フォアボール進塁がアウト?指導者はルールも正しく覚えるべきですね冬場はストレッチと野球ルールを知るのも良いかも知れません

2014年12月14日

微妙なプレーは、審判団協議の上で合意ジャッジします

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

今回も、
以下のような質問がありましたので、

回答させていただきたいと、思います

「1. Posted by ソフトボール親父   2014年12月09日 19:29


有意義な記事、色々と参考にさせて頂いております。
ありがとうございます。


特に、守備妨害の件は、今までは
「打球に当たったら即アウト」の認識でしたので、
目からウロコでした。(指導者仲間もビックリでした)


さて、今年の夏(7/4)の「巨人・中日」戦において、
ピッチャー(久保)がはじいた打球に当たった一塁ランナー(和田)が、

二塁手(片岡)の守備機会を奪ったとして、
守備妨害でアウトの判定がありました。(YouTubeに動画有)


この判定に納得が行かないのですが、
プロ野球だけ解釈が違う、ということはあるのでしょうか?
(誤審ではないですよね?)


お手数をお掛けしますが、回答をお待ちしております。」


野球は少年野球からプロ野球まで、
「公認野球規則」によって審判員は、

そのルール解釈を正しく行って、
ゲーム(プレー)を裁定します


   少年野球指導法,少年野球練習法,野球誤審,baseball858


つまり、
プロ野球だけルールが違う、
と言うことは、

地域性などを考慮した、
ローカルルールを除き、

あり得ません、
とお答えしていますが、

ではまず、
その質問のプレーの動画です


   


以前の記事で私は、
野球規則にあるルール解説として、

「ちなみに、
痛烈なピッチャーライナーで、
グラブが弾かれて、

一塁ランナーに当たった場合…

つまり、

「打球方向が変わって」

ランナーに当たった場合は、

二塁手の守備機会があっても、
ランナーアウトにはなりません」

と書いています

ではなぜこのケースで、
守備妨害を取られたのか…

例によって、
高野連審判員のM氏と、

この動画を観ながら、
検証いたしました

審判歴20数年のM氏も、
正直難しいケースだと、
答えていましたが、

結論を言えば、

「このプレーのケースでは、
守備妨害を取られても仕方がない」


と言うことでした

まず第一に、

「ライナー性の痛烈な打球で、
それがピッチャーのグラブを弾いて、
打球方向が変わった」


とは判断しにくい打球であり、

そのために、

「不可抗力としての、
よけられない打球ではない」


と審判員に判断された点が一つ、

もう一点が、

「緩い打球であるため、
セカンドの守備は完全に捕球体勢にあった」


と言うことだそうです

ただし、このケースは、
プロ野球であっても高校野球であっても、

塁審の単独ジャッジでは、
裁定できないケース…

つまり、

「不可抗力的に打球方向が変わったため、
ランナーに当たってもアウトにならない」


とジャッジしたとしても、
おかしくはないケースであるため、

主審以下審判団協議となる、
ケースだそうで、

少なくても「誤審」ではなく、
審判団協議による、

「確認し合った上での、合意ジャッジ(裁定)」

だそうです


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


以下教材PRですので、
興味のない方はスルーしてください

ただ!!
もしこの冬場に野球少年たちの、

バッティング力をアップさせたいようなら、
両方ともお勧めの教材です

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

【少年野球塾2大キャンペーンのお知らせ】

1.少年野球塾のお勧め教材、

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための、走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円にて販売中)
または、

②少年野球に多い(珍)プレー
野球ルール解説集


を特典として、
プレゼントさせていただきます

「篠塚和典の打撃バイブル」

申し込み後に、
注文(受注)番号と、

希望特典教材名
を、
記載の上、

少年野球塾さんまで、
メールをお願いします

happycom@@joy.biglobe.ne.jp

スパムメール防止のため、
@が二つありますが、
送信時には一つ減らしてください

そして希望の特典教材番号を、
件名を必ず、

「野球特典希望」

と記載してください


2、
「2014年冬休みバッティング力アップのために」

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで上記同様、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするものです

キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2015.01/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください



littleleague_coach at 15:37│Comments(2)TrackBack(0) ・指導方法☆その他☆ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by 伊能   2014年12月15日 10:25
ソフトボール親父さん、
ご理解ただけて何よりです。
私も今回のケースは勉強になりました。

野球のルールは奥は深い上に、
ケースバイケース的な曖昧部分もあり、
大変難しい!!ということですね。
1. Posted by ソフトボール親父   2014年12月14日 17:19
5
質問させていただきました、ソフトボール親父です。
非常にご丁寧な回答、誠にありがとうございました。

今回のプレーは稀なケースで、『どちらにも(守備妨害か否か)判断できるため審判団で協議』という結論に納得しました。

野球のルールは難しい、ということを再認識したと共に、今後の指導に役立てたいと思います。

今後共、宜しくお願い致します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォアボール進塁がアウト?指導者はルールも正しく覚えるべきですね冬場はストレッチと野球ルールを知るのも良いかも知れません