練習法

2018年03月28日

はじめに読んでいただければ幸いです・・・

ブログ移転しました


新ブログ移転先→
新「少年野球日誌」


いつも「少年野球日誌」をご愛読頂き、
ありがとうございます。

少年野球の指導法や正しい教え方、
あるいはメンタル的なコーチングなど、

さらに一新して、
下記にブログを移転しましたので、
今後もぜひご愛読頂ければと思います。

新ブログ移転先→

新「少年野球日誌」

なおこちらの旧ブログにも、
当分維持させていただき、

参考になる記事を残しておりますので、
これまで同様ご愛読頂ければ幸いです。

なお、記事へのご意見は新ブログの方に、
お願い致します。

        伊能 優介

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少年野球バッティング練習法 少年野球ピッチャー育成セミナーメール登録バナー


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

“このブログは…
少年野球にとっての理想のメンタル指導と、

正しい技術指導及び練習方法をご紹介する
少年野球ブログです”


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新ブログ最新記事集 2018.03~

ピンチヒッター(代打)の心構え!バッターボックスに立ったら

野球少年に正しい投げ方を教える【バドミントンエクササイズ】とは?
バッティングで野球少年がより確実にミート力を上げるには?
恒例!野球少年の冬季練習の大切さと練習法やトレーニング法を紹介
【必読】これからの野球のバッティングが変わる!?フライ推奨打法に!
【参考画像】野球少年にとっての“正しい投げ方と練習法”について再論

子供向けサプリメントの必要性と効果~野球少年にサプリの必要性はあるか~
少年野球の練習に長距離走のトレーニングは必要か否か?
ヘッドスライディングの意味と危険性とは?その是非を問う
成長期の野球少年に必要な栄養と食事とは?サプリもあり?
野球少年の球速アップはひたすら筋トレ?腕立て伏せ!?はぁっ?

ノーステップ打法で野球少年に向いている?打てるようになる?の是非
少年野球室内練習のおすすめ~雨天でバッティング練習が出来ない時~
正しく投球腕が使われている野球少年はわずか30%?
少年野球ピッチャー育成術☆野手にも必要な正しい投げ方5つのメソッド☆
セミナーメール配信開始です!

稲村亜美さんの神ピッチングで少年野球のピッチャーが学べること

少年野球のピッチャーの球数に応じたケア法~アイシングの是非を問う~
打球(ゴロ)を真正面で捕れ!これって教え方が難しいものです
少年野球ピッチングフォーム再検証:ザトペック(低重心)投法の是非
今こそ野球少年に“4つバッティングモーション”をマスターさせて、
5割バッターに!

少年野球の正しいバッティングの練習でフォーム以前に大切なこと

WBC侍ジャパンに想う~野球少年を熱い視線で見る人のパワーとは?~
野球少年が正しい投げ方を身につける練習やトレーニングとは?
ビヨンドマックス再論:少年野球における飛ぶバット使用の賛否
必見動画!ピッチャーや野球少年の球速アップのためのトレーニング法
守備の時にボールとケンカをするな!ってどういうことでしょう?

お正月に読んでおきたいお勧めの野球書籍や練習教材
冬期練習で逆2ステップスローを完全マスターさせる練習法
トップバッターの決め方とは?ベースランニングのタイムを上げるために
この場面ではそのフライは捕球してはいけない!とは?
少年野球でも怪我防止のためにスライディングは必須です!

           スポンサードリンク

     



バッティングで脇を締めろ、は正解?いえいえ誤解があります
バッティングセンターでの練習で悪影響を受けないために
少年野球のバッティングで大事な基本練習とタイミングの取り方
少年野球用品考察“グローブやキャッチャーミットの選び方”
少年野球ピッチャーの投げ方の基本はコントロールと球速アップ

野球少年にバッティンググローブは必要?
野球ルールを熟知していないと試合にも負ける?って話です
バッターの脚は高く上げるべきか、否か?
ピッチャーを育てる「エースの方程式」詳細解説
タッチアッププレーで野球少年に教えておきたいこと

野球少年のピッチング指導キーポイント
野球少年は上腕三頭筋を鍛えよう
キミは野球で世界一になるゴールが待っている
内野手の打球処理時間って?
少年野球でも左バッターは有利か?再論

篠塚和典氏の野球教材について・・内角球に弱い野球少年にはお勧めです
小学生ピッチャーにスローボールを教えるには?
小学生ピッチャーにチェンジアップを指導する場合・・
春季大会間近!“負けに不思議の負けなし”ご存知ですか?
片手放しの素振りの弊害
パワーヒッティングするための“タメ”の作り方とは?

バッティングで内野ゴロが多い原因の一つ“コネて打つ”
バットスイングが波打つ原因とその対策
素振りの教え方と突っ込みバッティング矯正法
野球少年にとって筋トレ以上に大事なトレーニングとは?
野球少年の理想の冬場の過ごし方とは

野球少年の動体視力をチェックする方法
イップス野球少年Kくん、その後
野球少年Kくんのイップスと向き合う
一人の野球少年のバッティングを狂わせたある出来事
走塁の基本リード法を教えてますか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これ以外の記事は、お好きなカテゴリ別で
お読みいただくか、

過去の少年野球記事 から拾ってお読みください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
            
スポンサードリンク

少年野球指導と練習法




littleleague_coach at 11:14|PermalinkComments(13)

2014年08月06日

球審ジャッジにムカつく子どもに喝!!

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

過日M市の近隣大会に、
参加したときのことです

1回戦で顔合わせした、
チームとの試合中の出来事ですが、

バッターボックスの、
相手チームの一人の選手が、

ストライクの判定を巡って、
露骨に不満な態度を取りました

ファーストストライクは、
真ん中低めいっぱいを見逃し、

ええっ!!
といった顔で苦笑いしたものの

2ボール2ストライクからの、
外角いっぱいのコースを、

見逃しての三振では、
あからさまに不満顔を見せました

ベンチにいた私からは、
その場面がよく見えていましたが、

確かにストライクにも、
ボールにも、

取れるコースだったと、
思います


しかし、
一番近くで見ている球審が、
ストライクとジャッジしたのです

その選手は球審を振り返って、
睨むような視線を送った後、

ふてくされるように、
ベンチに戻りながら、

「チョームカつく!!」

とこっちのベンチにまで、
聞こえる声で、

バットを乱暴に、
バットケージに放り入れて、
行ったのです

「なんだあいつは…」

私の隣にいたコーチからも、
つぶやきが漏れました

私もその様子を見て、
正直腹が立ちつつも、

相手ベンチの指導者が、
その選手に注意をするものと
思っていましたが、

どうもその気配がありません


そのイニングが終わった時に、
球審がベンチにおもむき、

監督に注意するシーンが
ありました

さもありなん、です

今どき少年野球で、
こんなケースに遭遇するのも、
珍しい?ことではないでしょうか?

「審判の判定は絶対」

と指導する以前に、

自分たちの野球を運営する、
協力者である大人たち、

それは親であり、指導者であり、
審判団であることを、

教える必要があります


その選手はその後も、
守備での怠慢プレーが多く、

大差で負けていたせいか、
野球そのものにやる気を、
感じませんでした

試合終了後の我々への、
ベンチ前整列挨拶の際も、

キビキビとした動きもなく、
儀礼的に頭を下げて行きましたが、

審判員でなくとも、
一喝したい思いを抑えたものです

野球の技術指導と同等に、
最低限の礼儀として、

指導者が教えてあげる、
必要がある、

と感じたのは私だけでは
なかったと思います


11-2の完勝の後味は、
決して良いものではなかった…

そんな真夏の遠征試合でした


この記事がご参考になりましたら、
ぜひクリック応援2つお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

少年野球塾さんより、

「2014年夏休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせがありました

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、
2014.7/01から2014.8/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、


「少年野球塾より期間限定(2014.8/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

以下過去記事からの、
お勧め記事です

「より速いボールを投げるには!?
-Xジャイロによる正しい投げ方を学ぼう!!-」





littleleague_coach at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月16日

上級者向けのバッティング法の話

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


過日、この春卒業となる、
6年生とともに、

とある中学校の、
野球部の練習見学会に、
参加しました

これまでも恒例行事として、
中学野球部の見学会には、
何度も引率してきましたが、

顧問の先生が昨年春に、
代わられたと言うことで、

私自身は初めて、
その顧問とお会いしたのですが…


私より数年先輩格の、
その顧問先生は、

高校野球まで経験がある、
というお話しでした

私自身は、
野球経歴の肩書は、

悪い言い方をすれば、
一切信用していません

もちろんプロレベルともなれば、
また話は違ってきますが…

高校野球経験者でも、
一切の野球理論は学んでおらず、
(まぁ多少はカジッているでしょう)

指導内容はすべて自分の、
経験からくる、

「経験的感覚野球指導法」

が全てのような方を、
ゴマンと見てきました


もちろん野球経験そのものが、
悪いとは言いません

何事も経験、
というくらいですから、

指導者として、
野球経験がないより、

あった方が良いことは、
間違いありません

しかし、

正しい野球技術理論に、
裏付けされた指導ではなく

ただ自身の昔の経験だけを、
指導のバックボーンとして、

子どもたちに教えることには、
大きなリスクもある、

と言うことを知ってほしいと、
思います


もちろん、そういった、
自信過剰?の経験者さんばかりでは、
ありません

甲子園まで行った方で、
それでもなお、

自分の経験論だけでは、
心もとないと、

正しい野球技術の、
習得のために、

一生懸命学ばれた方も、
いました

こういったスタンスこそ、
鬼に金棒ではないでしょうか?

「ご自身の高い野球レベルの体験+それを裏付けした野球技術理論」

こんな指導者にこそ、
野球少年たちの指導を、
任せられるというものです


話が横道に逸れましたが、
その中学校野球部顧問が、

練習中の部員を捕まえて、
曰く、

「腰の回転で打つんだ!!」
「するどい腰の回転がパワーを生むんだ!!」

と、やたら「腰の回転」を、
強調するものですから、

私はやや不安に?
襲われ始めました


そして、
その予感は的中し、

しまいにはその顧問、
バトを構えた部員の、

腰を後ろから抑え、

スイングモーションを、
取らせながら、

何度も何度も、
クルッと腰を回転させて、

「そうだょ!!その感じで腰を素早く回転させるんだ!!」

と、のたまい始めました

ではその、

「腰の回転」

とやらについてですが…

以下のバッティング写真を、
ご覧ください


b8883


b8881


b8882


左バッターもそうですし、
右バッターもそうですが、

身体脊柱軸(重心)ラインが、
まっすぐではないことが、
おわかりいただけると思います

左バッターは「くの字」であり、
右は「逆くの字」になっています

もし腰を本当に、
クルッと回転させたのであれば、

こういった曲がったラインが、
できるでしょうか?


本日の記事テーマは、
長くなりそうですので、

大変僭越ながら、
宿題的質問とさせていただきます

バッターのバッティングにおける、

「腰の回転の正体」

とはいったい、
どんな理論なのでしょう?

その解説は次回の記事で、
お話しさせていただければと思います

※記事更新予定は、
1/25頃を予定しています


では今日も拙い記事お読みいただき、
ありがとうございます

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村

この記事にご賛同いただけたら

ぜひ2つクリック応援お願いします。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆


過去記事からの、
お勧め記事です


「より速いボールを投げるには!?
-Xジャイロによる正しい投げ方を学ぼう!!-」


「実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!」


以下教材案内です
ご興味のない方はスルーしてください

私が5年間、
モニター塾生になっている、

少年野球塾さんより、

「冬休みバッティング力アップ追加キャンペーン」

のお知らせです

キッズバッティングマニュアルは、
当チームでも5年前から採用し、

毎年3~5年生に、
冬季練習でこの3つの必須モーションを、
練習させます

そして春大会以降に猛打爆発、
が毎年の快進撃の源になっています

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


(8800円)の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円)をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2013.11/10から2013.12/31→
2014.1/31まで、延長されたそうです

キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、


「少年野球塾より期間限定(2014.01/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆


「少年野球の指導とコーチ法練習方法」ブログTOPへ



littleleague_coach at 16:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年12月04日

冬季練習次第で来春の野球レベルが決まります

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~


シーズンも終了し、
暦も師走に入りました

毎年、
この時期になると、

私も冬季練習の重要性を、
記事にしていますが、

今回もまた、
同じ話になります(笑)


12月から2~3月までの、
約3ヶ月~3.5ヶ月の冬季練習で、

翌年の子どもたちの、
あるいはチームの、

野球レベルが決まる、
といっても過言ではありません

それを理解しない指導者が、
意外に多いことも、

私は知っています


この冬季練習では、
野球そのものの、

テクニック以前である、

子どもたちの、
運動能力アップに、

重点を置くことが、
何より大事だということです

特に次年度主力になる5年生、
あるいは4年生が、

この冬季練習次第で、
翌年大きく化けることは、

私も何度も体験してきました


16年間という、
少年野球指導経験から、
お話しさせていただければ、

この冬場に、
運動能力の中でも、

「俊敏性・機敏性」

を鍛え上げることで、

翌年の子どもたちの、
守備力・走力が、

格段に飛躍するのです

それを理解せずに、
冬場でもシーズン練習と同じように、

キャッチボールをして、
ノックをして、
フリーバッティングをしても、

子どもたちの野球レベルが、
一気にアップすることは、
難しいと思います


もちろん、
キャッチング練習のためにも、

ボールに触れておく、
という意味からでも、

キャッチボールだけは、
必須練習です

それ以外は、
このブログで紹介した、

ラダートレーニング、

※過去記事


あるいは瞬発系ランニング法、
キャリオカなどの、
下半身エクササイズ、

ちなみにキャリオカは、
言葉説明はまず不可能です

以下の動画を参考にしてください
なお、動画ステップの仕方を、

わかりやすく解説しているので、
スピードが遅いです

子どもが脚の入れ替えが、
理解できましたら、

なるべく早いツイストステップで、
20M程度を数回繰り返すことで、
効果がアップします



また、スタミナアップのために、
アメリカンノックによる、
60m程度の全力疾走、

(ライトポール位置から、
レフト定位置まで)

こういった練習法を、
徹底することで、

子どもたちの「瞬発力」が、
グンと高まるものです

3月後半になって、
ノックをしてみると、


まず子供たちの守備範囲が、
広くなることに気づかされます

走塁タイムを計測してみると、

冬季練習前より、
べーランタイムは、

確実に縮まっています

成長著しい子どもですと、
ベース一周ランニングが、

3~5秒近く縮まるものです

どうかそういった点を、
よくよく理解されて、

冬季練習のスケジュールを、
計画立案することを、
お勧めします


なお、平日自宅での、
練習メニューもきっちり、
教えることと、

バット素振りの習慣化は、
ぜひご指導ください


今日も拙い記事お読みいただき、
ありがとうございます

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ  人気ブログランキングへ
 にほんブログ村

この記事にご賛同いただけたら
ぜひ2つクリック応援お願いします。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回ご案内した、
少年野球塾さんより、

「冬休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせです

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


(8800円)の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円)をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2014.12/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、


「少年野球塾より期間限定(2014.12/31まで)プレゼント」

とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆

過去記事からの、
お勧め記事です

「イチロー選手の投球写真で学ぶ、正しい投げ方」

「速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?」

「実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!」


littleleague_coach at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月10日

今年もミサイル打線は健在!!

「少年野球の指導とコーチ法練習方法」
~紹介ブログ~

2013年度もシーズンオフを、
迎えようとしています

プロ野球では、
東北楽天ゴールデンイーグルスが、

創設9年目にして、
悲願の日本一となりました

いや~~~
7戦すべてナイスゲームでした!!


ところで、手前ミソで恐縮ですが、
今年の我がチームは、

市内秋季大会を優勝で締めくくり、
各市町村近隣大会も、

11/09現在、
3大会に参加して、

2回の優勝、1度の準優勝と、
有終の美を飾りつつあります

残すは関東でも、
100チーム以上が参加する、

関東でも最大規模の、
近隣大会と、

少年野球塾さんの母体である、
リトルシニアチームの冠大会です

残りの試合を、
どこまで子どもたちと
楽しめるか…

そんな晩秋の頃です


今年もうちの子どもたちは、
昨年冬に徹底練習した、

シンクロ打法が奏功し、
1試合平均6点台をマークしました

冬場の3ヶ月で5年生以上は
(一部4年生も入ることあり)

シンクロ打法をマークするといった、
ルーチンワーク的な冬季練習は、

かれこれ12年続いています

その結果が毎年、
うちのチームの「ミサイル打線」を
健在にしています

ちなみに今年は、

5割バッターが2人、
4割バッターが2人、
3割バッターも4人誕生、

打撃中心のチームでしたが、
とはいえ、

ピッチャーもエース以下、
3人の投手陣で、

防御率がなんと3点台ですから、
褒めてあげたいですね


ところでそのシンクロ打法を、
詳細に解説指導した、

少年野球塾さんの、

「キッズベースボールドリームナビ
~驚きのバッティング術~」


のキャンペーン案内が
モニター塾生の私にありました

以下その案内ですが、
興味のない方はスルーされて下さい


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

少年野球塾さんより、

「冬休みバッティング力アップキャンペーン」

のお知らせです

3つのモーションをマスターすることで、
子どもたちのバッティングが、

飛躍的に伸びるノウハウを解説した、

キッズベースボールドリームナビ~
現役少年野球監督だけが知る驚きのバッティング術~


(8800円)の申し込みで、

正しい投げ方による遠投力と、球速アップ、
そのための正しいキャッチボール法、

また正しいグラブさばきによる正確な捕球方法、
速く走るための走塁法のコツを、

正しく教えたい人のための、

キッズベースボールドリームナビ2
~間違いだらけの少年野球指導法を斬る!~


(8800円)をプレゼントするキャンペーンです

こちらは、2013.11/10から2013.12/31まで、
キッズマニュアル驚きのバッティング術の、
申し込みページに、


「少年野球塾より期間限定(2013.12/31まで)プレゼント」


とありますので、それの受け取りに、
チェックが入っていることをご確認ください


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆

過去記事からの、
お勧め記事です

「イチロー選手の投球写真で学ぶ、正しい投げ方」

「速いボールを打ち、ヒットにするコツとは?」

「実力発揮できない野球少年を、心強く育てること!!」





littleleague_coach at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)