「あなたは、わたしがあなたに与えたわたしの金と銀から、あなたの美しい品々を取り、自分のために男性の像を作って、それらと売春を行なうのであった。・・・またあなたは、肉の大きなあなたの隣り人、エジプトの子らと売春を行ない、あなたの売春をあふれさせてわたしを怒らせた。」(エゼキエル16:1726

  エゼキエル16章には、エルサレムの比ゆ的な結婚と売春について描写されています。都市が売春を行なうのでしょうか。それは何を意味するのでしょうか。この部分は、啓示の書に登場する大娼婦大いなるバビロンの売春また淫行とは何を意味するかを明らかにしています。

 エホバは、預言者エゼキエルに、エホバ神の目にとってエルサレムの何が忌むべきことなのかを知らせるようにと言われます。(エゼキエル16:2)エホバはエルサレムの「出身と誕生がカナン人の地であった。」と言われます。(エゼキエル16:3)確かに、イスラエル人の先祖アブラハム、イサク、ヤコブはカナンの地に住んでいました。(創世記2321924343118

その後、ヤコブつまりイスラエルの子孫は、エジプトに移動し、そこで増えましたが、やがてエジプト人の奴隷とされました。それで、エホバはイスラエル人をエジプトからシナイの荒野に救い出し、そこでモーセの律法を与えて、イスラエルと契約関係に入りました。

そのことをエゼキエル16章では、「わたしは・・・あなたに誓いのことばを述べ、あなたとの契約に入った。」と述べられています。それで、エホバがイスラエルと契約を結び、イスラエルの神となられたことを、イスラエルと比ゆ的な結婚関係になぞらえておられます。

エルサレムには、エホバの神殿があり、イスラエルがふたつの国家に分裂した時、当初エホバに忠実を保ったユダ王国は、エゼキエル16章の中でエルサレムと呼ばれています。

ところが、ユダ王国の中でも、偶像崇拝がさかんに行なわれました。それで、エホバに忠実な王はユダとエルサレムから偶像を取り除く運動を何度か行ないました。(歴代第二343-5。列王第二2111)しかし、ユダとエルサレムの中で偶像崇拝ははびこり続けました。ユダにとって神はエホバなのに、他の偶像を神として崇拝したのですから、ユダの行なう偶像崇拝はエホバにとって比ゆ的な売春でした。(エゼキエル1617

また、エゼキエル16章では、ユダがエジプト人と売春を行なったと述べられています。(エゼキエル16:26)それは、ユダがエホバに救いを求めるのではなく、エジプト人に保護と救いを求めたことを意味しています。(イザヤ36:6)ユダは、アッシリアの脅威から逃れるために、エジプトに頼ろうとしました。(列王第二174)また、バビロンに包囲されている時も、エジプトに頼ってバビロンによる脅威を逃れようとしました。(エレミヤ4625

また、エゼキエル16章によると、ユダはアッシリアとも売春を行なったと述べられています。(エゼキエル1628)ユダは、北のイスラエルから攻撃された時、保護のためにアッシリアに頼りました。(歴代第二2816

それで、エルサレムが行なった比ゆ的な売春とは、その偶像崇拝と、周囲の諸国家との同盟に頼ろうとしたことを意味しました。このことは、啓示の書に登場する大娼婦大いなるバビロンが、どのような売春、つまり淫行を行なったのかを理解する助けになります。

啓示17章2節には、大いなるバビロンについてこのように述べられています。「地の王たちは彼女と淫行を犯し,地に住む者たちは彼女の淫行のぶどう酒に酔わされた。」ですから、大娼婦は、地の王たちと淫行を犯します。これは、大いなるバビロンが周囲の諸国家と同盟を結び、聖書の神ではなく、周囲の諸国家との同盟に救いと保護を求めることを意味しています。

確かに、アメリカは聖書の神に頼っていると主張しながら、多くの国家との同盟に頼っています。その主なものは北大西洋条約機構(NATO)です。NATOは、1949年に、アメリカ、カナダの北米二カ国およびヨーロッパの国々により、共産圏に対抗するために設立された集団的防衛のための軍事組織です。2010年に28カ国が加盟しています。他にアメリカは日本、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、台湾と同盟を結んでいます。

アメリカは聖書の神に頼っていると主張しているのですから、アメリカが諸国家と同盟を結ぶことは、聖書の神の観点からすると、淫行また売春となります。そして、アメリカが諸国家との同盟軍と共に、また諸国家との同盟のゆえに他の国家を攻撃することによって、アメリカは地に住む者たちを淫行のぶどう酒で酔わせたことになります。(エレミヤ51:7)

ですから、啓示の書に出てくる大娼婦に関する描写はアメリカに当てはまると言うことが分かります。私たちは、緋色の野獣が大いなるバビロンすなわちアメリカを攻撃する将来に備えて彼女から出て、山に逃れるという準備をする必要があります。(啓示18:4。マタイ24:15,16)







mountain6
大患難の前に山に逃れる






[関連する記事]


箴言12章・来るべき食糧不足に備える

エゼキエル9章・エルサレムの中での忌むべきことを嘆息する

エレミヤ51章・バビロンの中から出て逃げよ


イザヤ26章・大患難が勃発したらどう行動するか




[はてなダイアリーの最近の更新]



エレミヤ15章・エレミヤは災いからの救出を約束される