バッティングメールセミナー用お知らせバッティングメールセミナーの反響に驚いています!!

2015年05月07日

緊急告知:野球少年バッティング力アップのための☆9つの秘策☆

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

こちらの記事は新ブログに、
移転してます。

お手数ですがこちらから、
再度リンクしてお読みください。

「少年野球バッティングセミナーメール」

なお、

ピッチャーだけでなく、
野手にも必要な正しい投げ方を、
テーマにした、

ピッチングセミナーメールも、
新しく配信開始しています。

「少年野球ピッチングセミナーメール」



   少年野球指導法,少年野球練習法,バッティングがうまくなる方法,2265772



****************************************************

それでは多くの、
少年野球関係者が、

「最短距離を・上から・叩け」

と言った、
いい加減なバッティング理論に、
惑わされないで、

「野球少年にとって本当に正しい、
バッティング法の考え方とノウハウ」


を知っていただければと、
心から願っています


あなたの野球少年たちが、
野球を楽しみながら、

バッティング力が飛躍的に、
成長することを願って…


     伊能 優介   


新ブログもご愛読いただければ幸いです
参考になる少年野球の技術指導が満載です

「新少年野球日誌
-少年野球の教え方がわかるブログ-」




littleleague_coach at 16:13│Comments(4) ・指導方法☆バッティング 

この記事へのコメント

5. Posted by 伊能です   2017年04月19日 17:54
ご返信遅くなりすみません。
良かったら直接メールいただければ、
セミナーメールのマニュアルを送らせていただきます。
よろしくお願い致します。
3. Posted by 伊能   2016年02月20日 12:12
tetutitiさんコメントありがとうございます。
星の数ほどのバッティング理論がありますが、
どんな教え方でも、まず子供のために、
と考えたいものですね。

2. Posted by tetutiti   2015年12月05日 14:02
ウチの少年野球チームの監督やコーチたちも、“転がせ~転がせばなにかあるッ~”と指導しています…。(監督ひとり、コーチは6人)

親の私から自分の子供に対しては、コーチ等のスイング指導はヒト其々なので聞き流させて、インサイドアウトで強く振り抜くよう言い続け練習させており、ようやくそれに見合う長打が出てきて本人も自信に繋がってきており幸いなのですが、チームの非力な選手たちに対して、コーチたち(全員ではないですが)は“お前は肩が弱いから~だの、非力だからバットをねせてとにかく当てろ~”等の本人の自信や意欲を喪失させるような物言いをしており、何だかなぁ~とため息です。

伊能さんの、“ボールの芯を打ち抜く指導を推奨したい~”
正しくバットが振れていない子どもにフリーバッティングはさせず、その意味を考えさせて…
 ↑
こんな指導者に出会えたら選手たちは幸せですよねぇ・・
1. Posted by masakazu   2015年05月07日 21:53
4 3年生の息子を2年の10月から野球チームに入れています。自分は小学校3年生から、中学校、県立普通科の硬式野球部と野球をしてきました。小学校、中学校はずーっとキャッチャー。高校はピッチャー。子供のチームでコーチをすることになりましたが、野球経験者ほどあてにならない的な指摘を真摯に受け止め、自分が教わってきたことが正しいかどうか、図書館の本やネットの記事で色々と確かめながら、指導方法を模索しているところです。野球理論はたくさんあり、正反対のことを正しいとしていることも多くあります。色々考えた末、自分はやはりこれが正しいと思って指導しますが、常に不安は付きまといます。。。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
バッティングメールセミナー用お知らせバッティングメールセミナーの反響に驚いています!!