再び、真夏の野球にはご注意を!!優良野球指導教材・DVD・書籍のまとめ

2014年08月06日

球審ジャッジにムカつく子どもに喝!!

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

過日M市の近隣大会に、
参加したときのことです

1回戦で顔合わせした、
チームとの試合中の出来事ですが、

バッターボックスの、
相手チームの一人の選手が、

ストライクの判定を巡って、
露骨に不満な態度を取りました

ファーストストライクは、
真ん中低めいっぱいを見逃し、

ええっ!!
といった顔で苦笑いしたものの

2ボール2ストライクからの、
外角いっぱいのコースを、

見逃しての三振では、
あからさまに不満顔を見せました

ベンチにいた私からは、
その場面がよく見えていましたが、

確かにストライクにも、
ボールにも、

取れるコースだったと、
思います


しかし、
一番近くで見ている球審が、
ストライクとジャッジしたのです

その選手は球審を振り返って、
睨むような視線を送った後、

ふてくされるように、
ベンチに戻りながら、

「チョームカつく!!」

とこっちのベンチにまで、
聞こえる声で、

バットを乱暴に、
バットケージに放り入れて、
行ったのです

「なんだあいつは…」

私の隣にいたコーチからも、
つぶやきが漏れました

私もその様子を見て、
正直腹が立ちつつも、

相手ベンチの指導者が、
その選手に注意をするものと
思っていましたが、

どうもその気配がありません


そのイニングが終わった時に、
球審がベンチにおもむき、

監督に注意するシーンが
ありました

さもありなん、です

今どき少年野球で、
こんなケースに遭遇するのも、
珍しい?ことではないでしょうか?

「審判の判定は絶対」

と指導する以前に、

自分たちの野球を運営する、
協力者である大人たち、

それは親であり、指導者であり、
審判団であることを、

教える必要があります


その選手はその後も、
守備での怠慢プレーが多く、

大差で負けていたせいか、
野球そのものにやる気を、
感じませんでした

試合終了後の我々への、
ベンチ前整列挨拶の際も、

キビキビとした動きもなく、
儀礼的に頭を下げて行きましたが、

審判員でなくとも、
一喝したい思いを抑えたものです

野球の技術指導と同等に、
最低限の礼儀として、

指導者が教えてあげる、
必要がある、

と感じたのは私だけでは
なかったと思います


11-2の完勝の後味は、
決して良いものではなかった…

そんな真夏の遠征試合でした


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

少年野球塾さんより、

「2014年夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、
2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、


「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

以下過去記事からの、
お勧め記事です

「より速いボールを投げるには!?
-Xジャイロによる正しい投げ方を学ぼう!!-」





littleleague_coach at 16:23│Comments(0)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
再び、真夏の野球にはご注意を!!優良野球指導教材・DVD・書籍のまとめ