を知ることができ、
例によって単純ながら、

野村さんを見る目が変わり、
その後氏の著作のほとんどを、
読ませて頂きました。

(以上、野村克也氏の解説文及びデータは、
前出の【球界に咲いた月見草】
より抜粋・参考させて頂きました)


さて、今回はこの野村克也氏著

「負けに不思議の負けなし」

の書籍紹介と言うわけではありません。

その言葉の意味するところは、
野村さんも明確には定義されているわけではなく、

「野球とは、理にかなわぬことを多くやった方が負けるもの」

と述べているだけに止めています。


少年野球の世界は、

「理にかなわぬことを多くやってしまいがち」

という点も見逃せません。

これは相手が小学生である以上、
指導にも限界がありますし、

理詰めで教えることでもない、
と思うのです。

とはいえ、

「負けに不思議の負けなし」

の言葉通り、

負けるべく要素が確かにある以上、
理にかなわないプレーを続ける以上、

たとえ少年野球の世界とはいえ、
勝利の女神は微笑んではくれないのでしょう。


今朝、出勤前に、
一昨日秋季大会を終えた球場を、
愛犬とともに訪れました。

誰もいないグランドはしんと静まり返り、
野球小僧たちの熱い戦いの記憶を、

思いを起こさせるかのように、
秋風が砂塵を何度も何度も、

巻き起こしていました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ご質問の多い、
各野球マニュアルにつきましては、

以下の紹介サイトをご覧ください。

少年野球塾のマニュアルでしたら、
こちらの記事でご紹介しています。

※野球がうまくなる練習方法のまとめ記事


以前ご案内した、
少年野球塾推薦の2つのマニュアルは、

「夢の甲子園出場を現実にする方法」


少年野球・中学野球・草野球・あらゆる軟式野球の
戦術、作戦、必勝法を網羅した軟式野球の兵法



どちらにも、
義援金ご賛同感謝特典として、


「効果抜群!
少年野球効率アップする7つの正しい練習法」


のマニュアルが付いています
よろしければご一読ください



ベースボールバイブル【CD】
“野球人として大切な事は、みんなPL学園で教わった” 覚前 昌也



今日も拙い記事お読みいただき、
ありがとうございます

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村



「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ



littleleague_coach at 15:51│Comments(0)TrackBack(0) ・野球日々雑感 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キャプテンの続き話野球小僧的恋愛論