体罰が存在するチームで子どもは育つか?小学生アンダースローピッチャーは是か非か!?

2012年06月19日

実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~



少年野球の指導の中で、
何が一番難しく、
困難であるか・・・

そう問われれば、
私は真っ先に、

「子どもたちへのメンタル指導」

と答えます

高校生クラスともなれば、
自主性もあり、

練習の意義、
強い心のあり方、

そして大事な試合で、
持ち続けるべき、
モチベーション・・・

そんなメンタル要素も、
ある程度は理解でき、

私の尊敬する、
高畑好氏や白石豊氏の、

さまざまな
「メンタルトレーニング法」

などに基づいて、
指導することも、
できると思います

少年野球メンタル指導法,練習方法,2012y06m19d_1709525222012y06m19d_171024697


しかし残念ながら、
この手のメンタル強化法は、

小学生に指導するには・・・

強い心のありようを、
じっくり諭すには、
正直難儀なものです

過保護時代を通り過ぎ、
今の子どもたちの何人かは、

辛いことには背を向け、

困ったことがあれば、
誰かに泣きつきます

心通わせようと、
じっくり目線をそろえ、

話し合ってみても、
なかなか通じてくれないことも
事実です

それが試合では、
緊張へとつながり、

バッターボックスで、
固まる子どもや、

守備でもボールを自ら
呼べない子が、

毎年何人かはいるものです

「バッチコーーイ!!」

の本当の意味を、
諭しても、

理解してもらえないことに、
指導歴10数年の私としても、

忸怩(じくち)たる思いに、
とらわれることも、
しばしばです

少年野球塾さんの、
キッズマニュアル2にも、

こういったメンタル指導方法が、
解説されていますが、

上がり症やら、
緊張の呪縛から解けない・・・

あるいは、
実力の半分も試合で出せない、

そんな子どもがいることに、
何かいいメンタル強化法はないかと、
考えあぐねていた矢先、

以下の教材を手にしました

        少年野球メンタル指導法,練習方法,2012y06m19d_171521190

著者は、野球とは直接関係ない、
格闘技のプロ上田吉孝氏ですが、

このメンタルトレーニング法の、
(と言っても意外にあっさりしたものです)
ノウハウはすばらしいもので、

この手があったのか!!
と気づかされるマニュアルでした

子どもと言うものは、
小学生と言えど、

立派に、
プライドはあります

そのプライドを逆手に取る
(言葉は悪いですが)考え方や、

緊張をあっさりと取り除く、
言葉のマジック、

練習などで身に付いた能力を、
出し切ることのできる癖の付け方、

それと私が驚いたのは、
感情のコントロール術です

大人でもなかなか難しい、
感情のコントロール、

それを上手に身に付ける、
テクニック法は、

私自身参考になったくらいです

秘匿性の高い、
情報教材ですので、

ここにすべて、
解説するわけには行きませんが、

ご興味のある方は、
公式ページを読むだけでも、
参考になると思います

なおこれまで通り、
このリンクは少年野球塾さんを通じた、

東日本復興支援(各少年野球団体)
への義援金リンクとさせていただいています

野球・サッカーから格闘技まで、
大きな舞台であればあるほど本番に強くなる!
上田式実力発揮マニュアル


上田氏の以下の言葉は、
肝に銘じたいものです

「(子どもが全部)自分でできるようにするのが、
親の役割であって、

(子どものためと勘違いして)保護していく道を、
全部決めてあげるのが親の役割ではありません。」


「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ


littleleague_coach at 17:51│Comments(2)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 伊能   2012年07月10日 16:07
清水さんコメントありがとうございます。
お役に立てて私も嬉しいです。
ご子息のご活躍心から願っています!!
1. Posted by 清水   2012年06月23日 21:47
伊能さん。いつもブログ参考にさせていただいています。

伊能さんお勧めの上田式実力発揮マニュアル
買ってみました。
率直に言ってとても良いマニュアルです。
伊能さんが勧めるだけのことはありました。
僕はそう思いました。

このやり方で引っ込み思案で上がり症の息子に
ちょっとやらせてみたら、いきなりやる気全顔のトークで驚きました。
このモチベーションの上げ方が実力発揮になるんですね。
とても良い教材を教えていただきありがとございました。
これからもブログ読ませていただきます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
体罰が存在するチームで子どもは育つか?小学生アンダースローピッチャーは是か非か!?