・指導方法☆バッティング

2014年09月24日

正しいバッティングとは誰が教えるべきなのか?

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

K市招待の近隣大会に、
2週に渡って参加しました

昨日9/23の決勝戦では、
2-3のロースコアで惜敗、

昨年は優勝でしたので、
連覇を掲げ挑みましたが、

残念ながらその目標の夢が、
散ってしまいました

昨日の試合は、
スコアが表すように、

投手戦の様相を、
呈していましたが、

それでもヒット数は、
7イニングでうちが8本、

相手もチームYさんも、
10本と決して、
少なくなかった…

残塁数でわかるように
タイムリーが出なかった、
と言うことです

それにしても、
チームYさんの選手は、

ほとんどの子どもたちが、
大変きれいなバッティングを、
していました

きれいと言うのは、
理に叶った、ということです

構え方・ステップ脚の使い方、
タイミングの取り方・スイング等々…

中でもクリーンアップの、
3選手は、

打席に入る時から、
その諸動作や、

ピッチャーと対峙している時の、
さまざまな仕草など、

とても小学生とは思えない、
落ち着いたものでした

相手監督さんとは、
初対面でしたが、

お聞きしたところ、
今年はバッティング指導に、
力を入れてきたとのことでした

具体的な指導法は、
お聞きできませんでしたが…


9/21日曜日、
3回戦で当たった、
チームRさんの監督さんとは、

以前から親交もあり、
試合終了後にコーヒータイムで、
雑談をしましたが、

言い得て妙な野球論を、
語ってくれたものです

「(勝つことが全てではない、
と言うことを、前提で)

野球は我々の感覚的な教え方や、
数年の野球経験の技術理論だけでは、
到底強いチームになんかできませんよ。

もちろんメンタル的にモチベーションを
上げる教え方も必要ですが、

それ以前に本当に正しい野球技術を、
我々が勉強し直さないといかんですよ」

この言葉にまさに、

「我が意を得たり」


と感じましたが、

現実はそんな指導者が、
残念なことに、

まだまだ少ないことも、
確かです

せめて街の書店に走って、
多くの野球著名人の、
一般書籍を読破されるか、

あるいは、
少年野球塾さんのような、

少年野球指導に特化した、
教材で勉強するか、

お互いそれくらいの努力は、
したいものです

また、前回検証記事にした、
篠塚和典氏のDVD教材は、

少年野球塾さんの、
推薦教材と言うこともありますが、

2~3のレビューサイトの、
ネット評価を読む限りでは、

やはり高評価になって
いました

前回記事
「天才左バッター篠塚氏の打撃バイブル」

休みの日にでもこういった
DVDで勉強するのも、
良いかと思います

ただこの手の教材は、
値段が高いことが、
ネックだと思いますね

確かにそれだけの内容や、
スキル・テクニックが、

一般書籍では解説されていない、
と言うことは認めますし、

その自信の証としての、
効果がない場合の返金保証も、
すごいことだと思いますが、

それでもせめて1万円を、
切ってほしいと思うのは、

私だけではない、
と思いますが…


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

「優良野球指導教材・DVD・書籍のまとめ」


littleleague_coach at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月16日

天才左バッター篠塚氏の打撃バイブル

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

この夏に久しぶりに、
大変興味深く内容のある、

少年野球教材(DVD)が、
発売されていました

「篠塚和典の打撃バイブル

と言うタイトルのDVDです

キッズベースボールドリームナビの、
製作元の少年野球塾さんの監督室で、

先日私も拝見しましたが、
約10人のコーチやスタッフ全員、

「これはなかなかすばらしいバッティング教材」

と高評価しました

篠塚和典氏は、
我々世代にはあまりにも有名な、

元読売巨人軍の、
天才的な左バッターでした

1957年生まれで現在57歳、
千葉県銚子商業高校出身で、

ドラフト1位指名されて、
巨人軍に入団、

レフト方向への、
その華麗な流し打ちには、

私もTVの前にくぎ付けになって、
シビれていたものです

生涯通算打率も3割を超えて、
首位打者も2回獲得し、

2010年までは、
巨人軍のバッティングコーチ、

そして侍ジャパンでも、
その手腕を買われ、

バッティングコーチを、
務めた方です

この手の教材ですが、
じつはこういった、

大御所的な野球選手の、
名前だけ借りて…

教材内容は、
まったく関係ない野球関係者の、

解説や指導と言ったケースが、
多かったのですが、

このDVDは、
約2時間近い内容が盛り込まれて、

その大半が篠塚氏本人による、
バッティング解説になっています

また、よくあるケースが、
少年野球向けと言いながら、

体の開き理論であるとか、
肘をたたんで打つと言った、

高校生クラス向けの、
野球教材が多かったのですが、

このDVDは、
基本的なバッティング理論を、

素人向けに、
わかりやすく解説されており、

我々の最大の関心事である

「タイミングの取り方」や、
「ボールを強く遠くへ飛ばす」

ことへの解説を、
具体的なノウハウとして、
紹介してくれています

公式サイトでは、
一部動画が見れますので、

ご参考までに、
ご覧いただければと思います

少年野球指導法,バッティング練習法,2014y09m16d_160342137

2014y09m16d_160345536

2014y09m16d_160355203

2014y09m16d_160401667

2014y09m16d_160417001










2014y09m16d_160412004

もちろんインコースのさばき方や、
アウトコースを逆らわずに打ち返す、

と言った高校生向けの、
解説も出てきますが、

それでも十分に、
小学生の野球少年にも、
教えることのできる、

バッティングの基本・応用として、
大変ためになる教材DVDと、

少年野球塾さんでも、
高評価しています

と言うことで、
少年野球塾さんでは、

「篠塚和典の打撃バイブル」

をお勧め教材の一つとして、
以下の特典を付けて、
紹介させていただくことになりました


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

少年野球塾さんお勧め教材、

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円にて販売中)
を特典として、
プレゼントさせていただくそうです

「篠塚和典の打撃バイブル」

の申し込みページに、

「少年野球塾特別特典」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


littleleague_coach at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月09日

では、野球少年にヒットを打たせるコツとは?

サッカーFIFAワールドカップが、
大盛り上がりですね!!

野球も負けじと行きましょう!!


前回の記事、


「少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法」

には賛否両論的なメールを、
数多くいただきました

とは言っても、
賛否の否定派さんの、
メール内容は、

「アウトローの打ち方や、練習法への否定」

ではなく、

そこまでのレベルのあるチームや、
子どもなら良いけど、

それ以前に、

「ストライクのボールをいかに長打やヒットにするか」

が先決です、とありました
確かにごもっともです


では単純明快に、
(とはなかなか行かないのですが)

子どもが長打やヒットを打てるコツを、
私なりに以下列記させていただきます


   少年野球指導法,ヒットを打つコツ,


1、体や筋力に合った重さのバットを使うこと

2、ピッチャーの投球腕から繰り出される、
ボール軌道をしっかる見ること

3、インパクトまでそのボール軌道とボールを、
目で追うこと

4、ピッチャーモーションに合わせ、
タイミングをとること

5、さらに軸足に重心を乗せ、インパクトで
その体重移動ができること

6、スイング軌道はレベルからアッパーに入る、
軌道を取ること


と、ここまで列記しているうちに、
これ以外にもさまざまな注意点が、
出てきます

特に小学生に見られる悪癖として、
バッターボックスで構えたまま、

固まってしまうケース、

これは筋肉が緊張したままで、
打つに行くことになるので、

大きなパワーロスをしてしまします


バッターボックスでは、
バットを構えず、

ホームベース上で、
少し揺らしてみたり、

肩にバットを乗せ、
グリップを握ぎ握ぎしたり、

あるいは、
足を踏み踏みするなり、

「筋肉休止期状態(サイレント・ピリオド)」

を作っておくことです


これはピッチャーがセットに入るなり、
振りかぶるなり、

モーションに入った時に、
構え直せば良いことです


また4、のタイミングをとる上で、
大きな動作でタイミングを取りと、

バットをトップ位置に、
持ってくるのが遅くなり、

結果振り遅れ、空振りとなる

さらに5、の体重移動も、
軸足に重心を残さず、

体重のほとんどを、
ステップし脚に移動すれば、

文字通り、

「突っ込んだバッティング」

になること

さらにさらに、
体が開いたまま打ちに行けば、

ドアスイングになり、

インパクトでバットを、
こねるような打ち方をすれば、

引っかけてサードゴロ
(右バッター)になりかねない…

いやいや…

やはり書き連ねてみれば、
基本的なバッティングでも

教えることや、
注意点は多いものです(汗)


それもこれも我々指導者が、
怒鳴ることなく、

わかりやすく子どもたちに、
教えるしか術はありません


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


以下教材PRになりますので、
興味のない方はスルーしてください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少年野球塾さんより、

「2014年夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


littleleague_coach at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月01日

少年野球でも必須の“アウトロー打ち”の練習法

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

小学生野球とは言え、
レベルの高いピッチャーともなれば、

ピッチャーの決めコースでもある、

「アウトロー」

を攻めてくるものです


昨年県大会2回戦で、
当たったチームのピッチャーは、

この「アウトロー」を徹底して
投げてくるので、

大変手こずった記憶が、
あります


ではなぜバッターにとって、
「アウトロー」が打つにくいのか?

答えはとても簡単な話で、

「バッターの目線から一番遠いコース」

だからです

目線が遠くなれば、
バットコントロールもしにくく、

打ちに行っても空振りしたり、
凡打に倒れることが多くなります


また仮にボールを捕えても、
「アウトロー」は、

バッティングフォームそのものが、
「アウトロー」に対応した、
ヒッティングでないと、

なかなか長打に、
つながりにくいものです


今回はうちのチームで取り入れている、
この「アウトロー」への、

バッターとしての対応法、練習法を、
ご紹介したいと思います


なおこれはあくまで、
小学生向けの練習法であり、

中学以降となれば、
変化球の対応も含め、

また違った理論や練習法もあります

少年野球指導法,バッティング練習法,アウトロー打ち方,2014y07m01d_164511080
赤丸がその「アウトロー」の、
ヒッティング理想ポイントです

ちなみに緑と青は、
それぞれ真ん中と、インコースの

ヒッティングポイントになります


その1、トスバッティングで…

これは当然アウトローの位置にトスしたボールを、
ネット正面から右方向に(右バッター)打ち返します

その2、
その際に、スタップ足が半足から一足分、
一塁方向に(右バッター)踏み出すように打ち込むこと

その3、
トスされたボールをよく見て、落ち際よりさらに下、
(バッターの太もも付近)で打たせること


感覚的表現になりますが、
「アウトロー」のボールを、

無理に引っ張らせないためにも、

「ボールを押し込む感じ」
「ボールをバットに乗せて運ぶ感じ」

と言う点にご留意ください

注意点として、
「アウトロー」のインパクトゾーンは

真ん中やインコースより、
ホームベースよりでないと、

右中間方向に、
強い打球が飛びません


トサーは、
ホームベースに落ちるくらいの

トスボールを、
投げて上げてください

また踏み込む意識が強すぎると、
「突っ込む」子どもも出てきます

くれぐれもインパクト時に、
踏み込んだステップ脚側に、

重心が必要以上に移動して、
体重が乗らないように
指導することをお忘れなく


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


以下教材PRになりますので、
興味のない方はスルーしてください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少年野球塾さんより、

「夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、

「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

過去記事からの、
お勧め記事です

「イチロー選手の投球写真で学ぶ、正しい投げ方」

「速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?」

「実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!」


littleleague_coach at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月04日

よく打つチームは、やはり“シンクロ”してますね

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


年野球も練習試合、
解禁となりました

プロ野球も、
オープン戦が始まり、

いよいよ球春間近で、
ワクワクする想いで、

仕事中も携帯片手に、
週末の練習試合の予定を、
組む毎日です(笑)


ところでさっそく、
先日の日曜日に、

初顔合わせのチームKさんと、
練習試合を行いました

ちょっと驚いたのが、
相手バッターが全員、

きれいな「シンクロのひと踏み」で、
タイミングが取れていたのです

ですからうちのエースも、
よく打たれました

昨年秋の新人戦では、
決勝戦までの5試合を、

被安打6(22イニングス)の、
うちのエースが、

この日だけで8本の長打を、
浴びました


癖も少ない小学生ピッチャーの、
投球モーションとは言え、

タイミングを取りやすいのは、
わかりますが、

ほぼ全員のバッターが、
きれいに当ててくるのには、

今さらながら、
恐るべしシンクロ打法!!

と言ったところです


もちろん、
うちのチームのバッターも、

レギュラークラスももちろん、
ほぼ全員が、

この冬季練習で、
「シンクロモーション」は、
会得できていましたから、

お返しとばかりの12安打、

今年初の練習試合は、
乱打戦の幕開けとなりました


試合終了後、
相手チームの監督さんと、
話をしたところ、

少年野球塾で、
「シンクロバッティング」を、
勉強したとお聞きし、

さもありなん、
と納得した次第です


さて、あなたのチームは、
春季大会の準備は万全ですか?

今年も大いに少年野球の世界で、
愉しませてもらいましょう!!


なお「シンクロ打法」については、
こちらの記事で説明しています

シンクロ打法で野球少年は本当に打てるようになるか!?


良かったらぜひ、
クリック応援2つお願いします


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆

過去記事からの、
お勧め記事です


「イチロー選手の投球写真で学ぶ、正しい投げ方」

「速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?」

「実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!」


littleleague_coach at 17:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)