2014年11月11日

マウンドにピッチング軸足の跡が残るのは…

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

前記事まで、
ルール解説に終始しましたが、

ご理解いただけましたでしょうか?


今回から再び、
技術的な点に話を戻したいと、
思います

先日某チームのコーチから、
次のような質問がありました

「ピッチャーも含めて、
ボールを投げ終わった後の地面には、

(右投げの場合)軸足で右方向に「/」の跡(あと)や、
子どもによっては「S」の字を反対にした跡、

しいて言えば「?」マークのような跡が残りますが、
これはどういうことなんですかね?」


結論を先に言えば、
これは傾向としては、
大変良いものです

つまり軸足に乗った体重が、
ステップ脚に移行する際に、

「投球時に腰のズラし運動によって、
粘りを持った軸足がうねられて」

地面に跡を残す証拠だからです

「腰のキレが良い」
と表現する人もいます

   少年野球指導法,ピッチング練習法,少年野球の教え方,ピッチャーの軸足

これは軽いキャッチボール程度では、
ほとんど跡は残りませんが、

投手が投げた後のマウンドには、
軸足の引きずられた跡が、
しっかり残っています

子どもの中には上背があって、
上体の筋力だけで投げる、

そんなピッチャーを、
時々見かけますが、

そう言う場合には、
マウンドには軸足のうねり跡が、
残っていないものです

ですからピッチングの後、
跡がほとんど残らない方が、
問題なのです

仮に跡が残った場合でも、
斜め「/」の跡より、

「?」マーク状に残るのがベストです


これはピッチャーであれば、
ぜひチェックいただきたいものですし、

仮にピッチャーでなくても、
少年野球クラスでは、

「正しい投球術」

のチェック法の一つに、
して欲しいですね


ただし、これは結果論であって、
跡を残すことが目的ではありません

いわゆる、
悪しき時代のピッチング理論である、

「低重心投法」

※ステップ脚を必要以上に大きく広げて、
重心を地面すれすれにまで落とさせて、
投げる投法


をムリに行わせれば、

嫌でも軸足は、
引きずられやすいですから、

跡は残るものですが、
こういったピッチング練習は、

「本末転倒」と言うことですね


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

【少年野球塾さんよりお知らせ】

1.少年野球塾のお勧め教材、

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための、走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円にて販売中)
または、

②少年野球に多い(珍)プレー
野球ルール解説集


を特典として、
プレゼントさせていただきます

「篠塚和典の打撃バイブル」

申し込み後に、
注文(受注)番号と、

希望特典教材名
を、
記載の上、

少年野球塾さんまで、
メールをお願いします

happycom@@joy.biglobe.ne.jp

スパムメール防止のため、
@が二つありますが、
送信時には一つ減らしてください

そして希望の特典教材番号を、
件名を必ず、

「野球特典希望」

と記載してください

ではまたっ!



littleleague_coach at 16:26│Comments(0)TrackBack(0)・指導方法☆ピッチング☆ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字