速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?負けに不思議の負けなしとは言え…

2013年07月02日

より遠くへ打球を飛ばすために!!

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


じつはうちのチームに、
異色のプレイヤー、

Kクンがいます

何が異色かと言うと、
Kクンは5年生の途中まで、

柔道の選手だったのです


昨年秋に、
突然野球の魅力に取りつかれ、

柔道場を辞めてまで、
入団してきたのですが…

Kクンはその柔道でも、
抜群の運動神経を、
いかんなく発揮し、

大きな大会などで、
何度も優勝経験のある、

すばらしい柔道選手だった、
ということです

野球に転向するに当たっては、
いろいろあったようですが、

その辺の話は、
割愛させていただくとして…

そのKクンの野球センスもまた、
抜きん出ていたのです


走攻守どれをとっても
申し分ないですが、

6年生とは思えぬ、
パワーヒッティングに、

正直私は何度も、
度胆を抜かされtました


じつはうちの小学校の、
グラウンド奥に(レフト方向)
学校プールがあって、

金網フェンスが、
巡らされています

バッターボックス位置から、
そのフェンスまでは、
およそ70M程度ですが、

我々大人が、
良い当たりをすれば、

そのフェンス超えの、
打球を打てますが

この10数年間に、
小学生である彼らが、

そのフェンス超えの打球を
打ったのは、

私が把握している限り、
過去に2人しかいませんでした

ところが!!

そのKクン、
このフェンス超え打球を、

もうすでに、
4回放っています


それもフェンスを
大きく超えて、

プールに、
ダイレクトインですから、

推定飛距離75M!!
といったところです


小学6年生にして、
この飛距離が、
いかにすごいかは、

経験者なら、
おわかりただけると思いますが、

参考までに東京ドームで、
レフト外野フェンスまで100M、

比較的狭いと言われている、
神宮球場でさえ、91Mです


さて、
前置きが長くなりましたが、

言いたかったことはKクンの
そのパワーの秘密です

これは柔道で培った、
Kクンの身体能力の
すばらしさではありますが

彼の上腕筋が大変強い、
という点にあります


また握力もさすがに、
並外れた強さがありますが、

上腕筋の強さは、
我々大人でも、

腕相撲でかろうじて勝てる
(負けたコーチもいました!! 笑)
といった具合で、

上腕筋でも力こぶのできる、
二頭筋の裏側の、

三頭筋の強さに秘密があると、
私は睨んでいました


  少年野球指導法,練習法,バッティング練習法,2013y07m02d_162524115

※Goo「人体図(筋肉) - 人体図・図解・体の仕組み」より拝借


そんな折、
私はKクンに、

柔道時代に行っていた、
トレーニングの数々を
聞くことができました

その中に、
上腕三頭筋を強化する、

意外にカンタンな、
エクササイズがありました


この三頭筋の、
鍛え方については、

私もだいぶ前に
記事にしていますが…



これはバットを使って行う、
トレーニングですが、

Kクンのやり方は、
もっとシンプルで効果的です


写真のように、
やや首を前に倒し、

頭上よりやや後ろで、
掌同士を合わせますが、

DSC_017811

少年野球指導法,練習法,バッティング練習法,DSC_017911


コツはこの時に
掌全体ではなく、

写真のように、
合わせることです

少年野球指導法,練習法,バッティング練習法,DSC_01801

これで上腕筋全体ではなく、
三頭筋がより強く鍛えられます

これで力いっぱい押し合い、
6~8秒数えたら終了

これを3セットで十分です

この瞬発的筋力トレーニング法は、
アイソメ式と言う鍛え方で、
知られた方法です


もちろんバッティングは、
腕力だけではありません

下半身のパワーや、
腹筋背筋とて、
使われる運動ですが、

たとえば、
腕立て伏せが、

3回もできないような、
非力さでは、

間違っても75Mもの、
飛距離ある打球は、

打てっこない、
ということですね


※本日の記事が、
もし参考になりましたら、

ぜひ応援クリック
お願いします

     にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
     にほんブログ村



「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ



littleleague_coach at 17:09│Comments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆バッティング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?負けに不思議の負けなしとは言え…