少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法再び、真夏の野球にはご注意を!!

2014年07月09日

では、野球少年にヒットを打たせるコツとは?

サッカーFIFAワールドカップが、
大盛り上がりですね!!

野球も負けじと行きましょう!!


前回の記事、


「少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法」

には賛否両論的なメールを、
数多くいただきました

とは言っても、
賛否の否定派さんの、
メール内容は、

「アウトローの打ち方や、練習法への否定」

ではなく、

そこまでのレベルのあるチームや、
子どもなら良いけど、

それ以前に、

「ストライクのボールをいかに長打やヒットにするか」

が先決です、とありました
確かにごもっともです


では単純明快に、
(とはなかなか行かないのですが)

子どもが長打やヒットを打てるコツを、
私なりに以下列記させていただきます


   少年野球指導法,ヒットを打つコツ,


1、体や筋力に合った重さのバットを使うこと

2、ピッチャーの投球腕から繰り出される、
ボール軌道をしっかる見ること

3、インパクトまでそのボール軌道とボールを、
目で追うこと

4、ピッチャーモーションに合わせ、
タイミングをとること

5、さらに軸足に重心を乗せ、インパクトで
その体重移動ができること

6、スイング軌道はレベルからアッパーに入る、
軌道を取ること


と、ここまで列記しているうちに、
これ以外にもさまざまな注意点が、
出てきます

特に小学生に見られる悪癖として、
バッターボックスで構えたまま、

固まってしまうケース、

これは筋肉が緊張したままで、
打つに行くことになるので、

大きなパワーロスをしてしまします


バッターボックスでは、
バットを構えず、

ホームベース上で、
少し揺らしてみたり、

肩にバットを乗せ、
グリップを握ぎ握ぎしたり、

あるいは、
足を踏み踏みするなり、

「筋肉休止期状態(サイレント・ピリオド)」

を作っておくことです


これはピッチャーがセットに入るなり、
振りかぶるなり、

モーションに入った時に、
構え直せば良いことです


また4、のタイミングをとる上で、
大きな動作でタイミングを取りと、

バットをトップ位置に、
持ってくるのが遅くなり、

結果振り遅れ、空振りとなる

さらに5、の体重移動も、
軸足に重心を残さず、

体重のほとんどを、
ステップし脚に移動すれば、

文字通り、

「突っ込んだバッティング」

になること

さらにさらに、
体が開いたまま打ちに行けば、

ドアスイングになり、

インパクトでバットを、
こねるような打ち方をすれば、

引っかけてサードゴロ
(右バッター)になりかねない…

いやいや…

やはり書き連ねてみれば、
基本的なバッティングでも

教えることや、
注意点は多いものです(汗)


それもこれも我々指導者が、
怒鳴ることなく、

わかりやすく子どもたちに、
教えるしか術はありません


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


以下教材PRになりますので、
興味のない方はスルーしてください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少年野球塾さんより、

「2014年夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


littleleague_coach at 16:11│Comments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆バッティング 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法再び、真夏の野球にはご注意を!!