間違った指導をすればチームは弱い!?当然です【野球動画】ミスジャッジなど参考になります

2012年01月28日

イチロー選手の投球写真で学ぶ、正しい投げ方

以前ご紹介した、

「正しい投げ方」

のいくつかの
記事内容について、

「腕をまっすぐ振って投げる悲劇~
なぜ小指が相手を指すのか」


この記事に対して、
ご質問メールを、
数通いただいています

この理論も「今さら話」
なのですが、

中でも、

「まっすぐ振った投球腕が、
捻られるはずがない」

「捻ったように見えるのは、
変化球(シュート)を投げているのでは?」

といった反論?には、
失礼を承知で申し上げれば、

正直言って、
ウンザリしています


まっすぐのボールを
投げているにもかかわらず、

腕が捻じられ、
リリース後の手のひらが、

外捻されるのは、
変化球を投げるような、

「意図的な投球モーション(動作)ではない」

ということに、
お気づきになりませんか?

いわゆる「女の子投げ」と呼ぶ、

ヒョイとボールを肩上に担いで、
そのままボールを投げても、

捻じれ動作は生まれません



手塚一志氏投球原理で
申し上げれば、

「ボールを後方に引く際に起きる、
スクラッチモーション(引っかき動作)から、

ナチュラルにスパイラルモーション(内捻動作)
が生まれれば、

リリース後の投球は自然に外捻されるもの」

なんですね。

私のバイブル的指導書、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~

からイチロー選手の、
キャッチボール写真を
お借りしましたので、

ぜひぜひ、
この自然な投球原理を、

ご理解ください


少年野球,指導法,正しい投げ方,練習方法,2012y01m28d_162248472


今日も拙い記事お読みいただき、
ありがとうございます


野球がうまくなる練習方法のまとめ記事


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村

この記事にご賛同いただけたら
ぜひ2つクリック応援お願いします。


「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ




littleleague_coach at 16:38│Comments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆ピッチング☆ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
間違った指導をすればチームは弱い!?当然です【野球動画】ミスジャッジなど参考になります