333-333-333 Records JUNICHI WATANABE Blog

音楽、写真、建造物、たまに嘘

知り合いの死

初めて知り合いが亡くなった。詳細や原因はわからないけど、
FB上ではご冥福の書き込みが飛び交っている。

その人は秋田在住の僕よりも20歳ほど年上の人で、
東京から戻ってきて秋田の音楽シーンを盛り上げようと活動していた人だ。
僕は3年前、事情もあり1年間地元に帰っていて、コミュニティFMで仕事をしていた。
その時の取材で彼と出会った。
年が離れていた事もあり最初はお互い探り探りの関係だったが、
僕の番組の選曲にシンパシーを感じ、企画のたびに会ってはお互いの音楽観を語らっていた。
彼は東京在住の頃にも音楽業界で活動していた事もあり、地元に帰ってからは若いバンドマンを呼んで
ライブやイベントのノウハウを懇切丁寧に説いていた。いわゆる兄貴肌ってヤツである。

「こんな狭いところで名前を馳せたとしても都市レベルでは通用しない。
閉鎖的な環境でお山の大将になってはいけない」
彼の口癖だった。

その時僕は東京から戻った事もあり、彼の思っている事に共感をしてお互い
地元での音楽活動を盛り上げていこうと誓ったのであった。

しかし僕自身、いつの間にか地元で生活をすることに違和感、
ストレスを感じかなり辛かった時期でもあった。そして結果としてまた東京に戻ってきた。
3.11の2日後の事である。

自分の最後の放送が終わった時に彼は駆けつけてくれて
「おつかれさま。お互い離れてしまうけど地元の音楽シーンを盛り上げていこうよ」と
労いの言葉を言い、笑顔で別れた。
それが1年半まえにFBで繋がり、SNSレベルではあるけどやりとりをしていた。
自分の写真にイイネをくれたり、地元の話をメッセでくれたりと、まぁ友達感覚で付き合っていて、
歳の差や生活拠点の違いなどを感じさせない人だった。僕のなかでは音楽仲間の一人である。

彼が最後の投稿をしたのは5月25日。
「餃子を作りました」という何気ない内容だった。
いつもは僕のどうでもいい投稿に毎回イイネをくれたり、
まぁそんなことをやっていたけどその直後に亡くなったのかはわからない。
少なくとも闘病をしていたようには全く見えなかった。
脳疾患などの突発的な病気だったのか、事故などの予期せぬトラブルだったのかは分からない。
原因を知りたいところだが彼のTLにはそれを書く空気ではないように見受けられる。

不思議なもので悲しくはない。いなくなったという事実はあるのだけれど、
それを受け入れる気持ちにまだなっていないのか、とにかくよく分からない。驚きだけである。
身内ではない、自分と繋がりがある他人が死んだのは今回が初めてだ。

「ご冥福を申し上げる。」という気になれない。
この気持はなんなんだろうか。不思議としか伝えようがない。

「とりあえずお疲れさまでした」これが今の僕からの伝えるべき妥当な言葉だろうか。

2014/5/24ライブやります。

kiokuya_top_img001





















ええっと、ブログではお久しぶりです。ツイッターやFBばかりでスンマセン。

で、でですよ、「これは面白いからブログに載っけよう」ってイベントを記載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、いうわけでDJみたいなライブやります。

大阪の元造船所をイベントスペースとしたハコらしく、既に外観からイイ感じです。

写真を見る限り、かなり大きなスペースらしく、スピーカーもラインアレイなのでサウンドシステムにも期待大です。
そして外に出ると阪神工業地帯の工場ビュー!これは工場好きとしてはタマリマセン。

下記の出演者を見てもらえれば分かると思いますが、
いわゆるクラブイベントではありません。
ヴォーグダンス、映像を絡めた生演奏、インダストリアルミュージックのライブ(僕)といったラインナップで色んなものをメディアミックスしてみようという趣旨らしいです。

コスプレの撮影会もあるとのことですが、僕自身初めてのイベントなのでしどろもどろするかと思いますが
レイヤーさんやアニソンDJと絡むのは滅多にないので、自分も楽しんで、
その分、徹底したライブをぶちかまします。


編成は僕と映像の相方メガドリル。
かなりデカいスクリーンを使えるということなので、
音と映像をシンクロさせたノイジーなセットで臨もうと考えとります。
普通のDJプレイだけではなく、ドラムマシンとノイズマシンを持ち込んで
即興的なプレイも考えていますんで、自分としても非常に楽しみなライブです。

もちろん、コスプレしない人も参加OKですので、
いろんなメディアをミックスさせたこのイベント、是非遊びに来てください!
僕のライブで工場をさらに工場にしてやる!!

・・・レイヤーさんがドーンと写ったフライヤーに自分の名前がクレジットされるのは
初めてなので既にしどろもどろしている所存です。


かく言う私、大阪は初めてなんです実は。
通過したことはあるが降りたことはなく、全く初めてなので、
そういう意味でも楽しみです。

レイヤーさんも、工場好きも、廃墟好きも楽しめる一夜になると思いますんで
関西に住んでる友人達、来てくれたら嬉しいなぁ!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【写音プロジェクト5.24】
名村造船所の野外とスタジオでのコスプレ撮影会+アニソンライブ+
廃墟VJ+工場VJ+VOGUEダンスの奇跡のサブカルMIX!
造船所跡地という産業遺産に眠る<廃墟のポテンシャル>を最大限活かしたユニークな空間で、
最大限に出来ることを考えたらこうなってしまったイベント!!!

http://doitehu.wix.com/syaon#!namura2014/c1tr1

出演者
◆VOGUE
 N.Y、台湾、日本で国際的に活躍するVOGUEダンスからは日本のファーザーといわれる
モニカ・ミズラヒが出演!!あのハウス・オブ・ニンジャともならぶVOGUEのカリスマの一人です。

◆工場DJ
JUNICHI WATANABE
333-333-333Records主催。インダストリアルミュージックを基軸に作品を発表する傍ら、
ファッションショーの選曲やKYOSHOのプロモミュージック、Wowowで放送された
「R60スネークマンショー」のエンディング曲等を手がけ、幅広く活動している。
ライブやDJでは映像のディレクションも手がけ、音とビジュアルでノイジーかつ攻撃的な
世界観を構築させている。
VJ:メガドリル

◆廃墟DJ
むー(ウルエ)ロックバンド『ウルエ』のメンバーとしてキーボード、アレンジを担当。
独創的な音使いで賛否を呼ぶ。個人での活動は、純粋芸術音楽のプロデュース、
舞台音響など、キーボーディストの枠を超えて活躍中。

◆1000SAY -A THOUSAND SAY-
海外EXPO2013に出演。男女ツインヴォーカル・エレクトロサウンドを基調としたバンドサウンドは、
デジタルとアナログを包括し、彼らの掲げるコンセプト『次世代ファンタジー』を体現する。
映像、アート、ファッション、イラストなど日本ポップクリエーターとのコラボレーションなど、
その表現は多岐にわたり高い評価を得ている。


【時間】
・前半イベント10時〜15時30分
 (それ以降は契約の関係で外撮影は出来なくなります)
・後半イベント16時〜20時 アニソンバンドライブ・VOGUEダンス・
 廃墟VJ・工場VJクラブフェス!
【参加費】
コスプレイヤー:1500円
カメラマン・ライブ参加一律:2500円
【アクセス】クリエイティブセンター大阪大阪市住之江区北加賀屋4-1-55
名村造船所跡地
【最寄り駅】地下鉄四つ橋線 北加賀屋駅4番出口より徒歩10分

_MG_7185_MG_7334_MG_7284

誕生日

3/6は自分の誕生日だったわけですが、ケーキやトミカ、ポートレートや高級酒、
いろいろといただきました。



ほんとありがとう!!

12/28ライブやります

今年最後のライブ。
ハコは下北沢のQUE。
ミッシェル、ブランキーがかつて本拠地にしてた場所でライブができるのは感慨深い。

いつもの要塞セッティングで、もはやテクノの原形なくしたインダストリアルミュージックの
攻撃度を更に増してシモキタのオシャレっ子に爆撃かまします。

NINとか藤井麻輝氏などのあそこらへんが好きならば是非。

いつもはサポートギタリストを入れてるんだけど、今回は原点に帰って、
僕のインダストリアルと相方のVJ メガドリルの二人体制でひっどい映像を流します。


12/28(金)@下北沢 CLUB Que
UnderGroundMind presents
[effective cracks vol.2]

イベントサイトはこちら
http://ug-mind.net/effectivecracks2/

よーろしくー

僕のライブはこんな感じ。これを更にノイジーに。


テスト

JUNICHI WATANABE / Player to St. Lucy (Self Remix)

iTunes倉庫から発掘。

JUNICHI WATANABE / Player to St. Lucy (Self Remix)
たぶん2008年ぐらいだと思う。ライブのために作ったRemixで、一回しかプレイしてない。
アレなのでアップしときます。DLもできますよー



10/20(fri)ライブやります

今年後半になって妙にライブづいてますが、やります。



AN/AY SHOWCASE 01 -Layer Forest 2 Release Party-
西麻布Bullet's

22:00〜

【料金】
2500円(1ドリンク込)

【出演者】
-DJ-
Lady Citizen
dtf
kazuya kawakami
beople
katsuyuki taguchi

-Live-
Lutris
JUNICHI WATANABE
terra
Reqterdrumer

イベントページ


もしかしたら今までやったライブの中で初めてかもしれない、
ボーカルトラックがメインの曲をやります。とは言え、僕が歌うわけじゃないけど。
メインウェポンのインダストリアルとノイズを封じて、
アンビエントやエクスペリメンタル、民族音楽を。

今までライブではやらなかったバリ島の美術館に提供した曲や、
R60スネークマンショーのエンディングに使われた曲もやります。

この形でライブをやるのはほんと滅多にないんで、良ければ是非。
機材はラップトップとiPadだけの最小限な数だけど、へんてこな音を出します。

タイムテーブルは追ってお知らせします。

10/5(金)ライブやります。

最近、妙にライブづいていますが、今週末もやります。





2012/10/05 (Fri)
【AND MONEY】@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

前売\2,000
当日\2,500

open/start 19:00/19:30

出演者
・Day and Buffalo
・group A
・Junichi Watanabe

AND MONEY web

Time Table
19:00:会場
19:30:group A(30min)
20:10:JUNICHI WATANABE (50min)
21:10:Day and Buffalo (50min)

と、いうわけでインダストリアル&ノイズセットで臨みます。
主催のDay and Buffaloの森達希さんとは、ディクショナリー倶楽部での出会いがきっかけで
僕の音楽スタイルを気に入ってくださり、
今回イベントで共演させていただく形になりました。

いわゆる「生のバンド」と共演するのは実は初めてなので凄く楽しみです。

数年ぶりの50分セットなので、どういうセットを組むかまだ悩んでいますが、
思う存分インダストリアルミュージックを聴かせる所存です。
ゲストギタリストとして、イマサワタツヤ君を迎えて、二人体制でのライブです。

そして、今回のイベントのコンセプトでもある「お金とは?」を僕なりに解釈したモノローグを読み上げる新曲も作っています。

おそらく、インダストリアルセットでのライブは、今年はこれでおしまいだと思うので、
良ければ皆さん来てくれると嬉しいです。

機材の量は、前回のライブに来てくれた人ならば分かると思いますが、「お嫁入り」です(笑

10/5はみんなでギッコンガッシャン言いながら「お金」という概念について語りましょう。

ディスカウントも可能なので、ご連絡下さい。

サウンドスケッチ Prophet-VS

Prophet-VSでアンビエント。

9/8、ライブやります。

9ヶ月ぶり。

新宿urgaにて。

2012年9月8日(土) SOSUS Engineers@新宿URGA
OPEN 18:00 / START 18:30
Ticket: adv.¥1600 / at door.¥1800 (+1order)

■JUNICHI WATANABE(ぼくは21時すぎから)
■sotonoki
■もじゃフラワー
■山口慎一
■ORDINATEUR
■ymot

オオトリを務めさせていただきます。


都内では初のライブハウスなのでテンション上がっとります。
ライブでやる定番曲のリマスタリングも進行中で、いい鳴りになると思います。

新曲を用意しようかと思ったが時間が間に合わず、
その分、いつもやってる曲を(といっても9ヶ月ぶりですが)がっしり見せつけたいと思います。

映像の相方、Megadrillと大人の真剣な悪ふざけを敢行します。

今回は鍵盤も持っていき、ウチのスタジオの大半をまるごと持って行きます。
セッティング図を先に公開。



面白いライブになるかと思いますので、お時間があれば是非ー。チケットも安いし。
JD-800に狂った音色パッチ仕込んでるよ。
PROFILE
JUNICHI WATANABE
333-333-333 Records 主宰

・333-333-333 Records

・AsianDynasty Records


music composer,engineer.
・プロフィール詳細記事
CONTACT,BOOKING
TWITTER

Twitterでも駄文書いてます。
SOUNDCLOUD


DJ Mixや音素材、未発表音源等を。

facebook
RELEASES


Junichi Watanabe/
コンビナートデ鳴ラスベキ音楽


工場ニ合ウ音楽、有リマス
工業地帯の圧倒的な存在感、
非現実的な世界観を表現する
架空のサウンドトラック、稼動開始。
ブログ記事







broken haze/
raid system ver.AD


Against The Wall
(Against The Again Mix)
Remixed by Junichi watanabe






JUNICHI WATANABE /
LITTLE SQUEEZE PROPAGANDA


美しくも破壊的な映像を想起させる
「架空のサウンドトラック」
心象風景の奥深くを呼び覚ます、インダストリアル・テクノの進化系






V.A /
Perfect Strangers Electronic


AsianDynasty Recordsからの
音楽配信コンピレーション第二弾

Junichi Watanabe - LITTLE SQUEEZE PROPAGANDA Junichi Watanabe - PS Electronic




AsianDynasty Records:
Essential Techno V.1


AsianDynasty Recordsからの
ドラムループ、SEサンプル集





V.A GRAND PRIX
〜eternal TRUTH〜


T-SQUARE
「TRUTH 〜Version ‘05〜」
-Truth Trash Mix-
(Remixed by Junichi Watanabe)
RSS
PERFORMANCE
[DJ] 2010.12.25
JUNICHI WATANABE DJ @ MEOW !! Vol.7 Xmas Special


[DJ] 2010.07.10
JUNICHI WATANABE DJ @ MEOW!! Vol.6


[LIVE] 2010.03.06 JUNICHI WATANABE Live at Super Deluxe

[DJ ]2010.05.15
Junichi Watanabe DJ@SABACO TOKYO


[LIVE] 2007.6.16
PERFECT STRANGERS @ amate-raxi


[LIVE] 2006.11.25
PERFECT STRANGERS #1


PROMOTION VIDEO
JUNICHI WATANABE PV
Created By Azumi Kuwadate


コンビナートデ鳴ラスベキ音楽(trailer)
Created By Michael Fujisawa (Weekend Expedition Team)


コンビナートデ鳴ラスベキ音楽(遠景)
Created By Michael Fujisawa (Weekend Expedition Team)


Point Of No Return 夢想吊橋
Created By Michael Fujisawa (Weekend Expedition Team)


遺構調査機構 大東京 謎の地下空間 PV
Created By Michael Fujisawa (Weekend Expedition Team)


第五高炉 PV
Created By Michael Fujisawa (Weekend Expedition Team)
  • ライブドアブログ