ピッチャープレートは蹴るもの?野球少年のための少年野球塾【正しい野球指導法】

2014年11月30日

子どもの投げる、理想のボール回転とは?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

本日5年生以下の新人戦、
準決勝・決勝と行われ、

昨年に続き、
今回も見事優勝できました

来季の新チームも、
非常に楽しみです


さて今回は、

以下のような質問が、
コメントされていましたので、

私なりに回答させて、
いただきます

「1. Posted by はるまき   2014年11月24日 13:47

 5いつも楽しく拝見しております。
 私は、チームのパパさんコーチです。
 一点質問です。

先日うちのチームに小3でありながら142センチの大型選手が入り、
キャッチボールをしたところ素晴らしいボールを投げます。

しかし、気になったところが、ボールがバックスピンのような
縦回転でなく横回転になります。

ここは指導して指先で弾き縦回転を指導した方が良いですか?
 又なぜ横回転になるのでしょうか?  」



「横回転」
と言う意味がよくつかめませんので、

回答に困るのですが、

つまりはバックスピンのかかった、
「縦回転」ではない、

と言うことは、
間違いがないかと思います

またあり得ない
推測ではありますが、

もしその子が腕の振りを、
サイドスロー気味に、
投じていれば、

当然ボール回転も、
縦回転ながら、

受け手側には、
「横回転」に見えるものです


   jpg


ご説明は不要かと思いますが、
つまり同じ縦回転でも、

腕に振り角度によって、
縦のボール回転の傾きも、
変わると言うことです


   90


それと「指先の弾き」と言うのも、
ニュアンスとしてはわかりますが、

具体的な指導法としては、
何を指導するのか…

ボールの回転そのものは、
確かに指先でリリース時に、

指先で軽く押しつぶす感覚と、
そのための握力も必要ですが、

私はまず「腕の振り」を、
正しく教えてほしいと思います



   少年野球指導法,少年野球練習法,理想のボール回転


ではこの「縦回転」ですが、
これもまた語弊を覚悟で言えば、

「縦回転バックスピン論」
がすべてではない、

必ずしも絶対的な、
理想の回転ではない、

とまずは、
一言お話しした上ですが、

横回転がシュート回転なら、
これはピッチャーにしても、
野手にしても、

良いことは、
何もありませんから、

今のうちに修正させて、
あげたいものです


またシュート回転以上に、
修正したい「回転」としては、

「ほぼ無回転」のボールです

これは低学年の、
非力な子どもに見られる場合は、

その成長を待つとして、
高学年でしたら、

ボールの握りに始まり、
押し込むような投球法や、

おかしな煽り(担ぎ)投げの、
子どもに見られます

そう多くはないと思いますが、
回転の少ないボールは、

良いことは何もないことは、
確かです


ボールのそれぞれの回転は、

1にボールの握り、
2に投球フォーム、


これ以外には考えられません

握りの問題でしたら、
これはすぐに、
チェックできるかと思いますが…


   少年野球指導法,少年野球練習法,理想のボール回転,0884

投げ方そのものは、
チェックすべき点が、
多々ありますので、

修正もまた、
時間がかかるかと思います

前記事でお話したように、

プレートを蹴って投げれば、
シュート回転しやすくなりますし、

キャッチャーミットを、
最後まで見続けることで、

腕の振りにブレーキが、
かかるような投球フォーム、

あるいは上半身だけに、
頼った投げ方などでも、

ボールはシュート回転します


またこの「横回転」が、
シュート回転でなければ、

カーブ(スライダー)方向への、
回転となるわけですが、

これは修正すべきかどうかは、
その子のボールを受けてみないと、
答えは出せません

つまりもし、
その子どもの投げるボールが、

ネイチャーズジャイロボールなら、
ピッチャーとしては、

絶対修正はしたくないですし、
修正すべきではないからです

ジャイロボールにつては、
過去にも記事紹介していますが、

松坂投手で一躍有名になった、
「スパイラル回転」するボールです

ご存知の方も多いと思いますが…


   少年野球指導法,少年野球練習法,理想のボール回転,2014y11m30d_155835959


ジャイロボールの回転は、
縦方向(Y軸)のバックスピンに、
カーブ回転(X軸)がプラスされたもので、

この2軸回転による、
「簡易ジャイロ回転」は、

子どもたちの中でも、
時おり見かけます

さらにこの両回転軸に、
シームの向きにより、

Z軸の回転が加わると、
「完全なジャイロ回転」となり、

いわゆる錐揉み状に回転して、
ボールが飛んできます

しかし「簡易ジャイロ回転」ですと、
受けている方からは、

意外にバックスピンが、
わかりづらく、

一見カーブと、
見間違うものなんですね

特に完全なジャイロボールでないと、
その傾向が見られます


    2014y11m30d_150328934   zyairoball


完全なジャイロボールは、
私もまだ数名の子どもでしか、
見たことはないのですが、

ネイチャーズジャイロボーラーは、
誰に教わることなく、

理想のスパイラルモーションから、
指先リリースされてジャイロ回転を、
引き起こします


   少年野球指導法,少年野球練習法,理想のボール回転,884


これは完全なジャイロ回転ではなくても、
それに近い回転で投げる子どもなら、

何人もいますし、現に今のチームにも、
二人います(二人ともピッチャーです)

彼らはネイチャーズ…
つまり自然にこのジャイロ回転する、

投球法が体に刷り込まれている、
と言うことなんですね


   少年野球指導法,少年野球練習法,理想のボール回転,887


話がちょっと横道脱線かも
知れませんが、

子どもたちのボール回転には、
そういう意味で、

慎重に指導して上げたいですし、
何がなんでも縦回転を、

崇拝すべきではないと、
私は思っています


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


以下教材PRですので、
興味のない方はスルーしてください

ただもしこの冬場に、
野球少年たちの、

バッティング力を、
アップさせたいようなら、

両方ともお勧めの教材です

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

【少年野球塾2大キャンペーンのお知らせ】

1.塾のお勧め教材、

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円にて販売中)
を特典として、
プレゼントさせていただきます

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みページに、

「少年野球塾特別特典」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


2、
「2014年冬休みバッティング力アップのために」

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで上記同様、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするものです

こちらは、
2014.11/20から2015.01/31まで、
だそうです

キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2015.01/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください



littleleague_coach at 17:03│Comments(2)TrackBack(0) ・指導方法☆ピッチング☆ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by はるまき   2014年12月13日 17:11
5 質問しました。
はるまきです♪
本当に、丁寧なお答えありがとうございます(^_^)かんの言うように、改めて
見ますと、ジャイロのような回転でした。球も早いのでこれからが楽しみです。
1. Posted by 野球親父   2014年12月01日 11:39
こんにちは。
いつも楽しみに拝読させていただいております。
ルールの事で1つ質問が有ります。
昨日の試合で、1アウトランナー1.2塁。
バッターがフォアボールを選びました。
バッターランナーが1塁に到達した時点で、まだ2塁ランナーはタラタラ走っていて、3塁に到達していませんでした。
その時、ベンチから2塁ランナーに「早く走れ!バッターランナーが1塁に到達してるんだから、タッチされたらお前はアウトだぞ!」と2塁ランナーは注意されていました。
今までそんな事は聞いたことが無かったのですが、本当でしょうか?
ネットで調べても解らなかったので、教えて頂けませんか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ピッチャープレートは蹴るもの?野球少年のための少年野球塾【正しい野球指導法】