・指導方法☆バッティング

2015年05月07日

緊急告知:野球少年バッティング力アップのための☆9つの秘策☆

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

私の少年野球夢日記ブログは、
2010年3月にスタートしました

おかげ様で6年目に突入し、
私の少年野球歴も、

コーチ歴8年監督歴8年、
トータル16年目を迎えています

我ながらここまで、
少年野球にのめり込むとは、

夢にも思っていませんでした(笑)


ところでここ数ヵ月、
私はこのブログについて、

ある想いを抱いていました


****************************************************

と言うのも…

5年も記事を書き続けていますと、
たとえば、

野球少年の、

「正しいバッティング技術論」

にしても記事数は、
38記事にのぼりますし、

その内容もまた被ってしまったり、
途中でピッチング理論の記事やら、

保護者の問題やらと、
あちこちに記事が飛んでいます

もちろんそのために、
バッティングや正しい投げ方、

あるいは走塁や守備といった、
カテゴリ別に記事を、

読めるようには、
しているのですが

時折いただく質問メールでも、
ブログ内でしっかり解説している、

テーマについて、

再三同じ質問されることも、
少なくありません


****************************************************

そこでこの春先に、
とあるサイトをヒントにして、
思いついたのが、

メルマガ形式で、
読者に毎日1回ずつ、

「野球少年にとっての正しい技術論」

を読んでいただく、
と言う方法です


そこに思い至った私は、
仕事の合間に、

(と言うか仕事そっちのけで 笑)

「ステップメール」と言う方法を、
ネットで勉強してきました



これは毎日一定の時間に、
メアド登録した読者さんに、

メール配信(メルマガ配信)
すると言うものです



メルマガとは言っても、
ダラダラ解説するのではなく、

回数を限定して、
一定回数(9回を予定しています)

メールをお届けしたら、

それで終了する、というものです


はい、それでおしまいです


****************************************************

「野球少年のための正しい技術指導」

は、ビジネス用の、
メルマガではないですから、


ダラダラとメールを送り付ける、
意図は私にはありません


そんな時間があったら仕事します…
いや、ブログの記事更新します(笑)



あくまで、この少年野球ブログで、
5年にわたって書き綴った、

「野球少年にとっての正しい技術指導法」

から今回は、
バッティング法に特化して、

なるべくわかりやすく、
簡潔にまとめてみたら、

9回分の文章量になった、
と言うことです


ホントは10回分相当でしたが、
まぁ9イニングスと言うことで…(笑)


****************************************************

   少年野球指導法,少年野球練習法,バッティングがうまくなる方法,2265772

メール形式による、
バッティングマニュアル作成は、

4月初めからやって来ましたが、


これまで延々と書き綴って来て、
気がついたら、

えっ!!??
もうゴールデンウイークおしまい!?
って感じです(汗)


****************************************************


と言うことで、
この9回限定配信のメルマガタイトルは、

「伊能 優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」


としてまとめてみました

飛躍的に、とは言いませんが、
これを読んでいただければ、

少なくても野球少年の、
1割、あるいは2割前半の、

バッティングアベレージから、
3割台にすることも可能のはずです


それはうちのチームの、
野球小僧たちを、

16年間指導し続けた実績が、
裏付けとなっていますし、

野球少年たちの、
バッティング指導には、

手前ミソながら、
それだけ私には自信があります

****************************************************

繰り返しますが、
このメルマガ(ステップメール)は、

私が16年にわたって、
野球少年を指導し続けて、

それなりの成果や結果を残せた、
その体験をバックボーンとした、

技術論になります


私個人の野球少年向けの、
バッティング解説メルマガであって、

ビジネス目的ではないですから、
読者に何も売りつけたりしませんし、


登録したアドレスを悪用することも、

野球の神さまに誓っていたしません



ですから私のメルマガ以外に、
おかしな迷惑メールが届くことは、

100%ありませんし、


私の解説メールが9回届いたのちに、
私からビジネスメールが行くことも、


何かしらの広告メールが行くことも、
絶対ありません!!


もしそんなことがあったら、


『迷惑メール相談センター総務省』
http://www.dekyo.or.jp/soudan/ihan/

に訴えていただいて、
かまいません

あ、質問メールがあれば、
ご返信しますが…


****************************************************

あくまで私の40数年の野球体験と、
野球技術論を学び続けた上での、

「野球少年のための、
正しいバッティング指導法」


を知りたい人にお教えする、

と言うスタンスでいます

あ、もちろん無料です(笑)



では以下メルマガ配信9回限定、

「伊能優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」


を読んでみたい人は、
以下の注意点を読んでいただき、

配信先アドレスをご記入して、
「登録」を完了させてください


****************************************************

1、PCやタブレットでメルマガを受け取る場合、
迷惑メールフォルダに、入ってしまう可能性が、
あると言うこと、


2、登録アドレスによっては、メルマガが、


「このメッセージは次のアドレスから、
送信されたものではない可能性があります

: happy.baseball51☆gmailフィッシングを報告」


と警告メッセージが出ることもあるようです



その理由はメルマガを送る方法が、

私のアドレスからのメルマガ送信後、

→ステップメール配信スタンドで保管
→指定時間にあなたのアドレスへ送信


となって送られるため、一度メルマガが、

配信スタンドを経由するため、

そんなメッセージが出ることもようです


これはもちろん怪しいフィッシングメールでは、
ありませんから、ご心配なく


3、スマホや携帯で迷惑メール…

PCメールやURL付メールの、

受信拒否設定をしていますと、

マニュアルメールも受信拒否されます


私のアドレス、

happy.baseball51@@gmail.com


※スパムメール防止のため、
@を2つにしていますので、

1つ減らしてください


このアドレスを個別に「受信可」の、
アドレス登録しておいて、
いただければと思います



追記:私のアドレス登録で、
だいじょうぶな場合もありますが、

登録しても登録完了メールが、
届かない、

と言うメールが多く入っています

その場合は、
携帯での指定ドメイン設定を、

1step-m.com

としてください

これは私のメールマニュアルを、
一時保管して指定時間に配信する、

配信スタンドのドメインです


4、以上の点に留意いただいた上で、
9回限定のメルマガ、

「伊能優介ベースボールセミナー:
野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」


配信をご希望の方は、
以下の登録フォームから、

ご登録ください

「9回限定:野球少年バッティング力アップ
☆9つの秘策☆メルマガ登録フォーム」



****************************************************

それでは多くの、
野球少年の関係者が、

「最短距離を・上から・叩け」

と言った、
いい加減なバッティング理論に、
惑わされないで、

「野球少年にとって本当に正しい、
バッティング法の考え方とノウハウ」


を知っていただければと、
心から願っています


あなたの野球少年たちが、
野球を楽しみながら、

バッティング力が飛躍的に、
成長することを願って…


     伊能 優介   


「9回限定:野球少年バッティング力アップ
☆9つの秘策☆メルマガ登録フォーム」


※登録しても、
セミナーメールが、
届かない人は、

こちらの記事を、
お読みください

「緊急再告知:ベースボールセミナーメールが届かない人へ」



littleleague_coach at 16:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年04月23日

バッティングメールセミナー用お知らせ

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

大変恐縮ですが、
こちらの記事は、

9回限定のバッティングメールセミナー、

「野球少年バッティング力アップ☆9つの秘策☆」

を読破いただいた読者さんへの、
お知らせになります


パスワードを入力いただいて、
お読みください

    伊能 優介
続きを読む

littleleague_coach at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月01日

速いボールが打てない大きな原因

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

ここ数年懇意にさせている。
近隣の某チーム監督から、

子どもたちの、
バッティングコーチの、
依頼があり、

日曜日の練習試合終了後、
出向いてきました

このチームの、
バッティング指導は、
3回目になるのですが、

昨年は見違えるように、
バッティングレベルも向上し、

市内大会でも、
何度か優勝して、

県大会には、
行けなかったものの、

上部大会でも、
そこそこに成績を残して
きたそうです

その監督曰く、

「今年の子どもたちは、
速いボールについて行けない」

とのことで、
早速選手たちの、

フリーバッティングを
拝見したのですが…

意外に早くその答えは、
見つかりました

では以下の写真を、
見比べてください

まずこちらの右バッターですが…

少年野球の教え方,少年野球練習法

続いて左バッターです

2015y04m01d_094309618

ちょっとわかりずらいかも、
知れませんが

ステップ足が上がった、
トップ位置を比較しますと、

ステップ足の、
絞り込みの違いに、
気づきます

最初の右バッターの写真では、
ステップ足(左足)大腿部が、
内側に絞り込まれています

一方松井選手の、
ステップ足(右足)は、

まったく絞られずに、
軸足にタメを作っています

この下半身の動作は、
バッターそれぞれの、
「個性」もありますが、

結論を言わせて、
いただければ、

「しっかり軸足に乗ってタメが作られればいい」

と言うことだと思います

しかしそのためには、
いろいろと、
注意すべき点があります

プロ野球選手の、
「個性的なステップ足の使い方」は、

少年野球の子どもたちには、
不向きなものが多々あります

私がバッティング指導に、
赴いた子どもたちの多くが、

「ステップ足を比較的高く上げて、極端な内股絞り」

する選手が多かったのです

少年野球の教え方,少年野球練習法

ステップ足が体重心線より、
軸足側に絞り込まれ過ぎれば、

当然のことながら、
ステップするまでに時間を要します

それはコンマ何秒の話ですが、
速いボールもまた、

コンマ何秒のスピードで、
対応しなくてはなりません

ましてステップ足が、
高く上げられれば上げらるほど、

「打ちに行くまでの時間がかかる」
と言う話です

上の写真の選手は、
参考でアップしましたが、

それほど極端な、
「内股絞り」ではありませんが、

古い話ですが、
元巨人軍に在籍した二岡選手が、

この内股絞りが極端になり、
ステップ足のスパイクの、

裏側までもが、
ピッチャーに丸見えになるほど、
内股に絞り込んだため、

速いボールについて行けず、
極度のスランプに陥った、
と言うエピソードもあります

少年野球の教え方,少年野球練習法

誤解していただきたくないのは、
「内股絞り」でも、

このイチロー選手のように、
体の重心線を、

超さない程度でしたら、
全然問題ありませんし、

オリックス時代の、
イチロー選手の、

振り子打法のように、
早めにタイミングを仕掛ける
バッティングでしたら、

重心線超えであっても、
速いボール対応は可能になります

私が指導させていただいた、
某チームの選手は、

全員が標準的な、
タイミングを仕掛けるバッティング、
(Bタイプシンクロ打法)

でしたので、
この内股絞りの矯正を、
監督に進言した次第です

ただし、子どもたちに刷り込まれた、
こういったモーションの矯正は、

一朝一夕には、
改善されないことも確かです

この写真の高校球児のような、
「個性的なバッティングフォーム」は、

やはり基本バッティングが、
身に付いてから、

個々が取り入れて行くものだと、
感じています

少年野球の教え方,少年野球練習法

この記事が、
少しでも参考になりましたら、

ぜひクリック応援、
2つお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村



少年野球塾さんの、
春季キャンペーンのお知らせは、
こちらです
 
野球少年のための少年野球塾【正しい野球指導法】



littleleague_coach at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月24日

正しいバッティングとは誰が教えるべきなのか?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

K市招待の近隣大会に、
2週に渡って参加しました

昨日9/23の決勝戦では、
2-3のロースコアで惜敗、

昨年は優勝でしたので、
連覇を掲げ挑みましたが、

残念ながらその目標の夢が、
散ってしまいました

昨日の試合は、
スコアが表すように、

投手戦の様相を、
呈していましたが、

それでもヒット数は、
7イニングでうちが8本、

相手もチームYさんも、
10本と決して、
少なくなかった…

残塁数でわかるように
タイムリーが出なかった、
と言うことです

それにしても、
チームYさんの選手は、

ほとんどの子どもたちが、
大変きれいなバッティングを、
していました

きれいと言うのは、
理に叶った、ということです

構え方・ステップ脚の使い方、
タイミングの取り方・スイング等々…

中でもクリーンアップの、
3選手は、

打席に入る時から、
その諸動作や、

ピッチャーと対峙している時の、
さまざまな仕草など、

とても小学生とは思えない、
落ち着いたものでした

相手監督さんとは、
初対面でしたが、

お聞きしたところ、
今年はバッティング指導に、
力を入れてきたとのことでした

具体的な指導法は、
お聞きできませんでしたが…


9/21日曜日、
3回戦で当たった、
チームRさんの監督さんとは、

以前から親交もあり、
試合終了後にコーヒータイムで、
雑談をしましたが、

言い得て妙な野球論を、
語ってくれたものです

「(勝つことが全てではない、
と言うことを、前提で)

野球は我々の感覚的な教え方や、
数年の野球経験の技術理論だけでは、
到底強いチームになんかできませんよ。

もちろんメンタル的にモチベーションを
上げる教え方も必要ですが、

それ以前に本当に正しい野球技術を、
我々が勉強し直さないといかんですよ」

この言葉にまさに、

「我が意を得たり」


と感じましたが、

現実はそんな指導者が、
残念なことに、

まだまだ少ないことも、
確かです

せめて街の書店に走って、
多くの野球著名人の、
一般書籍を読破されるか、

あるいは、
少年野球塾さんのような、

少年野球指導に特化した、
教材で勉強するか、

お互いそれくらいの努力は、
したいものです

また、前回検証記事にした、
篠塚和典氏のDVD教材は、

少年野球塾さんの、
推薦教材と言うこともありますが、

2~3のレビューサイトの、
ネット評価を読む限りでは、

やはり高評価になって
いました

前回記事
「天才左バッター篠塚氏の打撃バイブル」

休みの日にでもこういった
DVDで勉強するのも、
良いかと思います

ただこの手の教材は、
値段が高いことが、
ネックだと思いますね

確かにそれだけの内容や、
スキル・テクニックが、

一般書籍では解説されていない、
と言うことは認めますし、

その自信の証としての、
効果がない場合の返金保証も、
すごいことだと思いますが、

それでもせめて1万円を、
切ってほしいと思うのは、

私だけではない、
と思いますが…


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

「優良野球指導教材・DVD・書籍のまとめ」


littleleague_coach at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月09日

では、野球少年にヒットを打たせるコツとは?

サッカーFIFAワールドカップが、
大盛り上がりですね!!

野球も負けじと行きましょう!!


前回の記事、


「少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法」

には賛否両論的なメールを、
数多くいただきました

とは言っても、
賛否の否定派さんの、
メール内容は、

「アウトローの打ち方や、練習法への否定」

ではなく、

そこまでのレベルのあるチームや、
子どもなら良いけど、

それ以前に、

「ストライクのボールをいかに長打やヒットにするか」

が先決です、とありました
確かにごもっともです


では単純明快に、
(とはなかなか行かないのですが)

子どもが長打やヒットを打てるコツを、
私なりに以下列記させていただきます


   少年野球指導法,ヒットを打つコツ,


1、体や筋力に合った重さのバットを使うこと

2、ピッチャーの投球腕から繰り出される、
ボール軌道をしっかる見ること

3、インパクトまでそのボール軌道とボールを、
目で追うこと

4、ピッチャーモーションに合わせ、
タイミングをとること

5、さらに軸足に重心を乗せ、インパクトで
その体重移動ができること

6、スイング軌道はレベルからアッパーに入る、
軌道を取ること


と、ここまで列記しているうちに、
これ以外にもさまざまな注意点が、
出てきます

特に小学生に見られる悪癖として、
バッターボックスで構えたまま、

固まってしまうケース、

これは筋肉が緊張したままで、
打つに行くことになるので、

大きなパワーロスをしてしまします


バッターボックスでは、
バットを構えず、

ホームベース上で、
少し揺らしてみたり、

肩にバットを乗せ、
グリップを握ぎ握ぎしたり、

あるいは、
足を踏み踏みするなり、

「筋肉休止期状態(サイレント・ピリオド)」

を作っておくことです


これはピッチャーがセットに入るなり、
振りかぶるなり、

モーションに入った時に、
構え直せば良いことです


また4、のタイミングをとる上で、
大きな動作でタイミングを取りと、

バットをトップ位置に、
持ってくるのが遅くなり、

結果振り遅れ、空振りとなる

さらに5、の体重移動も、
軸足に重心を残さず、

体重のほとんどを、
ステップし脚に移動すれば、

文字通り、

「突っ込んだバッティング」

になること

さらにさらに、
体が開いたまま打ちに行けば、

ドアスイングになり、

インパクトでバットを、
こねるような打ち方をすれば、

引っかけてサードゴロ
(右バッター)になりかねない…

いやいや…

やはり書き連ねてみれば、
基本的なバッティングでも

教えることや、
注意点は多いものです(汗)


それもこれも我々指導者が、
怒鳴ることなく、

わかりやすく子どもたちに、
教えるしか術はありません


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


以下教材PRになりますので、
興味のない方はスルーしてください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少年野球塾さんより、

「2014年夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


littleleague_coach at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)